1974 FIFAワールドカップ・予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1974 FIFAワールドカップ 地区予選は、99のナショナルチームがエントリーした。

本大会に出場できるのは16チームで、開催国の西ドイツと前回優勝国のブラジルは予選を免除された。

出場枠[編集]

欧州
南米
北中米カリブ海
アフリカ
アジア
大洋州
開催国
前回優勝国
合計
本大会
出場枠
8.5
2.5
1
1
1
1
1
16

予選の方式[編集]

グループが大陸別に組んで、限られた上位のチームが本大会へ出場できる。それぞれグループの予選方法は以下の通りである。

ヨーロッパ予選
32チームが参加。1組3または4チームの編成で、全9組。各組1位チームが出場となるが、1位の中で一番成績の悪いチームは南米との大陸間プレーオフへ回る。
グループ1:スウェーデンオーストリアハンガリーマルタ
グループ2:イタリアトルコスイスルクセンブルク
グループ3:オランダベルギーノルウェーアイスランド
グループ4:東ドイツルーマニアフィンランドアルバニア
グループ5:ポーランドイングランドウェールズ
グループ6:ブルガリアポルトガル北アイルランドキプロス
グループ7:ユーゴスラビアスペインギリシャ
グループ8:スコットランドチェコスロバキアデンマーク
グループ9:ソビエト連邦アイルランドフランス

ソビエト連邦が大陸間プレーオフへ

南米予選
9チームが参加。1組3チームの3組に分かれ、各組1位のうち成績上位の2チームが出場、残りの1位チームは欧州との大陸間プレーオフに回る。
グループ1:ウルグアイコロンビアエクアドル
グループ2:アルゼンチンパラグアイボリビア
グループ3:チリペルーボリビア

チリが欧州との大陸間プレーオフへ

北中米カリブ海予選
14チームが参加。1次ラウンドは1組2または3チームの全6組に分かれ、各組1位の6チームが最終ラウンドに進出。最終ラウンドの1位が出場。
1次ラウンド
グループ1:メキシコアメリカカナダ
グループ2:グアテマラエルサルバドル
グループ3:ホンジュラスコスタリカ
グループ4:オランダ領アンティルジャマイカ
グループ5:ハイチプエルトリコ
グループ6:トリニダード・トバゴスリナムアンティグア・バーブーダ
最終ラウンド:ハイチ、トリニダード・トバゴ、メキシコ、ホンジュラス、グアテマラ、オランダ領アンティル
アフリカ予選
24チームが参加。1次ラウンドは1組2チームの全12組に分かれ、各組1位の12チームが2次ラウンドに進出。2次ラウンドは各組2チームの全6組に分かれ、各組1位の6チームが3次ラウンドに進出。3次ラウンドは各組2チームの全3組に分かれ、各組1位の3チームが最終ラウンドに進出。最終ラウンドは3チームが総当りとなり、1位が本大会に出場。
ザイール
アジア・オセアニア予選
15チームが参加。ゾーンA(東アジア、東南アジア)とゾーンB(西アジア、オセアニア)に分かれて3次まで予選を行う。各ゾーン1位同士で最終予選を行い、1位チームが本大会に出場。
オーストラリア
大陸間プレーオフ
ソビエト連邦がチリ・クーデターに抗議のため棄権し、チリの本大会出場が決定。

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
UEFA 1+8.5 開催国 西ドイツの旗 西ドイツ 6大会連続8回目
欧州予選 1組 1位 スウェーデンの旗 スウェーデン 2大会連続6回目
2組 1位 イタリアの旗 イタリア 4大会連続8回目
3組 1位 オランダの旗 オランダ 7大会ぶり3回目
4組 1位 東ドイツの旗 東ドイツ 初出場
5組 1位 ポーランドの旗 ポーランド 7大会ぶり2回目
6組 1位 ブルガリアの旗 ブルガリア 4大会連続4回目
7組 1位 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 3大会ぶり6回目
8組 1位 スコットランドの旗 スコットランド 4大会ぶり3回目
CONMEBOL 1+2.5 前回優勝国 ブラジルの旗 ブラジル 10大会連続10回目
最終予選 1組 1位 ウルグアイの旗 ウルグアイ 4大会連続7回目
2組 1位 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2大会ぶり6回目
3組 1位 チリの旗 チリ 2大会ぶり5回目
CONCACAF 1 最終予選 1位 ハイチの旗 ハイチ 初出場
CAF 1 最終予選 1位 ザイールの旗 ザイール 初出場
AFC/OFC 1 最終予選 1位 オーストラリアの旗 オーストラリア 初出場
  • 備考欄の「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。