ディミトリ・パイェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディミトリ・パイェ
オリンピック・マルセイユでのパイェ (2021年)
名前
本名 フローラン・ディミトリ・パイェ
Florent Dimitri Payet
愛称 ディミ
ラテン文字 Dimitri Payet
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
レユニオンの旗 レユニオン
生年月日 (1987-03-29) 1987年3月29日(37歳)
出身地 レユニオンサン=ピエール
身長 175cm[1]
体重 77kg[1]
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ
ポジション MFFW
利き足 右足
ユース
1995-1998 フランスの旗 サン=フィリップ
1998-1999 フランスの旗 JSサン=ピエール
1999-2003 フランスの旗 ル・アーヴルAC
2003 フランスの旗 エクセルシオール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 フランスの旗 エクセルシオール 36 (12)
2005-2007 フランスの旗 ナント 33 (5)
2007-2011 フランスの旗 サンテティエンヌ 129 (14)
2011-2013 フランスの旗 リール 71 (18)
2013-2015 フランスの旗 マルセイユ 72 (15)
2015-2017 イングランドの旗 ウェストハム 48 (11)
2017-2023 フランスの旗 マルセイユ 187 (46)
2023- ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
代表歴2
2007-2008  U-21フランス 11 (4)
2010-2018 フランスの旗 フランス 38 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年8月17日現在。
2. 2018年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フローラン・ディミトリ・パイェ(Florent Dimitri Payet フランス語発音: [dimitʁi pajɛt][2]1987年3月29日 - )は、フランスサッカー選手。元フランス代表。ポジションはミッドフィールダーフォワード

インド洋に浮かぶフランスの海外県であるレユニオンで生まれたパイェは、正確に曲がるフリーキックのスペシャリストとして知られ、21世紀におけるリーグ・アンの最多アシスト記録保持者である。

クラブ経歴[編集]

2005年からFCナントに所属し、12月19日、FCジロンダン・ボルドー戦でデビューを果たした。2007年、ASサンテティエンヌに移籍した。2年目でブレイクを果たし、代表にも初選出された。

2011年6月28日、リールに4年契約で移籍した。一年目はエデン・アザールジョー・コールらの活躍でベンチに座ることも少なくなかったが、2年目に主力が去ってから本領発揮。12ゴール12アシストの活躍でリーグの年間ベストイレブンにも選出された。

マルセイユ[編集]

マルセイユ1年目のパイェ(2013年)

2013年6月、リールヨーロッパリーグの出場権を逃したこともあり、オリンピック・マルセイユへ移籍することが決定した[3]

マルセイユ1年目は安定感を欠き本領発揮とはいかなかったが、マルセロ・ビエルサが監督に就任した2年目にトップ下のポジションで活躍。リーグ戦7ゴール16アシストでトロフェ・UNFP・デュ・フットボールに選出された。16アシストは2014-15シーズンのヨーロッパ5大リーグにおいて、ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク、20アシスト)、セスク・ファブレガス(チェルシー、17アシスト)、リオネル・メッシ(バルセロナ、17アシスト)に次ぐ4位であり、チャンスメイク数は1位の133回を記録[4]、キーパス数はメッシと並んでヨーロッパ最多タイとなる131本を記録した[5]

このシーズンにビエルサのアシスタントコーチを務めていたヤン・ファン・ウィンケル英語版は2人について、「ビエルサはディミトリがウインガーではなくプレーメーカーであることを最初に見抜いた。彼はおそらくアンドレス・イニエスタと並んで、ゴールに背中を向ける世界最高の選手だろう。ディミはテクニックが優れているだけでなく俊敏さも兼ね備えているので、彼からボールを奪うのはほぼ不可能だ。彼が(フランスで開催されたEURO2016の)ルーマニア戦で得点したのも中央でプレーしていたときだった。」と述べている[6]

ビエルサに指導を受けたのはこの1年のみだったが、パイェにとってこのシーズンは大きな転換期となり、のちにレキップ誌で次のように語っている[6]

「ビエルサとは意気投合したんだ。彼は僕をより成熟させ、安定させてくれた。彼は僕のプレーに秩序を与えてくれた。そして今でも彼のアドバイスは頭の中にある。」 — ディミトリ・パイェ

