トマーシュ・ロシツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマーシュ・ロシツキー Football pictogram.svg
Tomas Rosicky 2007.jpg
名前
本名 Tomáš Rosický
愛称 リトル・モーツァルト[1]
カタカナ トマーシュ・ロシツキー
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1980年10月4日(34歳)
出身地 プラハ
身長 178cm[2]
体重 65kg[2]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション MF(OMF)
背番号 7
利き足 右足
ユース
1986-1987 チェコの旗 ČKDコンプレソリー・プラハ
1987-1998 チェコの旗 ACスパルタ・プラハ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001 チェコの旗 ACスパルタ・プラハ 41 (8)
2001-2006 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 149 (20)
2006- イングランドの旗 アーセナルFC 170 (19)
代表歴2
1995-1996 チェコの旗 チェコ U-15 10 (0)
1996 チェコの旗 チェコ U-16 12 (5)
1997-1998 チェコの旗 チェコ U-17 16 (6)
1998-1999 チェコの旗 チェコ U-18 9 (3)
1999 チェコの旗 チェコ U-21 2 (0)
2000- チェコの旗 チェコ 100 (22[3])
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月17日現在。
2. 2015年6月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トマーシュ・ロシツキーTomáš Rosický, チェコ語発音: [ˈtomaːʃ ˈrosɪt͡skiː] , 1980年10月4日 - )はチェコプラハ出身の同国代表サッカー選手プレミアリーグアーセナルに所属している。ポジションはミッドフィールダー。チェコ代表ではキャプテンを務める。

クラブ経歴[編集]

ドルトムント時代

かつてスパルタ・プラハに所属していたサッカー選手である父イジー[4]卓球選手であった母エヴァ[4]の間にプラハで生を受けた。ČKDコンプレソリー・プラハでサッカーを始め、兄イジーとともに1987年にスパルタ・プラハに加入した。1999年4月14日に行われたカップ戦の1.FCブルノ戦でトップチームデビューを果たすと、5月16日に行われたFKヤブロネツ97戦でリーグデビューを飾り、その後の2試合もスターティングメンバーとして出場した[5]。翌シーズンからは多くの出場機会を与えられ、9月11日に行われ7-0で勝利したSKディナモ・チェスケー・ブジェヨヴィツェ戦で2得点を挙げ、初得点を記録した[5]。スパルタ・プラハでレギュラーとして活躍し、チャンピオンズリーグでも印象深い活躍を見せ、インテルラツィオ(ともにセリエA)、バイエルン・ミュンヘンブンデスリーガ1部)、アーセナルプレミアリーグ)などのビッグクラブから獲得のオファーが来る中、2000-01シーズン途中に当時ブンデスリーガ史上最高額の2500万マルク移籍金ボルシア・ドルトムントに移籍した[6]

ボルシア・ドルトムントでは10番を与えられ、2001年1月14日に行われたDFBハレンポカールでドルトムントデビューを飾り、2001年2月2日に行われた1860ミュンヘン戦に60分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした[5]2001年8月11日VfLヴォルフスブルク戦で初得点を挙げ[5]、2001-02シーズンは中心選手として、チームの優勝、マイスターシャーレ獲得に貢献し、フェイエノールトに敗れはしたが、チームはUEFAカップの決勝にも進出した[7]。2003-04シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ本戦への出場を逃し[8]、自身も2004年2月28日ブレーメン戦で腕を骨折するなど苦しんだ[9]。チームの財政難から移籍話が絶えず、自身も2005-06シーズン終了後にはドルトムントからの移籍を希望し[10]、一時はアトレティコ・マドリードと合意間近と見られていたが[11]、最終的にアーセナルへと移籍した[12]

2006年5月23日にアーセナルと契約を結んだ[6][13]。移籍金の額は公表されていないが、1000万ユーロだと言われている。8月8日に行われたチャンピオンズリーグ予備予選3回戦のディナモ・ザグレブ戦でデビューを飾り、9月13日に行われたハンブルガーSV戦でロングレンジからシュートを決め、初得点を記録した。リーグ戦初得点は、2007年2月11日に行われたウィガン・アスレティック戦で決めたものである[14]

