アレクサンドル・ボロデュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アレクサンドル・ボロデュク Football pictogram.svg
Aleksandr Borodyuk 2011.jpg
名前
本名 アレクサンドル・ゲンリホヴィチ・ボロデュク
Aleksandr Genrikhovich Borodyuk
ラテン文字 Aleksandr Borodyuk
ロシア語 Александр Генрихович Бородюк
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1962-11-30) 1962年11月30日(55歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ヴォロネジ
身長 184cm
選手情報
ポジション MF/FW
代表歴
1989-1991 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 7 (1)
1992-1994 ロシアの旗 ロシア 8 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンドル・ゲンリホヴィチ・ボロデュクロシア語: Александр Генрихович Бородюк1962年11月30日 -)は、現ロシアヴォロネジ州ヴォロネジ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF/FW

経歴[編集]

選手[編集]

1962年、現ロシア・ヴォロネジ州の州都ヴォロネジに生まれ、地元のFCファーケル・ヴォロネジのアカデミーで育つ。1979年にトップチームに昇格し、翌年に軍に徴兵され徴兵期間終了した後にFCディナモ・ボログダに移籍をした。1982年にはFCディナモ・モスクワに移籍をして、カップ戦優勝に貢献。自身は86年と88年に得点王を獲得した。しかし、アナトリー・ブイショヴェツが新たな監督として就任すると構想外となった。1989年6月、安価なストライカーを探していた2. ブンデスリーガ所属のシャルケ04の目に留まり移籍を果たした。1990-1991シーズンにはクラブ内でトップの得点を叩き出してブンデスリーガ昇格に貢献。その後、SCフライブルクハノーバー96に在籍して、34歳の1997年に母国ロシアのFCロコモティフ・モスクワに移籍。2000年にクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラにて現役生活にピリオドを打った。

指導者[編集]

現役終了した後はクリリヤにてアシスタント・コーチを経験した。2002年にロシア代表のアシスタントに就任。2005年12月6日から2006年6月までの期間には暫定監督としてロシア代表を率いた。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FCディナモ・モスクワ

FCロコモティフ・モスクワ

個人[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]