2018 FIFAワールドカップ・予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本項では2018 FIFAワールドカップ予選について述べる。本大会出場チームは32チーム。開催国のロシアは予選を免除される。2006年大会2010年大会および2014年大会と同様、前回優勝国の予選免除は行われない。よって31チームが予選により選出される。FIFAに加盟している209の国・地域(2015年時点)のうち、開催国ロシア以外の208の国・地域が予選大会にエントリーした。FIFAワールドカップの歴史において、全ての加盟国・地域が予選に参加申し込みをしたのは初めてのことである[1]

2015年3月12日、FIFAはジンバブエを大会から追放することを決定した[2][3]。 監督を務めたジョゼ・クラウディネイに対する給与未払いが理由とされる。

2015年5月30日、インドネシアサッカー協会が国内リーグの運営に政府が介入しているとして、FIFAより資格停止処分を受けた[4]。これを受けてAFCは2015年6月3日、インドネシアを当予選より除外することを決定し、インドネシアに関係する試合は全て中止となった[5]

ブータンはFIFAワールドカップ予選に初出場、前回大会予選以降にFIFAに加盟した南スーダンも参加予定である[6]。また、予選の組み合わせが決定後にFIFAに加盟したジブラルタルコソボも参加予定であり、UEFAが参加方法について検討をすることとなった[7]

組み合わせ抽選会は、2015年7月25日にサンクトペテルブルクストレルナロシア語版にあるコンスタンチン宮殿ロシア語版で実施した[8][9]。抽選後にFIFAに加盟したコソボとジブラルタルの組み合わせは、2016年6月9日のUEFA緊急委員会で決定された[10]

最初の試合は、2015年3月12日に東ティモールディリで行われたアジア1次予選東ティモールモンゴル戦である[11]。予選第1号ゴールは東ティモールのチキート・ド・カルモであった。北中米カリブ海予選も組み合わせ抽選会より先に試合を行われている。

本大会出場国[編集]

  本大会出場
  予選敗退国
  予選除外処分
  FIFA非会員
大陸連盟 出場国・地域 予選
予選順位
出場決定日 出場回数 最高成績 開催時の
FIFAランキング[12]
UEFA  ロシア 開催国 2010年12月02日 02大会連続011回目[13] 4位 (1966)[14] 70
 フランス 欧州予選 A組 1位 2017年10月10日 06大会連続015回目 優勝 (1998) 7
 スウェーデン 2位 2017年11月13日 03大会ぶり012回目 準優勝 (1958) 24
 ポルトガル B組 1位 2017年10月10日 05大会連続007回目 3位 (1966) 4
 スイス 2位 2017年11月12日 04大会連続011回目 ベスト8 (1934, 1938, 1954) 6
 ドイツ C組 1位 2017年10月05日 17大会連続019回目[15] 優勝 (1954, 1974, 1990, 2014) 1
 セルビア D組 1位 2017年10月09日 02大会ぶり012回目[16] 4位 (1930, 1962)[17][18] 34
 ポーランド E組 1位 2017年10月08日 03大会ぶり008回目 3位 (1974, 1982) 8
 デンマーク 2位 2017年11月14日 02大会ぶり005回目 ベスト8 (1998) 12
 イングランド F組 1位 2017年10月05日 06大会連続015回目 優勝 (1966) 12
 スペイン G組 1位 2017年10月06日 11大会連続015回目 優勝 (2010) 10
 ベルギー H組 1位 2017年09月03日 02大会連続013回目 4位 (1986) 3
 アイスランド I組 1位 2017年10月09日 初出場 - 22
 クロアチア 2位 2017年11月12日 02大会連続005回目 3位 (1998) 20
AFC  イラン 最終予選 A組 1位 2017年06月13日 02大会連続005回目 グループリーグ敗退 (1978, 1998, 2006, 2014) 37
 韓国 2位 2017年09月05日 09大会連続010回目 4位 (2002) 57
 日本 B組 1位 2017年08月31日 06大会連続006回目 ベスト16 (2002, 2010) 61
 サウジアラビア 2位 2017年09月05日 03大会ぶり005回目 ベスト16 (1994) 67
 オーストラリア 3位 2017年11月15日 04大会連続005回目 ベスト16 (2006) 36
CAF  チュニジア 最終予選 A組 1位 2017年11月11日 03大会ぶり005回目 グループリーグ敗退 (1978, 1998, 2002, 2006) 21
 ナイジェリア B組 1位 2017年10月07日 03大会連続006回目 ベスト16 (1994, 1998, 2014) 48
 モロッコ C組 1位 2017年11月10日 05大会ぶり005回目 ベスト16 (1986) 41
 セネガル D組 1位 2017年11月10日 04大会ぶり002回目 ベスト8 (2002) 27
 エジプト E組 1位 2017年10月08日 07大会ぶり003回目 グループリーグ敗退 (1934, 1990) 45
CONCACAF  メキシコ 最終予選 1位 2017年09月01日 07大会連続016回目 ベスト8 (1970, 1986) 15
 コスタリカ 2位 2017年10月07日 02大会連続005回目 ベスト8 (2014) 23
 パナマ 3位 2017年10月10日 初出場 - 55
CONMEBOL  ブラジル 南米予選 1位 2017年03月28日 21大会連続021回目 優勝 (1958, 1962, 1970, 1994, 2002) 2
 ウルグアイ 2位 2017年10月10日 03大会連続013回目 優勝 (1930, 1950) 14
 アルゼンチン 3位 2017年10月10日 12大会連続017回目 優勝 (1978, 1986) 5
 コロンビア 4位 2017年10月10日 02大会連続006回目 ベスト8 (2014) 16
 ペルー 5位 2017年11月15日 09大会ぶり005回目 ベスト8 (1970, 1978) 11