2008年1月26日に行われたFAカップニューカッスル・ユナイテッド戦でハムストリングを負傷[15]。当初は数週間で復帰する見込であると伝えられていたが、最終的に残りのシーズンを欠場することとなった。オフに手術を受け、9月に復帰する予定であるとされていたが怪我は完治せず、11月に2度目の手術を受けた[15]。 長いリハビリを経て2009年5月14日に全体練習に復帰したが[16]アーセン・ヴェンゲル監督の判断により、2008-09シーズンは一試合も出場することなくシーズンを終えた。

2009年7月18日に行われたバーネットとのプレシーズンマッチにキャプテンマークを巻いて前半の45分間に出場し、18ヶ月ぶりにピッチに立った[17]。復帰戦となった9月12日に行われたマンチェスター・シティ戦には52分から出場し、2-4で敗れたものの、1ゴール、1アシストの活躍を見せた[18]

代表経歴[編集]

各年代の代表を経た後、2000年2月23日に行われた親善試合のアイルランド代表戦でA代表デビュー[19]。同年に開催されたUEFA EURO 2000のメンバーに選出され[20]、出場停止処分を受けていたパトリック・ベルゲルに代わりグループリーグの2試合に出場したが、チームは2連敗を喫した。3戦目のデンマーク代表戦はベルゲルがメンバーに復帰したため、出場機会は与えられなかった[21]

2002 FIFAワールドカップ予選では6-0で勝利したブルガリア代表戦で2ゴールを記録した。チームはデンマーク代表に次いで予選を2位で終え、ベルギー代表とのプレイオフに進んだ。ロシツキーは出場停止処分を受けていたため、1戦目は出場することは叶わず、チームは0-1で敗れた。2戦目には出場することができたが、1戦目と同様0-1で敗れ、本大会に出場することはできなかった[22]

UEFA EURO 2004では10番を背負い準決勝まで進んだ代表チームにおいて5試合中4試合に出場した。2006 FIFAワールドカップ予選では12試合に出場し、6ゴールを挙げた。チームはノルウェー代表とのプレイオフに進み、2戦目ではその試合唯一のゴールを記録し、2試合合計2-0で本大会への出場権を獲得した[23]

2006 FIFAワールドカップでは2006年6月12日に行われた緒戦のアメリカ代表戦で27メートルの距離から決めたミドルシュートを含む2ゴールを記録し[24]、3-0の勝利に貢献したロシツキーはその試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された[25]。2戦目のガーナ代表戦と3戦目のイタリア代表戦の2試合にもフル出場したが、両試合ともに0-2で敗れ、グループリーグで敗退が決定した[26][27]

2006年8月、パベル・ネドベドの代表引退に伴い、史上最年少でチェコ代表のキャプテンに指名された[28]。2007年3月に行われ、1-2で敗れたUEFA EURO 2008予選ドイツ代表戦後にはホテルに売春婦を招いてパーティーを行ったとして、チェコサッカー協会からロシツキーを含めた参加者たちに合わせて100万チェコ・コルナの罰金を科され、後に謝罪会見を行った[29]。予選では2007年11月に行われたスロバキア代表戦が最後の出場であり[30]UEFA EURO 2008の本大会はシーズン中に負った膝の怪我が完治せず、招集は見送られた[31]2009年9月9日に行われ、7-0で勝利した2010 FIFAワールドカップ予選サンマリノ代表戦にスターティングメンバーとして56分間出場し、復帰まで20ヶ月を要した怪我から回復して初めて公式戦のピッチに立った[32][30]

キャプテンとして臨んだUEFA EURO 2012では、2-1で勝利した2戦目のギリシャ代表戦でアキレス腱を負傷し2試合の出場に終わり[33]、チームは準々決勝でポルトガル代表に敗れた。

