ドミトリー・ポポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミトリー・ポポフ Football pictogram.svg
名前
本名 ドミトリー・リヴォーヴィチ・ポポフ
ラテン文字 Dmitri Lvovich Popov
ロシア語 Дмитрий Львович Попов
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1967-02-27) 1967年2月27日(50歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ヤロスラヴリ
身長 174cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1989 ソビエト連邦の旗 シンニク・ヤロスラヴリ 126 (10)
1989–1993 ソビエト連邦の旗/ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 78 (7)
1993-1996 スペインの旗 ラシン・サンタンデール 98 (21)
1996-1999 スペインの旗 SDコンポステーラ 75 (4)
1999 イスラエルの旗 マッカビ・テルアビブ 4 (0)
2000 スペインの旗 CDトレド 6 (0)
代表歴
1992-1998 ロシアの旗 ロシア 21 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドミトリー・リヴォーヴィチ・ポポフロシア語: Дмитрий Львович Попов1967年2月27日 - )は、現ロシアヤロスラヴリ州ヤロスラヴリ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

クラブ[編集]

1967年、現ロシアヤロスラヴリ州の州都ヤロスラヴリにて生まれる。サッカーを始めたのは15歳からと遅かったものの、その才能を認められて、1984年にFCシンニク・ヤロスラヴリに入団を果たした。シンニク在籍時には、兵役で徴兵されたために、2年半はサッカーをする事が出来なかった。徴兵期間が終了した後にシンニク・ヤロスラヴリに復帰し、レギュラーとして試合に出場した。1988年、オレグ・ロマンツェフが率いるFCスパルタク・オルジョニキーゼ(現在のFCアラニア・ウラジカフカス)との試合ではアシストを記録するなど印象的なプレーをした。そして翌年、スパルタク・オルジョニキーゼの監督をしていたロマンツェフは強豪FCスパルタク・モスクワに引き抜かれ、ポポフはロマンツェフから招待されスパルタク・モスクワに移籍を果たした。スパルタクでは1年以上トレーニングに費やされ試合の時には専らベンチで過ごしたが後にレギュラーとして試合に出場。1993年にスペインのラシン・サンタンデールへ移籍をして、ドミトリー・ラドチェンコらと共にプレーをした。1996年にはサンティアゴ・デ・コンポステーラに本拠地を置くSDコンポステーラに移籍して3シーズンプレーをした。1999年、32歳の頃にイスラエルのマッカビ・テルアビブFCに移籍するも4試合の出場に留まり、2000年にスペインのCDトレドにて現役引退をした。

代表[編集]

1992年8月16日、メキシコ代表との親善試合(2-0)でロシア代表デビューを果たし、この試合で代表初ゴールを記録した。1994年にはFIFAワールドカップのロシア代表の22人の内の1人として選出され出場を果たした。1996年のUEFA EUROでは所属していたラシン・サンタンデールで右ひざの十字靭帯を損傷して手術したために招集は見送られた。1998年2月18日のギリシャ代表戦がロシア代表として出場した最後の試合であった。代表では21試合に出場し4得点を挙げた。

引退後[編集]

現役引退後はスペインのサンタンデールで暮らし2002-2005まではサッカー代理人として活動していた。2005年、ビーチサッカーのロシア代表チームに参加をした。2006年から2008年にはFCスパルタク・モスクワで育成を担当。2008年からアスレチック・ディレクターとして働いてる。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ソビエト連邦の旗/ロシアの旗 FCスパルタク・モスクワ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]