フィリップ・ヤングハズバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・ヤングハズバンド Football pictogram.svg
Phil Younghusband.jpg
名前
本名 フィリップ・ジェームズ・ヤングハズバンド
ラテン文字 Philip James Younghusband
基本情報
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1987-08-04) 1987年8月4日(32歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドアシュフォード
身長 180cm
選手情報
ポジション FW
ユース
1997-2005 イングランドの旗 チェルシーFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 イングランドの旗 チェルシーFC 0 (0)
2007 デンマークの旗 エスビャウfB(loan) 0 (0)
2011 フィリピンの旗 スマート・サン・ベダ
2011-2017 フィリピンの旗 メラルコ・マニラ 61 (69)
2017-2018 フィリピンの旗 ダバオ・アギラス 19 (16)
代表歴2
2007  フィリピン U-21 3 (2)
2005  フィリピン U-23 3 (2)
2006-2019  フィリピン 108 (52)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年10月1日現在。
2. 2019年1月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フィリップ・ヤングハズバンドPhilip Younghusband1987年8月4日生まれ)は、イングランド出身の元フィリピン代表サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード (FW)

兄のジェームズ・ヤングハズバンドもフィリピン代表サッカー選手である。

経歴[編集]

フィリップ・ヤングハズバンドは1987年8月4日イギリス人の父とフィリピン人の母との間に、イングランドアシュフォードで生まれた。

若くしてサッカーを始めたフィリップはロンドンに拠点をおく名門チェルシーFCの下部組織に入団する。彼は2003/2004シーズンにユースチーム内での得点王に輝き、2004年11月に2軍であるリザーブチームに昇格する。2005/2006シーズンには、リザーブリーグで21試合に出場(その内先発は18試合)し、5得点を挙げる。また、ユースチームの試合にも出場している。

チェルシー退団後はしばらく無所属の状態が続いていたが、2011年以降、兄のジェームズとともにユナイテッド・フットボールリーグおよびフィリピン・フットボールリーグに活動の場を移し、スマート・サン・ベダFCロヨラ・メラルコ・スパークスFC(後にFCメラルコ・マニラに改称)、ダバオ・アギラスFCを渡り歩いた。2012年には17試合で23ゴールを記録し得点王となった。

2018年末にダバオ・アギラスが突如解散してから無所属の状態が続いていたが、2019年11月18日、32歳で現役引退を表明[1]

代表[編集]

ヤングハズバンド兄弟はともに2005年に開催された東南アジア競技大会に出場するフィリピンU-23代表に初選出された。フィリップ・ヤングハズバンドはマレーシア戦で2ゴールをあげる活躍を見せた。彼は現在フィリピン代表の一員としてプレーしている。

AFCチャレンジカップ2012では6得点を上げ、同大会得点王に輝き、フィリピンの3位に大きく貢献した。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cedelf P. Tupas (2019年11月18日). “PH Azkals legend Phil Younghusband retires at 32”. Inquirer. 2019年11月19日閲覧。