イェーゴリ・チトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イェーゴリ・チトフ Football pictogram.svg
E-Titov.jpg
名前
本名 イェーゴリ・イリイッチ・チトフ
Egor Ilyich Titov
ラテン文字 Yegor TITOV
ロシア語 Егор Ильич Титов
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1976-05-29) 1976年5月29日(41歳)
出身地 モスクワ
身長 185cm
体重 79kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-2008 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 324 (87)
2008-2009 ロシアの旗 FCヒムキ 12 (1)
2009-2010 カザフスタンの旗 ロコモティフ・アスタナ 24 (6)
2011-2012 ロシアの旗 FCアルセナル・トゥーラ
通算 464 (107)
代表歴2
1998-2007 ロシアの旗 ロシア 41 (7)
監督歴
2015- ロシアの旗 FCスパルタク・モスクワ(コーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月11日現在。
2. 2008年6月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イェーゴリ・イリイッチ・チトフЕгор Ильич Титов, Egor Ilyich Titov1976年5月29日 - )は、ロシアの元サッカー選手。サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

1983年に下部組織に入団して以降、キャリアの大半をスパルタク・モスクワを過ごした。428試合に出場し、100ゴールを記録している。

2004年に当時チームメイトだったマクシム・デメンコウラディスラフ・ヴァシュクとともにドーピングが発覚し、1年間の出場停止処分を受けた。チトフはクラブからの解雇は免れたものの、デメンコ、ヴァシュクはその後、解雇された。

スパルタク・モスクワの首脳陣との間で度重なる衝突を経た後、2008年8月に新興クラブのFCヒムキに移籍。翌2009年2月15日、FCスパルタク・モスクワ時代のチームメートのアンドレイ・チーホノフとともにカザフスタンFCロコモティフ・アスタナ入団。自身初の海外クラブでのプレーだったが、2010年の初めに現役を退いた。

ロシア代表としては2002年W杯でプレーするなど、約10年で41試合に出場し、7ゴールを挙げた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]