ニコラ・ヌクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニコラ・ヌクル Football pictogram.svg
Nicolas N'Koulou.jpg
カメルーン代表でのヌクル (2013年)
名前
本名 ニコラ・アレクシ・ジュリオ・ヌクル・ヌドゥベナ
Nicolas Alexis Julio N'Koulou N'Doubena
ラテン文字 Nicolas N'Koulou
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1990-03-27) 1990年3月27日(32歳)
出身地 ヤウンデ
身長 184cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 アリス・テッサロニキ
ポジション DF (CB) / MF (DH)
背番号 3
利き足 右足
ユース
2007 カメルーンの旗 カジ・スポーツアカデミー
2007-2008 モナコの旗 モナコ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 モナコの旗 モナコ 78 (0)
2011-2016 フランスの旗 マルセイユ 162 (5)
2016-2018 フランスの旗 リヨン 13 (0)
2017-2018 イタリアの旗 トリノ (loan) 68 (3)
2018-2021 イタリアの旗 トリノ 54 (3)
2021-2022 イングランドの旗 ワトフォード 3 (0)
2022- ギリシャの旗 アリス・テッサロニキ
代表歴
2008 カメルーンの旗 カメルーン U-23 3 (0)
2008-2017 カメルーンの旗 カメルーン 75 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年7月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラ・ヌクルNicolas Alexis Julio N'Koulou N'Doubena, 1990年3月27日 - )は、カメルーンヤウンデ出身のサッカー選手アリス・テッサロニキ所属。ポジションはDF (CB)。一部ではエンクルとも表記される。

経歴[編集]

クラブ[編集]

サミュエル・エトオイドリス・カルロス・カメニ等を輩出した母国のドゥアラを拠点とするカジ・スポーツアカデミー英語版を経て、2007年下旬にリーグ・アンASモナコ加入し、3年のプロ契約を締結[1]。この2007-08シーズンは4部を戦うリザーブチームでプレーした。2008年7月にトップチームに登録され、プレシーズンマッチ初戦・同1部のトゥールーズFC戦, クロアチアNKザグレブ戦と2試合に出場し、同年9月13日のFCロリアン戦で先発でプロデビューを果たし、65分までプレーした。翌年からは、ギー・ラコンブ監督の方針でCBにセドリック・モンゴングと新加入のセバスティアン・ピュイグルニエ英語版が起用され守備的MFへコンバートされたものの、変わらずレギュラーとしてプレーし、デビュー戦以降の出場試合の殆どが90分フル出場とチームにとって欠かせない選手の1人となった。さらに2010-11シーズンに副主将に任命され、時にはステファヌ・リュフィエに代わりキャプテンマークを着けることもあったが、同シーズンにチームはリーグ・ドゥへ降格した。

モナコの降格に伴い国内外の様々なチームから関心を寄せられた末、2011年6月29日に350万ユーロの4年契約でオリンピック・マルセイユへ加入[2]移籍1年目は10位と不振に陥ったが、その中でヌクルはベストイレブンに初選出され、またUEFAチャンピオンズリーグでも活躍するなど大きく飛躍した。2013年3月3日、アウェーのトロワAC戦でキャリア初得点を挙げた。しかしマルセイユの財政状況が不安定なためクラブと契約を更新せず、2016年に契約切れで退団した。

2016年6月29日オリンピック・リヨンへ自由移籍で加入[3]。リヨンではエマヌエル・マンマナムクタル・ディアカビとのポジション争いに敗れ13試合の出場に終わった。

2017年8月5日イタリアセリエAトリノFCへ買取オプション付きのレンタルで移籍した[4]

2021年10月7日ワトフォードFCとシーズン終了までの契約を結んだ[5]

2022年8月23日、アリス・テッサロニキに2年契約で移籍した[6]

代表[編集]

2008年に北京オリンピックに出場し、同年の南アフリカ戦でA代表デビュー。以降はアフリカネイションズカップ20102010 FIFAワールドカップと主要な大会に出場した。

リゴベール・ソング引退後に主将の座に就いたサミュエル・エトオの補佐として、エヨング・エノーと共に副主将に就任。2011年11月に行われたアルジェリアとの親善試合ではエトオが試合をボイコットしたことでカメルーンサッカー連盟から15試合の出場停止を言い渡され[7]、またエノーが累世警告による出場停止であったため、2012年2月29日アフリカネイションズカップ2013予選ギニアビサウ戦で初めて主将としてプレーした[8]。8月下旬になってもエトオはチームに復帰することを拒否したため[9]、ヌクルは正式に主将に任命された[10]

2016年3月26日アフリカネイションズカップ2017予選南アフリカ戦で代表初得点を記録。アフリカネイションズカップ2017ではエジプトとの決勝戦で同点ゴールを挙げるなど、カメルーンの優勝に貢献した。

エピソード[編集]

  • 2014年7月10日、母国カメルーンで父親が焼死体となって発見されるという事件が起きた[11]

タイトル[編集]

オリンピック・マルセイユ
カメルーン代表

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]