アンドリー・ルソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドリー・ルソル Football pictogram.svg
Andriy Rusol3.jpg
名前
本名 アンドリー・アナトリェヴィッチ・ルソル
ラテン文字 Andriy Anatoljević RUSOL
基本情報
国籍  ウクライナ
生年月日 (1983-01-16) 1983年1月16日(36歳)
出身地 キロヴォグラード
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
ポジション CB
利き足 右足
代表歴2
2004-2011 ウクライナの旗 ウクライナ 49 (3)
2. 2011年5月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドリー・ルソルAndriy Rusol, 1983年1月16日 - )は、ウクライナ出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

クラブ[編集]

元ウクライナ代表のディフェンスリーダー。FCジルカ・キロヴォフラートでプロデビュー。2003年からFCドニプロに所属し、2007-08シーズンから2010-11シーズンまでキャプテンを務めていた。自国開催のEURO2012でも主力として期待されていたが、2011年8月、背中の故障を理由に28歳で現役引退を表明した。

代表[編集]

代表デビューは2004年3月31日のマケドニア戦。2006 FIFAワールドカップでは負傷離脱したセルゲイ・フョードロフに代わってディフェンスの要として初出場ながらもチームのベスト8進出に貢献した。引退する直前の2011年8月10日のスウェーデン戦まで代表メンバーに招集されていた。

人物[編集]

  • 独身者。あるインタビューによると、今後も結婚をする予定はないらしい。
  • 趣味は、音楽鑑賞(ジャズ)と読書。
  • ウクライナでは、インテリなサッカー選手としても知られている。

所属クラブ[編集]