2015年6月12日に行われ、1-2で敗れたUEFA EURO 2016予選アイスランド代表戦で100キャップを記録した[34][35]

プレイスタイル[編集]

EURO2000を前にBBCはロシツキーについて、「本物のプレイメイカー」であると紹介した[36]アーセナルの監督であるアーセン・ベンゲルは2006年にロシツキーを獲得した際に、「ボールコントロールと鋭いパスを送る点について素晴らしい技術を持っている」と話した[37]。2010年に契約を延長した際にベンゲルはロシツキーについて「特別な才能」があり、「視野の広さとボールを扱う技術について卓越したものがある」と話し[38]、2012年の契約延長の際には「技術的にはトップクラスの選手」だと話した[39]

ロシツキーはパスやシュートの際にアウトサイドキックを好んで用いることで知られており[40]、ドイツでプレイしていた際には試合を統制するその能力から「リトル・モーツァルト」の愛称で親しまれた[1]。デイヴィッド・ハイトナーは『ガーディアン』の記事の中でロシツキーについて、「チームにバランスをもたらし、組織化させるオールラウンドなミッドフィールダーだ」と述べた[41]

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦[42] UEFA主催[43] 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スパルタ・プラハ 1998–99[44] 25 3 0 2 0 0 0 5 0
1999-2000[44] 25 24 5 3 1 12 2 39 8
2000-01[44] 25 14 3 2 0 7 1 23 4
期間通算 41 8 7 1 19 3 67 12
ボルシア・ドルトムント 2000–01 10 15[45] 0[45] 1 0 0 0 16 0
2001–02 10 30[45] 5[45] 2 0 15 1 47 6
2002–03 10 30[45] 4[45] 2 0 7 3 39 7
2003–04 10 19[45] 2[45] 4 2 4 0 27 4
2004–05 10 27[45] 4[45] 2 0 0 0 29 4
2005–06 10 28[45] 5[45] 0 0 0 0 28 5
期間通算 149 20 11 2 26 4 186 25
アーセナル 2006-07 7 26 3 5 2 6 1 37 6
2007-08 7 18 6 1 0 5 1 24 7
2008-09 7 0 0 0 0 0 0 0 0
2009-10 7 25 3 1 0 7 0 33 3
2010-11 7 21 0 8 1 5 0 34 1
2011-12 7 28 1 2 0 8 1 38 2
2012-13 7 10 2 3 0 3 1 16 3
2013-14 7 27 2 4 1 8 0 39 3
2014-15 7 3 0 2 0 3 0 8 0
期間通算 158 17 26 4 45 4 229 25
(2014年11月4日現在)

代表で記録したゴール[編集]

