マッシモ・ブサッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マッシモ・ブサッカ
Massimo Busacca.jpg
個人情報
フルネーム Massimo Busacca
誕生日 (1969-02-06) 1969年2月6日(49歳)
出身地 スイスの旗 スイス
ティチーノ州ベッリンツォーナ
他職業 自営業
国内
リーグ 役割
1996-2011 スイス・スーパーリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
1999-2011 FIFA選出 審判員

マッシモ・ブサッカ(Massimo Busacca, 1969年2月6日 - )はスイス出身の元サッカー審判員ティチーノ州モンテ・カラッソ在住で、副業は自営業。1990年に審判員の資格を取得、1999年FIFAのライセンスを取得し2001年から2011年まで国際審判員として活躍した。[1]。その功績が称えられ、現在はFIFA(国際サッカー連盟)の審判委員会の責任者を務め、審判員の指導も担当している。第2言語として英語を使用できる。

担当した主な国際大会[編集]

2006 FIFAワールドカップ[編集]

2006 FIFAワールドカップでは3試合を担当した。

2010 FIFAワールドカップ[編集]

2010 FIFAワールドカップでは1試合を担当した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Massimo Busacca worldreferee.com、2012年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]