予選形式[編集]

World Map FIFA2.svg
大陸連盟 参加チーム 予選通過枠 本大会出場枠 予選開始日 予選終了日
AFC 45 4 or 5 4 or 5 2015年3月12日 2017年10月10日
CAF 53 5 5 2015年10月5日 2017年11月14日
CONCACAF 35 3 or 4 3 or 4 2015年3月23日 2017年10月10日
CONMEBOL 10 4 or 5 4 or 5 2015年10月5日 2017年10月10日
OFC 11 0 or 1 0 or 1 2015年10月5日 2017年10月10日
UEFA 54+1 13 13+1 2016年9月4日 2017年11月14日
合計 208+1 31 31+1 2015年8月31日 2017年11月14日

※ヨーロッパの「+1」は開催国枠(ロシア

大陸別予選[編集]

アジア予選[編集]

2014年4月16日に行われたAFC理事会において、AFCアジアカップ2019予選とFIFAワールドカップアジア2次予選を共有する方式を採用。AFCアジアカップ2019本大会出場枠を従来の16から24に増枠することが決まった[19][20]

  • 1次予選: 2次予選を40チームにするため、シード順で下位のチームを2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する。
  • 2次予選: 40チームを8組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム8試合ずつ)を行う。各組1位8チームと各組2位のうち成績上位4チームの計12チームが3次(最終)予選進出と同時にAFCアジアカップ2019本大会出場権獲得[19]
  • 3次(最終)予選: 12チーム (2014年大会の10チームから2枠増) を2組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2順の総当たり戦(各チーム10試合ずつ)を行う。各組上位2チームが本大会出場権獲得。各組3位は4次予選(アジア地区プレーオフ)に回る。
  • 4次予選(アジア地区プレーオフ): 3次予選・各組3位の2チームが、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦。勝者が大陸間プレーオフに出場する。

アフリカ予選[編集]

