ハイム・レヴィヴォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイム・レヴィヴォ Football pictogram.svg
Haim revivo.jpg
名前
本名 Haim Michael Revivo
ラテン文字 Haim Revivo
ヘブライ語 חיים מיכאל רביבו
基本情報
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
生年月日 (1972-02-22) 1972年2月22日(44歳)
出身地 イスラエルの旗 アシュドッド
身長 177cm
体重 72kg
選手情報
ポジション OH, SH
利き足 左足
ユース
1984-1988 イスラエルの旗 ハポエル・アシュドッド
1988-1990 イスラエルの旗 ガドナ・テルアビブ・イェフダ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1993 イスラエルの旗 ブネイ・イェフダ・テルアビブ 76 (20)
1993-1994 イスラエルの旗 ハポエル・テルアビブ 36 (12)
1994-1996 イスラエルの旗 マッカビ・ハイファ 57 (45)
1996-2000 スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ 99 (25)
2000-2002 トルコの旗 フェネルバフチェ 68 (30)
2002-2003 トルコの旗 ガラタサライ 12 (5)
2003-2004 イスラエルの旗 アシュドッド 10 (3)
代表歴
1990 イスラエルの旗 イスラエル U-18 1 (0)
1992-1993 イスラエルの旗 イスラエル U-21 9 (5)
1992-2004 イスラエルの旗 イスラエル 67 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハイム・レヴィヴォヘブライ語: חיים מיכאל רביבו, ラテン文字転写: Haim Michael Revivo, 1972年2月22日 - )は、イスラエルアシュドッド出身の元サッカー選手。元イスラエル代表。現役時代のポジションはOH, SH

2005年にニュースサイトYネットが一般大衆へ世論調査した、素晴らしいイスラエル人200人の92番目に選ばれている[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

伝統的なミズラヒムユダヤ人家族の下でアシュドッドに生まれる[2]。既婚者で3人の子供を授かっている。

クラブ[編集]

16歳の時にハポエル・アシュドッドFC英語版のユースからガドナ・テルアビブ・イェフダFC英語版のユースに入団。同クラブにはシニアチームが存在しなかったため、18歳の時に自由移籍の身となった。ハポエル・クファル・サバFC英語版マッカビ・ペタク・チクヴァFCの両クラブに断られた後、19歳の時にギオラ・シュピーゲル英語版監督率いるブネイ・イェフダ・テルアビブFCと契約し、同じ都市を拠点とするライバルのハポエル・テルアビブFCと契約するまでの間に3季在籍した。

ルーヴェン・アタール英語版と交換する形でマッカビ・ハイファFCと契約すると1季目に17得点を挙げ、アミール・ターグメン英語版と共に得点王に輝く。2季目は左サイドから中央でのプレイを希望をしたことにシュピーゲル監督は当初難色を示すも、スター選手との争いを避けるため最終的にアロン・ミズラヒ英語版を放出することになった。しかし、これが功を奏し、レヴィヴォは昨季以上に得点を重ねていき再び得点王に輝く活躍を見せた。その結果、スペイン1部セルタ・デ・ビーゴと契約することとなった。

セルタでは地位を確立することになるが、移籍してから程なくして1996年10月にユダヤ教の贖罪日にあたるヨム・キプルのため欠場を希望していたが、最終的に試合開始時間を早めることに決定したことでスペイン全土で話題になった[2]フェネルバフチェSKでも在籍2季で成功を収め、2001年にリーグ優勝に貢献したが、他から有力な外国人選手が加入すると注目を失い、同じイスタンブールを拠点とするライバルのガラタサライSKと契約したことで様々な論争を引き起こした。

ガラタサイで1季在籍後にイスラエルへ帰国し、FCアシュドッド英語版と契約。12試合に出場後に現役を引退。現在は実業家として成功を収め、過去には自身が所属したアシュドッドのオーナーを務めていた。

代表[編集]

世代別代表としては、1990年12月18日にリスボンエスタディオ・ダ・ルス英語版で行われたポルトガル戦でアヴィ・ニムニ英語版エヤル・ベルコヴィッチ英語版と共にU-18、それから1年半後に1992年5月13日のヘルツリーヤ・ムニシパル・スタジアム英語版で行われたトルコ戦でU-21代表初出場を飾った。

U-21代表初出場から半年後にラマト・ガン・スタジアムで行われた1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選スウェーデン戦でA代表初出場を飾って以降、シュロモ・シャーフ英語版監督の下で中心選手として3度のFIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選やUEFA欧州選手権・予選、親善試合26試合に出場した。

タイトル[編集]

クラブ
イスラエルの旗 ブネイ・イェフダ・テルアビブFC
イスラエルの旗 マッカビ・ハイファFC
トルコの旗 フェネルバフチェSK
個人

脚注[編集]

  1. ^ "הישראלי מספר 1: יצחק רבין – תרבות ובידור"
  2. ^ a b "ספורט ביום כיפור? היה דבר כזה"
  3. ^ "Israel - Player of the Year" rsssf.com

外部リンク[編集]