ジョス (ナイジェリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョス
Jos
ジョスの景色
ジョスの景色
位置
ナイジェリア内のジョスの位置の位置図
ナイジェリア内のジョスの位置
座標 : 北緯9度56分 東経8度53分 / 北緯9.933度 東経8.883度 / 9.933; 8.883
行政
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
  プラトー州
 市 ジョス
地理
面積  
  市域  ? km2
標高 1217 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 860,895人
その他
等時帯 西アフリカ時間 (UTC+1)
夏時間 なし

ジョス(Jos)は、ナイジェリアプラトー州の都市である。プラトー州の州都である。植民地時代は、錫の採掘の中心地であった。

テロ[編集]

ジョスは、アフリカの中でも最も宗教的対立が根深い都市の一つである[1]

2010年12月24日、クリスマスのショッピング客や教会などを標的に、市内の2か所で7回の爆発が発生。32人が死亡、74人が負傷した[2]

2014年5月20日、繁華街で2つ、軍の施設付近で1つ、合計3個の爆弾が爆発し、少なくとも118人が死亡する事件があった。ボコ・ハラムによる犯行との疑いがある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Drew Hinshaw (2014年5月21日). “ナイジェリアで連続爆発、118人以上死亡―ボコ・ハラムの犯行か”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303923004579574922925382380 2014年5月24日閲覧。 
  2. ^ ナイジェリア、イブにキリスト教徒らを狙った攻撃で38人死亡(AFP.BB.NEWS 2010年12月26日)

外部リンク[編集]