ウェストハム[編集]

ウェストハムでプレーするパイェ
ウェストハムでプレーするパイェ

2015年夏、プレミアリーグウェストハム・ユナイテッドに移籍したが、パイェはこのタイミングでマルセイユを去るつもりはなくフロリアン・トヴァンジャネリ・インビュラといった選手の売却が滞ったことでクラブが財政の安定を懸念しての売却だった[7][8]。8月9日、エミレーツ・スタジアムで行われたアーセナル戦でプレミアリーグデビューを果たし、2-0の勝利の口火を切るゴールを決めたシェイフ・クヤテの得点を得意のフリーキックでアシストした[9]。その6日後、レスターシティとの試合で移籍後初ゴールを決めたものの、チームは1-2で敗れた[10]。9月14日、ブーリン・グラウンドで行われたニューカッスル戦では2得点を挙げたものの[11]、その2ヶ月後のエヴァートン戦でジェームス・マッカーシー からの厳しいチャレンジで足首を痛め、推定3ヶ月の離脱を余儀なくされた[12]

怪我から復帰したばかりの2016年1月12日に行われたボーンマス戦ではフリーキックでクロスバー下側を叩く同点ゴールを決めて3-1の逆転勝利に貢献。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝いたパイェは、78分にアレクサンドル・ソングと交代する際にウェストハムのサポーターからスタンディングオベーションを浴びた[13][14]

このシーズンは、最終的にPFA年間ベストイレブンに選ばれる活躍を見せ[15]、自身の持ち味であるフリーキックで印象的なゴールをいくつか決めるなどチームの上位進出の立役者となったパイェはクラブの年間最優秀選手にも選ばれた[16]

2016-17シーズン、10月のミドルスブラ戦では左サイドから中央に切り込み、何人も相手をかわしてゴールを決め、このゴールが2016年10月のプレミアリーグ最優秀ゴールに選ばれた[17]。 しかし、チームは一時は降格圏に沈むなど低迷。また、ウェストハムのスラベン・ビリッチ監督はパイェが試合への出場を拒否したことを会見で明かしつつ、どのクラブに対しても売却する意思がないことも明言した[18][19]

マルセイユ復帰[編集]

監督やクラブとの関係が悪化した後、2017年1月14日に予定されていたクリスタル・パレスとの試合でパイェは姿を現さず[20]、パイェのクラブ年間最優秀選手に敬意を表して設置されたロンドン・スタジアムの壁画には、サポーターによって破壊されるのを防ぐための警備員が配置された[21]。移籍期間中、パイェは古巣のオリンピック・マルセイユからの2度入札の対象となるが、どちらもウェストハムによって拒否された。さらにクラブはパイェの売却を希望せず、彼がサポーターに謝罪して今後もクラブのためにプレーし続けることを望んだ[22]

ロンドン・スタジアムに飾られていたパイェの記念壁画

しかし、ウェストハムとパイェの関係は修復せず、29日にパイェは当時のウェストハムのクラブ史上最高額の売却額となる2500万ポンドでマルセイユに1年半ぶりに復帰を果たした[23]。移籍から翌日、ウェストハムはロンドン・スタジアムにある壁画をパイェが欠場したクリスタル・パレス戦でアンディ・キャロルが記録したバイシクルシュートを祝う壁画に塗り替えることを発表した[24]

マルセイユに復帰したパイェ(2018年)

2月8日のEAギャンガン戦で復帰後初ゴールを決めた[25]

2018年4月13日、ヨーロッパリーグ準々決勝RBライプツィヒ戦ではペナルティエリア手前からミドルシュートを決めた。このゴールはこのシーズンのUEFA主催大会における全ての得点のうち、2位に選ばれ[26]、キーパス数では欧州最多となる156本を記録した[5]

2019-20シーズン、攻撃の軸としてチームをリード、12ゴール6アシストを決め、リーグ2位、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得にした貢献した[27]

2020-21シーズン、5月のRCランス戦でリーグ・アンでの通算100アシスト目を記録した[28]。同シーズン、リーグ第2位となる10アシストを決めてチームに貢献した[29]

