ベルンの奇蹟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルンの奇蹟
Das Wunder von Bern
監督 ゼーンケ・ヴォルトマン
脚本 ゼーンケ・ヴォルトマン
ロッフス・ハーン
原作 クリストフ・ジーメンス
製作 トム・シュビース
ゼーンケ・ヴォルトマン
ハンノ・ヒュース
出演者 ルイス・クラムロート
ペーター・ローマイヤー
ザーシャ・ゲーペル
音楽 マルセル・バルゾッティ
撮影 トム・フェアーマン
編集 ウリ・クリステン
配給 ドイツの旗 バハリア・フィルム・インターナショナル
日本の旗 エレファント・ピクチャー
公開 ドイツの旗 2003年10月16日
日本の旗 2005年4月16日
上映時間 117分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
興行収入 26億円
テンプレートを表示

ベルンの奇蹟』(Das Wunder von Bern)は2003年製作のドイツの映画である。ゼーンケ・ヴォルトマン監督。ルイス・クラムロート、ペーター・ローマイヤー、ザーシャ・ゲーペル等出演。

1954年7月4日、ワールドカップ・スイス大会決勝戦に於ける西ドイツ代表チームの歴史的勝利を基軸に、戦争により引き裂かれた家族の再生をテーマとした作品である。

ストーリー[編集]

第2次世界大戦終結後の西ドイツの工業都市エッセン。11歳の少年マティアスは地元のスター選手ヘルムート・ラーンの荷物持ちをするサッカー少年である。幸運をもたらす少年をラーンは息子の様に可愛がり、マティアスはそこに父親の面影を見出す。そんなある日ソ連の捕虜となり死んだ筈の父親が十年ぶりに帰郷する。サッカーを禁ずる厳格な父に息子は戸惑い、父親もまた長い抑留生活で自信を失い疲れきっていた。そしてワールドカップが始まると西ドイツ代表の一員に選ばれたラーンの応援に駆けつけたいマティアスはある行動に出る。

キャスト[編集]

賞・動員[編集]

外部リンク[編集]