2015年1月14日に行われたCAF理事会において、2018 FIFAワールドカップ予選の選抜方式を承認した[23]。しかしFIFAは7月9日に、予定していた四段階選抜を改め三段階に変更すると発表した[24]

  • 1次予選: 2次予選で40チームにするため、シード順が下位の26チーム(ランキング28位から53位)が2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する。
  • 2次予選: 3次予選で20チームにするため、シード順が上位の27チームと1次予選を通過した13チームを合わせた40チームが、2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が3次予選に進出する。
  • 3次(最終)予選: 20チームを5組に分け、ホーム・アンド・アウェーでの2巡の総当たり戦(各チーム6試合ずつ)を行う。各組1位チームは本大会に出場できる。

北中米カリブ海予選[編集]

予選大会の選抜方式の見直しについて提案があり[25]1次予選から3次予選までをノックアウト方式とし、4次予選5次予選ホーム・アンド・アウェー方式で2順の総当たり戦を行うものとした。1次予選は国際Aマッチデーである2015年3月23日から31日に実施予定である[26]。2015年1月12日、CONCACAFは詳細な日程を発表した[27][28]

予選形式は以下の通り:[27]

  • 1次予選: 14チーム(ランキング22位から35位)を2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する。.
  • 2次予選: 20チーム(ランキング9位から21位と1次予選に勝利した7チーム)を2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が3次予選に進出する。
  • 3次予選: 12チーム(ランキング7位、8位と2次予選に勝利した10チーム)を2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が4次予選に進出する。
  • 4次予選: 12チーム(ランキング1位から6位と3次予選に勝利した6チーム)を4チームずつ3組に分け、ホーム・アンド・アウェーの2順の総当たり戦を行う。各組上位2チームが5次予選に進出する。
  • 5次(最終)予選: 6チームでホーム・アンド・アウェーの2順の総当たり戦を行う。上位3チームが本大会出場権を得る。また4位のチームは大陸間プレーオフに進出する。

南米予選[編集]

オセアニア予選[編集]

2014年3月29日と10月20日に行われたOFC理事会において、OFCネイションズカップ2016と2018 FIFAワールドカップ予選を同時開催することを承認した[29]が、その後予選形式が変更された[30][31]

ヨーロッパ予選[編集]

  • グループリーグ: 参加54チームを6チームずつの9組に分け、各組でホーム・アンド・アウェーの2順の総当たり戦を実施。各組1位のチームが本大会出場権を得る。
  • プレーオフ: グループリーグ各組2位のチームのうち、成績上位の8チームを2チームずつ4組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が本大会出場権を得る。

大陸間プレーオフ[編集]

各地域で行われた予選の結果、オーストラリア (AFC第5代表)、ホンジュラス (CONCACAF第4代表)、ペルー (CONMEBOL第5代表)、ニュージーランド (OFC代表)によって競われることになった。対戦国同士がホーム・アンド・アウェーで対戦する。2試合の総得点の多いチームが本大会への出場権が与えられる。

出典[編集]