2022-23シーズン、10月8日のACアジャクシオ戦のゴールにより、リーグ・アンでの通算100ゴールを決め、リーグ・アンの選手としては初、ヨーロッパ5大リーグでは11人目となる同一リーグにおけるゴールとアシストでそれぞれ100の大台に乗せた[30][31]

2023年5月6日に開催されたRCランス戦で、パイェはベンチサイドでの小競り合いの中で相手のアシスタントコーチであるヤニック・カユザックに平手打ちをして5試合の出場停止処分が課された[32]。処分が確定する前のアンジェ戦がマルセイユでの最後のプレーとなり、パイェはこの試合で1ゴールを挙げた[33]。 7月21日、マルセイユ退団が発表された[34]。マルセイユで通算67アシストを記録したパイェは、21世紀のリーグ・アンにおいて最多記録となる106本のアシストを記録した[35]

ヴァスコ・ダ・ガマ[編集]

2023年8月17日、ブラジルCRヴァスコ・ダ・ガマへの加入合意が発表された[36]

代表経歴[編集]

フランス代表として各年代の代表でプレーし、2010年10月9日、UEFA欧州選手権2012予選ルーマニア代表戦でA代表デビューを果たした。2015年6月7日のベルギーとの親善試合で代表初得点を挙げた。

自国開催となったUEFA EURO 2016のメンバーに選出され、6月10日のルーマニアとの開幕戦では同点で迎えた89分にミドルシュートで決勝点を挙げた[37]。得点後に交代でベンチに退く際には感極まり涙を流した[37]。同大会では3得点を記録。

UEFAヨーロッパリーグ決勝アトレティコ・マドリード戦で負傷した影響もあり、2018 FIFAワールドカップではメンバー入りとはならなかった。

人物[編集]

フリーキックの名手であり、2016年にイギリスのサッカー専門メディア「コパ90」が選定した現役最強フリーキッカートップ5では1位にランクインした[38]

個人成績[編集]

2023年7月24日現在[39]
クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 通算
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
エクセルシオール 2004 レユニオン・プレミアリーグ 36 12 0 0 36 12
ナント 2005-06 リーグ・アン 3 1 1 0 0 0 4 1
2006-07 30 4 4 0 1 0 35 4
通算 33 5 5 0 1 0 39 5
サンテティエンヌ 2007-08 リーグ・アン 31 0 0 0 0 0 31 0
2008-09 30 4 1 0 1 0 10 3 42 7
2009-10 35 2 4 3 2 0 41 5
2010-11 33 13 1 0 0 0 34 13
通算 129 19 6 3 3 0 10 3 148 25
リール 2011-12 リーグ・アン 33 6 3 0 2 0 4 0 1[注釈 1] 0 43 6
2012-13 38 12 3 1 3 0 8 0 52 13
通算 71 18 6 1 5 0 12 0 1 0 95 19
マルセイユ 2013-14 リーグ・アン 36 8 2 0 2 0 5 0 45 8
2014-15 36 7 1 0 1 0 38 7
通算 72 15 3 0 3 0 5 0 83 15
ウェストハム 2015-16 プレミアリーグ 30 9 6 3 1 0 1 0 38 12
2016-17 18 2 1 0 3 1 0 0 22 3
通算 48 11 7 3 4 1 1 0 60 15
マルセイユ 2016-17 リーグ・アン 15 4 2 1 0 0 17 5
2017-18 31 6 2 1 0 0 14 3 47 10
2018-19 31 4 1 0 1 0 5 2 38 6
2019-20 22 9 4 3 1 0 27 12
2020-21 33 7 1 0 6 2 1[注釈 1] 1 41 10
2021-22 31 12 4 0 11 4 46 16
2022-23 24 4 1 0 2 0 27 4
通算 187 46 15 5 2 0 38 11 1 1 243 63
キャリア総通算 577 126 42 12 18 1 66 14 1 1 703 154

代表[編集]


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
2010 3 0
2011 - -
2012 - -
2013 4 0
2014 4 0
2015 4 1
2016 17 7
2017 5 0
2018 1 0
通算 38 8

