ルイス・アドリアーノ・デ・ソウザ・ダ・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイス・アドリアーノ
アンタルヤスポルでのルイス・アドリアーノ (2022年)
名前
本名 ルイス・アドリアーノ・デ・ソウザ・ダ・シウヴァ
Luiz Adriano de Souza da Silva
ラテン文字 Luiz Adriano
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-04-12) 1987年4月12日(36歳)
出身地 ポルト・アレグレ
身長 182cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
ポジション FW (CF)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2004-2005 ブラジルの旗 インテルナシオナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 ブラジルの旗 インテルナシオナル 21 (2)
2007-2015 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 162 (77)
2015-2017 イタリアの旗 ACミラン 33 (4)
2017-2019 ロシアの旗 FCスパルタク・モスクワ 59 (19)
2019-2022 ブラジルの旗 SEパルメイラス 104 (32)
2022ー2023 トルコの旗アンタルヤスポル 34 (6)
2023- ブラジルの旗 SCインテルナシオナル 25
代表歴
2007 ブラジルの旗 ブラジル U-20 11 (2)
2014-2015 ブラジルの旗 ブラジル 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・アドリアーノこと、ルイス・アドリアーノ・デ・ソウザ・ダ・シルバ(Luiz Adriano de Souza da Silva、1987年4月12日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ出身のサッカー選手SCインテルナシオナル所属。元ブラジル代表。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナル時代は、19歳でFIFAクラブワールドカップ2006に出場、対アル・アハリ戦では得点を上げるなどの結果を残している[1]。2007年7月、カナダで行われたFIFA U-20ワールドカップにも招集され、2007年ウクライナFCシャフタール・ドネツクに移籍。2009年にはレギュラーとしてUEFAカップ優勝に貢献した。2011年2月26日、UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11ASローマ戦でゴールを記録した。

2012年11月20日、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13FCノアシェラン戦ではハットトリックを達成するも、0-1からの同点ゴールは自陣で行われたドロップボールからウィリアンが敵陣のゴールキーパーへ蹴りだしたボールをマイボールにしキーパーをかわしてゴールした為、世界中の物議を醸した。ノアシェランは猛抗議したものの得点は認められ、直後のキックオフからのプレーでのプレゼントゴールも、タラス・ステパネンコが相手ボールをカットしたため行われなかった[2]。アドリアーノはこのプレーに関して「本能的なものであった」とのコメントをしている[3]。5-2で勝利しシャフタールはグループリーグ突破を決めたものの、試合後にはミルチェア・ルチェスク監督が謝罪することとなった。11月27日、このプレーが行動規範の侵害にあたるとされ、UEFA規律委員会から1試合の出場停止処分および1日の社会奉仕活動命令を科された[4]

2014年10月21日、UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15FC BATEボリソフ戦で大会史上最多タイ記録となる1試合5得点を記録[5]。11月5日のBATE戦では再びハットトリックを達成して大会9点目をマークし、クリスティアーノ・ロナウドの持つ大会グループリーグ最多得点記録に並んだ。

2015年6月24日、UAEのアル・アハリ・ドバイとクラブ間で合意に達したと発表した[6]。しかし、メディカルチェックと正式契約を行う直前に入団を拒否し[7]、中東行きは白紙に戻った。その後、イタリアのACミランへの移籍が決定した[8]。契約は2020年6月30日まで。移籍金は600万ユーロ(約8億2000万円)だと、イギリスメディア『フットボール・イタリア』が報じた。背番号は9番。

2016年1月、中国サッカー・スーパーリーグ江蘇蘇寧への移籍が確実視されて、香港に到着していた。正式に契約を結ぶと思われていたが、江蘇蘇寧との移籍交渉が土壇場で破綻した。理由は「給料の保証」がなかったと明かしている[9][10]

2017年1月、FCスパルタク・モスクワに移籍した[11]

2019年7月30日、SEパルメイラスに移籍した[12]。契約期間は4年間。

2022年2月4日、アンタルヤスポルに完全移籍することが発表された[13]

2023年2月22日、SCインテルナシオナルに移籍した[14]

代表[編集]

2014年10月23日、国際親善試合トルコ代表戦とオーストリア代表戦に出場するA代表に初選出された[15]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ UEFA その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
SCインテルナシオナル 2006 13 1 - 2 1 - 15 2
2007 8 1 - 1 0 - 9 1
通算 21 2 0 0 3 1 0 0 24 3
FCシャフタール・ドネツク 2006-07 5 0 1 0 - - 6 0
2007-08 13 4 5 1 1 0 - 19 5
2008-09 12 4 3 1 14 4 - 29 9
2009-10 23 11 1 0 12 6 - 36 17
2010-11 21 10 5 4 10 4 1 2 37 20
2011-12 23 12 5 1 6 3 1 0 37 16
2012-13 19 7 5 4 7 3 1 1 32 15
2013-14 25 20 5 2 8 3 1 0 39 25
2014-15 21 9 4 3 7 9 1 0 33 21
通算 162 77 34 16 65 32 5 3 268 128
ACミラン 2015-16 26 4 3 2 - - 29 6
2016-17 7 0 0 0 - - 7 0
通算 33 4 3 2 0 0 0 0 36 6
FCスパルタク・モスクワ 2016-17 8 2 0 0 0 0 0 0 8 2
2017-18 25 10 4 1 8 3 1 1 38 15
通算 33 12 4 1 8 3 1 1 46 17
総通算 249 95 41 20 76 36 6 4 374 155

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナル
FCシャフタール・ドネツク
ACミラン
FCスパルタク・モスクワ

代表[編集]

U-17ブラジル代表

脚注[編集]

  1. ^ "No sufoco, Inter derrota Al Ahly e vai à final"
  2. ^ Adriano emmerde le fair-play
  3. ^ [1]
  4. ^ ルイス・アドリアーノが1試合の出場停止に - UEFA.com
  5. ^ L・アドリアーノがメッシに並ぶ1試合5得点 「ハットトリックでもすごいのに…」
  6. ^ シャフタールのL・アドリアーノ、ACL8強のアル・アハリに移籍決定footballchannel 2015年6月26日
  7. ^ 中東移籍発表のL・アドリアーノが入団拒否。伊複数クラブが獲得狙うfootballchannel 2015年6月27日
  8. ^ ミランがFWルイス・アドリアーノ獲得を発表…移籍金は約8億円かsoccerking 2015年7月3日
  9. ^ L・アドリアーノ、中国移籍破談の理由は? 「給料の保証がなかった」Goal.com 2016年1月21日
  10. ^ 中国移籍が目前で破談となったブラジル代表FW「給与が保証されなかった」soccerking 2016年1月21日
  11. ^ ルイス・アドリアーノのスパルタク・モスクワ移籍が完了”. 超ワールドサッカー (2017年1月17日). 2019年10月19日閲覧。
  12. ^ 元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノ、パルメイラスと4年契約締結”. 超ワールドサッカー (2019年7月31日). 2019年10月19日閲覧。
  13. ^ 元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノが欧州復帰! ヌリ・シャヒン率いるアンタルヤスポルに移籍”. 超ワールドサッカー (2022年2月4日). 2023年11月4日閲覧。
  14. ^ 元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノ、16年ぶりにインテルナシオナウ復帰”. 超ワールドサッカー (2023年2月23日). 2023年11月4日閲覧。
  15. ^ T・シウバ復帰も主将はネイマール!4戦連続クリーンシートのブラジルが代表メンバー発表ゲキサカ 2014年10月24日

外部リンク[編集]