  1. ^ Road to Russia with new milestone”. FIFA.com (2015年1月15日). 2015年7月24日閲覧。
  2. ^ Zimbabwe expelled from the preliminary competition of the 2018 FIFA World Cup Russia” (英語). FIFA.com (2015年3月12日). 2015年7月24日閲覧。
  3. ^ Zimbabwe expelled from 2018 World Cup” (英語). BBC Sport (2015年3月12日). 2015年7月24日閲覧。
  4. ^ Current allocation of FIFA World Cup™ confederation slots maintained” (英語). FIFA.com (2015年5月30日). 2015年7月24日閲覧。
  5. ^ “IMPACT OF FOOTBALL ASSOCIATION OF INDONESIA SUSPENSION” (英語). AFC. (2015年6月3日). http://www.the-afc.com/media-releases/impact-of-football-association-of-indonesia-suspension 2015年7月24日閲覧。 }
  6. ^ Modest Bhutan begin World Cup adventure” (英語). FIFA.com (2015年3月11日). 2015年7月24日閲覧。
  7. ^ UEFA会長選挙の日程が決定”. UEFA.org (2016年5月18日). 2016年5月23日閲覧。
  8. ^ Organising Committee for the FIFA World Cup extends its responsibilities to cover 2018 and 2022” (英語). FIFA.com (2013年3月19日). 2014年12月11日閲覧。
  9. ^ Konstantinovsky Palace to stage Preliminary Draw of the 2018 FIFA World Cup” (英語). FIFA.com (2014年10月10日). 2014年12月11日閲覧。
  10. ^ コソボ、ジブラルタルの予選グループが確定”. UEFA.com (2016年6月9日). 2016年6月22日閲覧。
  11. ^ Long road to Russia begins in Dili” (英語). FIFA.com (2015年3月11日). 2015年7月24日閲覧。
  12. ^ 2018年6月7日現在
  13. ^ ロシアとしては4回目の出場だが、FIFAはソビエト連邦時代の7回も数えている。
  14. ^ ロシアとしては、1994年大会2002年大会2014年大会のグループステージ敗退が最高だが、FIFAはソビエト連邦代表の後継チームとみなしている。
  15. ^ 西ドイツ時代を含む。
  16. ^ セルビアとしては2回目の出場だが、FIFAはユーゴスラビアセルビア・モンテネグロ時代の計10回も数えている。
  17. ^ これはユーゴスラビア代表としての最高成績であり、セルビア・モンテネグロ代表としては1998年大会のベスト16が、セルビア代表としては2010年大会のグループリーグ敗退が最高成績である。
  18. ^ 1930年大会では3位決定戦は行われなかったため、グループリーグおよび準決勝での総合的な成績をもとに判断し、ユーゴスラビアを4位と認定している。
  19. ^ a b “アジア・カップ、2019年大会から8チーム増へ”. サンケイスポーツ. 共同通信社. (2014年4月16日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20140416/int14041620290003-n1.html 2014年12月11日閲覧。 
  20. ^ ExCo approves expanded AFC Asian Cup finals” (英語). AFC (2014年4月16日). 2014年12月11日閲覧。
  21. ^ AFC COMPETITIONS COMMITTEE MEETING” (英語). AFC (2014年11月28日). 2015年4月14日閲覧。
  22. ^ World Cup draw looms large in Asia” (英語). FIFA (2015年4月13日). 2015年4月14日閲覧。
  23. ^ FORMAT OF 2017 AFCON QUALIFIERS AND 2018 WORLD CUP” (英語). CAFonline.com (2015年1月22日). 2015年1月24日閲覧。
  24. ^ Preliminary Draw procedures outlined” (英語). fifa.com (2015年7月9日). 2015年7月26日閲覧。
  25. ^ Concacaf estrenara formato de eliminatoria; sigue el Hexagonal” (スペイン語). ESPN Mexico (2014年9月23日). 2015年1月23日閲覧。
  26. ^ Canada begins 2018 World Cup qualification in June” (英語). Sportsnet (2014年11月19日). 2015年1月23日閲覧。
  27. ^ a b CONCACAF to Hold Preliminary FIFA World Cup Qualifying Draw in Miami on January 15” (英語). CONCACAF (2015年1月12日). 2015年1月23日閲覧。
  28. ^ USMNT to start 2018 World Cup qualifying in November of 2014” (英語). Sports Illustrated (2015年1月12日). 2015年1月23日閲覧。
  29. ^ OFC Executive Committee decisions” (英語). Oceania Football Confederation (2014年4月23日). 2014年12月11日閲覧。
  30. ^ Preliminary Draw procedures outlined”. fifa.com (2015年7月9日). 2015年7月26日閲覧。
  31. ^ Draw Procedures – Oceanian Zone”. FIFA.com. 2015年7月26日閲覧。