代表での得点[編集]

# 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合
1. 2015年6月7日 フランスの旗サン=ドニスタッド・ド・フランス  ベルギー 3-4 3-4 親善試合
2. 2016年3月29日 フランスの旗サン=ドニ、スタッド・ド・フランス  ロシア 3-1 4-2
3. 2016年5月30日 フランスの旗ナントスタッド・ドゥ・ラ・ボージョワール  カメルーン 3-2 3-2
4. 2016年6月10日 フランスの旗サン=ドニ、スタッド・ド・フランス  ルーマニア 2-1 2-1 UEFA EURO 2016
5. 2016年6月15日 フランスの旗マルセイユスタッド・ヴェロドローム  アルバニア 2-0 2-0
6. 2016年7月3日 フランスの旗サン=ドニ、スタッド・ド・フランス  アイスランド 3-0 5-2
7. 2016年10月7日 フランスの旗ナント、スタッド・ドゥ・ラ・ボージョワール   ブルガリア 2-0 4-1 ロシアW杯・予選
8. 2016年11月11日 フランスの旗サン=ドニ、スタッド・ド・フランス  スウェーデン 2-1 2-1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マルセイユ

代表[編集]

個人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Dimitri Payet”. www.whufc.com. 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ Maintenant, ils savent que ça se prononce "paillettes" !” [Now, they know that it is pronounced "pie-ett"!] (フランス語). Clicanoo (2016年6月12日). 2016年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  3. ^ Dimitri Payet : «Je suis un affectif»”. OM.net (2013年6月27日). 2013年6月28日閲覧。
  4. ^ Top European league player stats of 2014-15”. ESPN (2015年6月2日). 2023年7月24日閲覧。
  5. ^ a b Messi, Neymar, De Bruyne, Ozil: Who's played the most key passes in a season?”. Give Me Sports (2022年8月3日). 2023年7月24日閲覧。
  6. ^ a b Euro 2016: Dimitri Payet once frustrated France, now he enchants the nation”. The Daily Telegraph (2016年6月14日). 2022年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月24日閲覧。
  7. ^ “Dimitri Payet claims he was forced to leave Marseille for West Ham”. Talksport. (2015年10月13日). http://talksport.com/football/dimitri-payet-claims-he-was-forced-leave-marseille-west-ham-151013170270 
  8. ^ “West Ham turning a corner in Marseille negotiations for Dimitri Payet”. Get French Football News. (2015年6月24日). http://www.getfootballnewsfrance.com/2015/west-ham-turning-a-corner-in-marseille-negotiations-for-dimitri-payet/ 
  9. ^ Chris Osborne. “BBC Sport – Arsenal 0–2 West Ham United”. BBC Sport. 2015年8月10日閲覧。
  10. ^ Bevan, Chris (2015年8月16日). “West Ham 1–2 Leicester”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/33832171 2015年8月16日閲覧。 
  11. ^ “West Ham United 2–0 Newcastle United”. BBC. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/34171138 2015年9月27日閲覧。 
  12. ^ Dimitri Payet: West Ham midfielder ruled out for three months”. BBC Sport (2015年11月9日). 2015年11月10日閲覧。
  13. ^ Dimtri Payet and Enner Valencia score stunning free kicks in West Ham win”. ESPN FC (2016年1月12日). 2016年1月12日閲覧。
  14. ^ “Bournemouth 1–3 West Ham”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/35229728 2016年1月13日閲覧。 
  15. ^ Bhardwaj,Vaishali (2016年3月4日). “West Ham's Dimitri Payet named Player of the Year at the 2016 London Football Awards”. London. http://www.standard.co.uk/sport/football/west-ham-star-dimitri-payet-named-player-of-the-year-at-the-2016-london-football-awards-a3195201.html 2016年3月4日閲覧。 