2014年3月5日現在

ゴール 日付 会場 対戦国 スコア 結果 大会 詳細
1. 2001年10月6日 レトナ・スタジアムプラハ ブルガリアの旗 ブルガリア 1–0 6–0 2002 FIFAワールドカップ予選 [1]
2. 5–0 [2]
3. 2002年8月21日 アンドルーヴ・スタディオンオロモウツ スロバキアの旗 スロバキア 3–1 4–1 親善試合 [3]
4. 4–1 [4]
5. 2002年10月12日 スタディオヌル・リパブリカンキシナウ モルドバの旗 モルドバ 2–0 2–0 UEFA EURO2004予選 [5]
6. 2003年4月30日 ナ・スティナドレフテプリツェ トルコの旗 トルコ 1–0 4–0 親善試合 [6]
7. 2004年2月18日 スタディオ・レンツォ・バルベラパレルモ イタリアの旗 イタリア 2–2 2–2 親善試合 [7]
8. 2004年6月2日 レトナ・スタジアムプラハ ブルガリアの旗 ブルガリア 3–0 3–1 親善試合 [8]
9. 2004年10月13日 リパブリカン・スタジアムエレバン アルメニアの旗 アルメニア 2–0 3–0 2006 FIFAワールドカップ予選 [9]
10. 2005年3月26日 ナ・スティナドレフテプリツェ フィンランドの旗 フィンランド 2–0 4–3 2006 FIFAワールドカップ予選 [10]
11. 2005年3月30日 エスタディ・コムナル・ダンドラ・ラ・ベリャアンドラ・ラ・ベリャ アンドラの旗 アンドラ 4–0 4–0 2006 FIFAワールドカップ予選 [11]
12. 2005年6月4日 ウ・ニシ・スタジアムリベレツ アンドラの旗 アンドラ 6–1 8–1 2006 FIFAワールドカップ予選 [12]
13. 2005年6月8日 ナ・スティナドレフテプリツェ マケドニア共和国の旗 マケドニア 5–1 6–1 2006 FIFAワールドカップ予選 [13]
14. 2005年10月12日 ヘルシンキ・オリンピック・スタジアムヘルシンキ フィンランドの旗 フィンランド 1–0 3–0 2006 FIFAワールドカップ予選 [14]
15. 2005年11月16日 レトナ・スタジアムプラハ ノルウェーの旗 ノルウェー 1–0 1–0 2006 FIFAワールドカップ予選 [15]
16. 2006年6月12日 ヴェルティンス・アレーナゲルゼンキルヒェン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2–0 3–0 2006 FIFAワールドカップ [16]
17. 3–0 [17]
18. 2007年9月8日 スタディオ・オリンピコサン・マリノ サンマリノの旗 サンマリノ 1–0 3–0 EURO2008予選 [18]
19. 2007年11月17日 レトナ・スタジアムプラハ スロバキアの旗 スロバキア 3–0 3–1 EURO2008予選 [19]
20. 2011年2月9日 スタディオ・アルト・ドロシナプーラ クロアチアの旗 クロアチア 2–2 2–4 親善試合 [20]
21. 2013年9月6日 レトナ・スタジアムプラハ アルメニアの旗 アルメニア 1–1 1–2 2014 FIFAワールドカップ予選 [21]
22. 2014年3月5日 レトナ・スタジアムプラハ ノルウェーの旗 ノルウェー 1–0 2–2 親善試合 [22]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェコの旗 ACスパルタ・プラハ
ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
イングランドの旗 アーセナルFC

個人[編集]

パーソナルライフ[編集]

ロシツキーはディフェンスの選手として15年のキャリアを送ったサッカー選手であるイジーの息子である。2013年6月にガールフレンドのラドカ・コクロヴァの間に息子トマーシュを授かり[46]、2014年5月に交際11年目にして入籍をした[47]

