ウラジーミル・フェドートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウラジーミル・フェドートフ Football pictogram.svg
VladimirGrigoryevichFedotov.jpg
名前
本名 ウラジーミル・グリゴーリエヴィチ・フェドートフ
ロシア語 Владимир Григорьевич Федотов
基本情報
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日 (1943-01-18) 1943年1月18日
出身地 ソビエト連邦の旗 モスクワ
没年月日 (2009-03-29) 2009年3月29日(66歳没)
身長 174cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1960-1975 PFC CSKAモスクワ 382 (92)
代表歴
1970–1974 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 22 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウラジーミル・グリゴーリエヴィチ・フェドートフロシア語: Владимир Григорьевич Федотов1943年1月18日 - 2009年3月29日)は、ソビエト連邦出身の元サッカー選手。父親はソビエト連邦サッカーリーグの初期に活躍したグリゴリー・フェドートフ(Григорий Федотов、1916年4月11日 -1957年12月8日)。

経歴[編集]

Vladimir Fedotov 2.jpg

1943年、第二次世界大戦最中のモスクワで生まれた。1960年、父親も所属したPFC CSKAモスクワでキャリアを始め、1975年に現役引退するまでCSKAモスクワ一筋でプレーをした。1964年にはリーグ戦で16得点を挙げ得点王を獲得。キャリア通産105ゴールを挙げ、父親の名を冠したグリゴリー・フェドートフ・クラブに殿堂入りを果たした。

引退後はコーチや監督としての道を歩む。1981年にはSKAロストフ・ナ・ドヌにてUSSRカップ優勝を成し遂げた。2002年からはFCスパルタク・モスクワと関わり、2003年には暫定監督として指揮を執り、2006-2007では1年間指揮を執った。2007–2008まではFCモスクワのスポーツ・ディレクターを務めた。

2009年3月16日、昏睡状態に陥り病院へ運ばれ、3月29日、意識が戻らぬまま死去。66歳没。死因は明らかにされていない。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ソビエト連邦の旗 PFC CSKAモスクワ

指導者[編集]

ソビエト連邦の旗 SKAロストフ・ナ・ドヌ

個人[編集]

参考文献[編集]