  16. ^ Payet scoops Hammer of the Year Award”. West Ham United. 2016年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月24日閲覧。
  17. ^ “Payet wins Carling Goal of the Month”. Premier League. (2016年11月18日). https://www.premierleague.com/news/139364 2017年6月9日閲覧。 
  18. ^ フランス代表パイェ、ウェスト・ハムでのプレーを拒否…クラブは売却の意思なし”. ゲキサカ (2017年1月13日). 2023年7月23日閲覧。
  19. ^ “Dimitri Payet does not want to play for West Ham, says Slaven Bilic” (英語). BBC Sport. (2017年1月12日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/38595765 2017年1月16日閲覧。 
  20. ^ “West Ham United 3-0 Crystal Palace” (英語). BBC Sport. (2017年1月14日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/38539427 2017年1月16日閲覧。 
  21. ^ “Premier League report: West Ham 3-0 Crystal Palace”. ITV News. (2017年1月14日). https://www.itv.com/news/2017-01-14/premier-league-report-west-ham-3-0-crystal-palace 2023年7月14日閲覧。 
  22. ^ “Dimitri Payet: West Ham reject Marseille's improved bid” (英語). BBC Sport. (2017年1月16日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/38643225 2017年1月16日閲覧。 
  23. ^ ウェスト・ハムがパイェ売却を発表、36億円でフランスのマルセイユに復帰”. LEGENDS STADIUM (2017年1月30日). 2023年7月23日閲覧。
  24. ^ West Ham replacing mural of Dimitri Payet with Andy Carroll wall painting”. sky sports (2017年1月31日). 2023年7月23日閲覧。
  25. ^ “Dimitri Payet feeling good after first goal for Marseille since leaving West Ham”. Eurosport. (2017年2月10日). http://www.eurosport.com/football/dimitri-payet-feeling-good-after-first-goal-for-marseille-since-leaving-west-ham_sto6053178/story.shtml 
  26. ^ UEFAが年間ベストゴールを発表! 1位はC・ロナウドのオーバーヘッドに”. サッカーキング (2018年8月28日). 2023年7月24日閲覧。
  27. ^ “酒井宏樹の同僚MFパイエがニアをぶち抜く“ゼロ角度”ゴール”. web.ultra-soccer. (2020年6月12日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=376075&from=yahoonews_5 2020年6月13日閲覧。 
  28. ^ “Dimitri Payet Receives Special Puma Future Z Boots For 100 Ligue 1 Assists”. footyheadlines. https://www.footyheadlines.com/2021/05/dimitri-payet-receives-special-puma.html?m=0&mYwyP=Ok70t 2021年5月19日閲覧。 
  29. ^ リーグ・アンアシスト王は誰だ 20-21アシストランキング”. フットボールチャンネル (2021年5月25日). 2021年6月17日閲覧。
  30. ^ 35歳MFパイェも仲間入り! 100ゴール&100アシストを達成した選手たち”. サッカーキング. 2022年10月19日閲覧。
  31. ^ Messi, Rooney, Payet: 11 players have 100 goals and 100 assists in a single league”. Give Me Sports (2022年10月9日). 2023年7月24日閲覧。
  32. ^ マルセイユMFパイエに5試合の出場停止処分…RCランス戦で相手コーチに平手打ち”. 超WORLDサッカー (2023年5月18日). 2023年7月23日閲覧。
  33. ^ オリンピック・マルセイユ対アンジェSCOの結果と対戦成績”. FootyStats. 2023年7月23日閲覧。
  34. ^ MERCI CAPITAINE !”. 2023年7月22日閲覧。
  35. ^ Assists: All-time Ligue 1 Uber Eats legends” (フランス語). リーグ・アン (2023年6月27日). 2023年7月24日閲覧。
  36. ^ "Vasco da Gama reaches an agreement with midfielder Payet" (Press release). CRヴァスコ・ダ・ガマ. 17 August 2023. 2023年8月17日閲覧
  37. ^ a b MFパイェ、豪快ミドル決勝弾で一躍ヒーローに「感情が爆発した」”. SOCCER KING (2016年6月11日). 2016年6月11日閲覧。
  38. ^ Top 5 Freekick Takers in the World ft. Dimitri Payet”. COPA90 (2016年4月11日). 2016年6月20日閲覧。
  39. ^ ディミトリ・パイェ - Soccerwayによる個人成績 ウィキデータを編集

外部リンク[編集]