マキシム・ロイク・フジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マキシム・ロイク・フジュ Football pictogram.svg
名前
本名 Maxime Loïc Feudjou Nguegang
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1992-04-14) 1992年4月14日(27歳)
出身地 ドゥアラ
身長 182cm
選手情報
在籍チーム スーダンの旗 アル・ヒラル
ポジション GK
背番号 16
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2011 カメルーンの旗 ボタフォゴ 13 (0)
2012-2014 カメルーンの旗 コトンスポール 88 (0)
2015- スーダンの旗 アル・ヒラル 14 (0)
代表歴2
2011  U-23カメルーン
2012- カメルーンの旗 カメルーン 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
2. 2017年9月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マキシム・ロイク・フジュMaxime Loïc Feudjou1992年4月14日 - )は、カメルーンドゥアラ出身のプロサッカー選手サッカーカメルーン代表。アル・ヒラル所属。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

2010年から地元クラブのボタフォゴFCでプロキャリアをスタート。

2011年12月、コトンスポール・ガルアに移籍[1]。加入当初こそ第3キーパーの位置付けだったが、シーズン途中からファーストチョイスに定着した。2012年9月、プレミアリーグのレディングFCへの移籍話が持ち上がった[2]が、実現しなかった。2013年には国内2冠とCAFチャンピオンズリーグ準決勝進出を果たした。

代表[編集]

2012年2月23日、アフリカネイションズカップ2013予選のギニアビサウ戦で代表初招集[3]。2014年5月29日、パラグアイ戦で途中出場し初キャップを記録[4]。6月7日のモルドバ戦で初スタメン[5]

タイトル[編集]

コトンスポール

アル・ヒラル

脚注[編集]

外部リンク[編集]