ライコ・ミティッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ライコ・ミティッチ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Rajko Mitić
キリル文字 Рајко Митић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1922-11-19) 1922年11月19日
出身地 ユーゴスラビア王国の旗 ベラ・パランカ
没年月日 (2008-03-29) 2008年3月29日(85歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1938-1944
1945-1958
ユーゴスラビア王国の旗 BSK
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター

572 (262)
代表歴
1946-1957 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 59 (32)
監督歴
1966-1970 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ライコ・ミティッチセルビア語: Рајко Митић[1]1922年11月19日 - 2008年3月29日)は、セルビアのサッカー選手、指導者。ポジションはフォワード

1922年ベラ・パランカにて出生。1938年BSKベオグラードに入団。ジュニアチームで良績を収め、1940年にトップチームへ昇格した。第2次世界大戦後の1945年3月、設立されたばかりのレッドスター・ベオグラードに主将として迎え入れられる。14シーズンに渡って在籍したレッドスターでは、5回のリーグ優勝と4回のカップ優勝に貢献。1958年に36歳で引退するまで、述べ572試合に出場して262得点を記録した。クラブはその多大な貢献にミティッチへ星人の称号を与えた。

ユーゴスラビア代表としては59試合に出場(そのうち主将として34試合)し、3度のハットトリックを含む32得点をあげた。オリンピックでは2個の銀メダル(1948年ロンドン1952年ヘルシンキ)を獲得したほか、ワールドカップには2度(1950年ブラジル1954年スイス)出場した。

現役引退後は1960年から4年間ユーゴスラビア代表監督を務めた。2008年3月29日、ベオグラード市内で死去。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Rajko Mitić