カリム・バゲリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリム・バゲリ Football pictogram.svg
Karim Bagheri in Persepolis training.jpg
2015年のバゲリ
名前
本名 キャリーム・バーゲリー
ラテン文字 Karim Bagheri
ペルシャ語 کریم باقری
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
生年月日 (1974-02-24) 1974年2月24日(44歳)
出身地 タブリーズ
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MFDF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1994 イランの旗 トラークトゥール・サーズィー 28 (2)
1994-1996 イランの旗 ケシャヴァルズ 65 (11)
1996-1997 イランの旗 ピルズィ 20 (4)
1997-2000 ドイツの旗 ビーレフェルト 51 (6)
2000 イランの旗 ピルズィ 0 (0)
2000 アラブ首長国連邦の旗 アル・ナスル (loan) 8 (0)
2000-2001 イングランドの旗 チャールトン 1 (0)
2001-2002 カタールの旗 アル・サッド 11 (5)
2002-2010 イランの旗 ピルズィ 178 (29)
代表歴
1993–2010[1] イランの旗 イラン 87 (50)
監督歴
2012-2013 イランの旗 ピルズィ(アシスタント)
2015- イランの旗 ピルズィ(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カリム・バゲリペルシア語: کریم باقری‎、Karim Bagheri , 1974年2月24日 - )はイラン出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMFイングランドプレミアリーグでプレーした最初のアジア人選手である。

経歴[編集]

イラン代表として1993年6月6日のパキスタン戦でデビューを飾ると、得点力の高い守備的MFとして中心選手へと成長。フランスW杯予選では19得点を記録する。しかし日本との第3代表決定戦には累積警告で出場できなかった。オーストラリアとのプレーオフ第二戦では、2-0のビハインドから追撃の1点目を決め、2-2の引分によるアウェイゴールルールでの予選突破に貢献した。

クラブではイラン代表として参加した1996年のAFCアジアカップにおける活躍がスカウトの目に留まり、1997-98シーズンに同僚のアリ・ダエイと共にドイツのアルミニア・ビーレフェルトへ移籍する。クラブは翌年に2部へ降格するがそこで リベロを担当するなどプレーの幅を広げた。

その後はイングランドのチャールトン・アスレティックFCを1試合出場したのみで退団するなど不運もあったが、2002年より故国のピルズィ・テヘランプレー、2009-10シーズンにはリーグで自身初となるシーズン10ゴールを達成した(カップ戦を含めると13ゴール)。2010年に現役引退。

2008年11月長らく遠ざかっていた代表にワールドカップ予選UAE戦で復帰した。

代表歴[編集]

  • 1993年-2010年 イラン代表 87試合50得点
    • FIFAワールドカップ出場 1回(1998)

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

出典[編集]