ヴァレリー・カルピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァレリー・カルピン Football pictogram.svg
Karpin.JPG
名前
本名 ヴァレリー・ゲオルギエヴィチ・カルピン
Valeri Georgievich Karpin
ラテン文字 Valeri Karpin
ロシア語 Валерий Гео́ргиевич Ка́рпин
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1969-02-02) 1969年2月2日(48歳)
出身地 ナルヴァ
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1986 ソビエト連邦の旗 SKスポルト・タリン 25 (1)
1986-1989 ソビエト連邦の旗 PFC CSKAモスクワ 3 (0)
1990 ソビエト連邦の旗 FCファーケル・ヴォロネジ 25 (7)
1991-1994 ロシアの旗 FCスパルタク・モスクワ 116 (29)
1994-1996 スペインの旗 レアル・ソシエダ 72 (16)
1996-1997 スペインの旗 バレンシアCF 36 (6)
1997-2002 スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ 168 (26)
2002-2005 スペインの旗 レアル・ソシエダ 107 (20)
代表歴
1992 独立国家共同体の旗 CIS 1 (0)
1992-2003[1] ロシアの旗 ロシア 72 (17)
監督歴
2009-2012 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ
2012-2014 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ
2014-2015 スペインの旗 RCDマヨルカ
2015- ロシアの旗 トルペド・アルマヴィル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴァレリー・カルピンValeri Karpin, 1969年2月2日 - )は、エストニアナルヴァ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF(RSH、OH)。

経歴[編集]

エストニア生まれであるが、ソ連崩壊時は国際舞台での活躍機会の多いロシア代表を選択。

1985年に地元のクラブチーム、スポルト・タリンでキャリアをスタート。1991年スパルタク・モスクワへ移籍すると3年連続リーグ優勝を果たし、1994年アメリカW杯にも出場。同年リーガ・エスパニョーラレアル・ソシエダへ移籍し、その後バレンシアCFセルタ・デ・ビーゴとスペインのクラブチームを転々とし、セルタではアレクサンドル・モストヴォイとともにチームの上位進出に貢献。モストヴォイとのコンビは「ロシアン・コネクション」と呼ばれ称えられた。1999年のロシア最優秀選手にも選ばれた。

その後、2002年には日韓W杯にもロシア代表として出場し、日本代表とも対戦。同時にソシエダに復帰し、チームの中心選手として活躍した。

2004-05シーズン終了後、現役を引退し選手生活に終止符を打ったと思われたが、2007年にリーガ2部BのコルーソFCと契約を結び、現役復帰を果たした。

2008年、かつて所属していたスパルタク・モスクワのゼネラルディレクターに就任[2]

2009年4月、成績不振により解任されたミカエル・ラウドルップの後任として監督に就任することになった。

レアル・ソシエダ退団後[編集]

2005年にレアル・ソシエダ退団後はスペインに留まり、事業を開始。スペインのテレビ局「TVE2」でサッカー中継の解説も務めている。また2007年には長年プレーしたセルタ・デ・ビーゴの本拠地であるビーゴに自転車ロードレースのコンチネンタル・プロチーム「カルピン・ガリシア(現・シャコベオ・ガリシア)」をミチェル・サルガドと共に創設。2007年のブエルタ・ア・エスパーニャはこのチーム創設を祝って第1ステージをビーゴからスタートしてビーゴでゴールとした。

その他[編集]

レアル・ソシエダ時代のニックネームは「腐った牛乳」。カルピンのキツイ性格を意味するスペイン語のスラングである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]