セバスティアン・バソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアン・バソング Football pictogram.svg
Sébastien Bassong.jpg
名前
本名 Sébastien Aymar Bassong Nguena
セバスティアン・アイマール・バソング・エンゲナ
ラテン文字 Sébastien Bassong
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
フランスの旗 フランス
生年月日 1986年7月6日(29歳)
出身地 フランスの旗 フランス
イル=ド=フランス地域圏の旗イル=ド=フランス地域圏パリ
身長 187cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ノリッジ・シティFC
ポジション DF
背番号 30
利き足 左足
ユース
1999-2002 フランスの旗 クレールフォンテーヌ
2002-2005 フランスの旗 メス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 フランスの旗 メス 79 (1)
2008-2009 イングランドの旗 ニューカッスル 30 (0)
2009-2012 イングランドの旗 トッテナム 45 (2)
2012 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン (loan) 9 (0)
2012- イングランドの旗 ノリッジ 79 (3)
2014-2015 イングランドの旗 ワトフォード (loan) 11 (0)
代表歴2
2007-2009 フランスの旗 フランス U-21 2 (0)
2009- カメルーンの旗 カメルーン 16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年6月30日現在。
2. 2011年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セバスティアン・アイマール・バソング・エンゲナSébastien Aymar Bassong Nguena, 1986年7月6日 - )は、フランスパリ出身のカメルーン代表サッカー選手ノリッジ・シティFC所属。ポジションはディフェンダー。苗字は「バソン」や「バッソン」とも表記される。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

カメルーン出身の両親の下でフランスに生まれたバソングは、ティエリ・アンリ, ニコラ・アネルカ, ウィリアム・ギャラス, ルイ・サハ等を輩出してきたクレールフォンテーヌを卒業後にFCメスの下部組織に入団。2005年にトップチームへ昇格以降、3シーズンの間に公式戦で試合1得点を記録した。

ニューカッスル[編集]

2008年7月にイングランドニューカッスル・ユナイテッドFCのトライアルに1週間参加[1]し、ドンカスター・ローヴァーズFCとの親善試合でデビュー。7月30日に移籍金50万ポンドで同クラブに加入した[2]

8月26日のフットボールリーグカップコヴェントリー・シティFC戦でデビューし、アウェーのアーセナルFC戦でホセ・エンリケと交代でリーグデビューを果たした。12月26日のアウェーでのウィガン・アスレティックFC戦で初レッドカードを貰い、2009年5月16日のホームでのフラムFC(0-1)戦で2度目のレッドカードを提示された。このシーズンのチームは18位で2部降格となったが、バソングは30試合に出場し、チームの最優秀選手に選出される[3][4]ほどの活躍をみせた。

トッテナム[編集]

ニューカッスル降格に伴い退団の願いを表明したバソングにマンチェスター・シティFC, アーセナル, トッテナム・ホットスパーFCが関心を寄せ、2009年8月6日にメディカルチェックを通過し、移籍金800万ポンドの5年契約でトッテナムへ移籍した[5]。公式戦初出場となったリヴァプールFCとの開幕戦で59分にルカ・モドリッチのFKからヘディングで決勝点を決め、2-1でチームを勝利に導いた[6]シーズン序盤の7試合に全試合先発出場とすぐさまレギュラーを掴み、最終的にリーグ戦28試合, 全公式戦合わせ38試合1得点を記録。また、マイケル・ドーソンレドリー・キングとコンビを組み、チーム史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。2シーズン目は、クラブ史上初となったUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11プレーオフ第1戦のBSCヤングボーイズ戦(3-2)で得点を挙げる[7]など幸先良いスタートを切ったが、ウィリアム・ギャラスの加入やユネス・カブールの好調さもあり出場機会が激減した。

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへのレンタル

2011-12シーズンになってもCBの5番手という状況は変わらず、2012年1月31日に低迷するウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCにレンタル移籍[8]し、4日後のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦(2-1)に90分フル出場でデビューをした。しかし、チームの守備を立て直せず、4月22日の第35節・ホームでのマンチェスター・シティ戦(0-2)で降格が決定。最終的にリーグワーストの82失点を喫し最下位で降格となってしまった。

ノリッジ[編集]

2012年8月21日にニューカッスル時代の恩師クリス・ヒュートン監督が新たに就任したノリッジ・シティFCへ3年契約で完全移籍[9]し、キャロウ・ロードでのクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦(1-1)でデビューをした。ノリッジでは、マイケル・ターナーとコンビを組みレギュラーとしてプレー。

ワトフォード

2014年10月8日、ディフェンス陣に故障者が出ていたチャンピオンシップワトフォードFCに翌年1月までの期限付き移籍をすることが発表された[10]

代表[編集]

U-20フランス代表として2006年のトゥーロン国際大会に出場し、2007年にU-21フランス代表で2試合出場した。

2009年5月25日に2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選モロッコ戦へ向けカメルーン代表から初招集された[11]。その時の出場機会はなかったが、8月12日のオーストリアとの親善試合(2-0)でデビューした[12]。トッテナムで同僚のブノワ・アスー=エコトと共に2010 FIFAワールドカップのメンバーに選出された[13]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC 2012 (レンタル移籍)
イングランドの旗 ワトフォードFC 2014-2015 (レンタル移籍)

脚注[編集]

  1. ^ "Everton target Bassong offered trial by Newcastle manager Keegan"
  2. ^ "Bassong agrees to Magpies switch"
  3. ^ "Newcastle's Sébastien Bassong fined for missing Dundee United trip"
  4. ^ "Newcastle messiah struggles to work miracles as injury worries grow"
  5. ^ "Bassong quits Newcastle for Spurs"
  6. ^ "Tottenham 2 - 1 Liverpool"
  7. ^ "スパーズ、2点を返し望みつなぐ"
  8. ^ "Wolves sign Sebastien Bassong on loan from Tottenham"
  9. ^ "Sebastien Bassong leaves Tottenham for Norwich"
  10. ^ Norwich City defender Sebastien Bassong joins the Hornets on loan until January ワトフォードFC公式ウェブサイト 2014年10月8日付
  11. ^ "Bassong joins Cameroon squad"
  12. ^ "Bassong was Alan’s tip, says Redknapp"
  13. ^ "World Cup 2010: Cameroon finalise World Cup squad"

外部リンク[編集]