18ヶ月間怪我でピッチから離れていた時にギターの腕を磨き、チェコのロックバンドである「トゥリ・セストリィ」のコンサートで演奏を披露した[48]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Little Mozart goes home intending to upset his first love”. Guardian (London). (2007年8月15日). 2015年8月15日閲覧。
  2. ^ a b Player Profile
  3. ^ Tomáš Rosický - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2015年8月20日閲覧。
  4. ^ a b Tomáš Rosický
  5. ^ a b c d Tomas Rosicky
  6. ^ a b Arsenal secure Rosicky transfer
  7. ^ Feyenoord 3-2 Dortmund
  8. ^ Former champions Dortmund fall
  9. ^ ROSICKY ENJOYING EURO 2004
  10. ^ ロシツキー「アトレティコ・マドリーでプレーしたい。全ては夏に解決するよ」
  11. ^ A・マドリー、1000万ユーロでロシツキー獲得へ
  12. ^ ロシツキー、小さなサッカー大国から世界へ
  13. ^ Czech midfielder Rosicky signs for Arsenal
  14. ^ Arsenal 2-1 Wigan
  15. ^ a b ロシツキーがひざを再手術
  16. ^ Rosicky - I was nervous before first session
  17. ^ Tomas Rosicky injury stuns Arsenal as Czech star is ruled out for six weeks
  18. ^ City fire out title warning
  19. ^ Rosicky reprezentace
  20. ^ “Euro 2000 provisional squads”. The Guardian. (2000年5月22日). http://www.theguardian.com/football/2000/may/22/newsstory.sport5 2015年8月21日閲覧。 
  21. ^ Smicer brace gives Czechs win”. BBC Sport (2000年6月21日). 2015年8月21日閲覧。
  22. ^ Match Report Czech Republic – Belgium”. FIFA (2001年11月14日). 2015年8月21日閲覧。
  23. ^ Smicer brace gives Czechs win”. BBC Sport (2000年6月21日). 2015年8月21日閲覧。
  24. ^ United States 0-3 Czech Republic
  25. ^ “USA 0-3 Czech Republic”. BBC Sport. (2006年6月12日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/world_cup_2006/4852720.stm 2015年8月21日閲覧。 
  26. ^ “Czech Republic 0-2 Ghana”. BBC Sport. (2006年6月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853102.stm 2015年8月21日閲覧。 
  27. ^ “Czech Republic 0-2 Italy”. BBC Sport. (2006年6月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/world_cup_2006/4853358.stm 2015年8月21日閲覧。 
  28. ^ ロシツキーが25歳でチェコ代表キャプテンに
  29. ^ Johnson, Dale (2007年3月29日). “Vice captain Rosicky earns £25,000 fine”. ESPN. http://www.espnfc.com/story/417390/vice-captain-rosicky-earns-25,000-fine 2015年8月21日閲覧。 
  30. ^ a b Arsenal's Tomas Rosicky plays first match in 20 months”. The Telegraph (2009年9月9日). 2015年8月21日閲覧。
  31. ^ ロシツキー、EURO出場を断念
  32. ^ Czech Republic 7-0 San Marino
  33. ^ Lowe, Sid (2012年6月12日). “Euro 2012: Czechs suffer Tomas Rosicky setback after win over Greece”. The Guardian. 2015年8月21日閲覧。
  34. ^ Zlámal, Ondřej (2015年6月12日). “100. Länderspiel für Rosický [100th international for Rosický]” (German). UEFA. http://de.uefa.com/uefaeuro/qualifiers/news/newsid=2256129.html 2015年8月21日閲覧。 
  35. ^ Stefansson, Stefan (2015年6月12日). “Iceland down Czech Republic to top Group A”. UEFA. http://www.uefa.com/uefaeuro/qualifiers/season=2016/matches/round=2000446/match=2013945/postmatch/report/index.html 2015年8月21日閲覧。 
  36. ^ Tomas Rosicky”. BBC Sport. 2015年8月24日閲覧。
  37. ^ Arsenal secure Rosicky transfer”. BBC Sport. 2015年8月24日閲覧。
  38. ^ Tomas Rosicky signs new deal at Arsenal
  39. ^ Tomas Rosicky signs new Arsenal contract
  40. ^ Tomas Rosicky Biography
  41. ^ Tomas Rosicky scores in Arsenal win over Sunderland and agrees new deal”. The Guardian. (2014年2月23日). 2015年8月24日閲覧。
  42. ^ ドイツのカップ戦はDFBハレンポカールDFBポカールDFBリーガポカールを、イングランドのカップ戦はFAカップリーグカップコミュニティーシールドを含む。
  43. ^ チャンピオンズリーグ予備予選、チャンピオンズリーグ、UEFAカップ
  44. ^ a b c Sparta Praha
  45. ^ a b c d e f g h i j k l Borussia Dortmund
  46. ^ Tomáš Rosický je otcem, Radka Kocurová porodila syna
  47. ^ Tomáš Rosický a Radka Kocurová se po 11 letech vzali
  48. ^ Rock on, Tommy! Arsenal maestro Rosicky turns guitar hero to serenade Chelsea keeper Petr Cech

外部リンク[編集]