セフ・フェルホーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セフ・フェルホーセン Football pictogram.svg
Sef Vergoossen.jpg
名前
愛称 セフ
ラテン文字 Sef Vergoossen
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1947年8月5日(66歳)
出身地 リンブルフ州エヒト
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

セフ・フェルホーセン(Sef Vergoossen、1947年8月5日 - )は、オランダリンブルフ州エヒト出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

2001年、KRCヘンクで監督を務め、リーグ優勝を成し遂げる。2006年に名古屋グランパスエイト監督に就任。

鈴木隆行がKRCヘンクに所属していた頃の監督でもある。また、かつては祖母井秀隆に招聘され、ジェフユナイテッド市原で臨時コーチを務めた事もある。

2006年夏には名古屋グランパスをオランダへ強化キャンプに連れて行き、オランダやベルギーの強豪チームと練習試合をさせた。それを紹介したTV番組の中で「Talking」(試合中声を出し合うこと)の重要性を説いていた。

2007年10月、名古屋を退団し、同時にサッカー界からも引退する事を表明した。しかし、翌月にロナルド・クーマンバレンシアCFに引き抜かれた、PSVアイントホーフェンから監督就任のオファーが届いた。PSVは早期の合流を望み、名古屋に対しての違約金の支払いやクラブ間での業務提携などの条件を提示したが、名古屋側は「天皇杯が控えてる」等の理由で固辞。フェルホーセン・PSVもそれに了承し、最終的には名古屋との契約満期である天皇杯終了後にPSVの監督として就任する事になった。2008年シーズンのPSVはフェルホーセンが4人目の監督だったが、チームを優勝に導いた。その後、2008年シーズン終了後に改めて監督業から引退した。

監督業の引退後、以前監督を務めたKRCヘンクでアドバイザーの任に就任。その後2011年1月よりVVVフェンローのアドバイザーも兼ねる。

指導歴[編集]

タイトル[編集]

関連項目[編集]