カルロス・エドゥアルド・マルケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はエドゥアルド第二姓(父方の)はマルケスです。
カルロス・エドゥアルド Football pictogram.svg
Zenit-Rubin 2015 (1).jpg
名前
本名 カルロス・エドゥアルド・マルケス
Carlos Eduardo Marques
愛称 Cadu
ラテン文字 Carlos Eduardo
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-07-18) 1987年7月18日(31歳)
出身地 アジュリカーバポルトガル語版
身長 171cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 ECヴィトーリア
ポジション MF
背番号 8
利き足 左足
代表歴2
2007  ブラジル U-20 7 (4)
2009-2010 ブラジルの旗 ブラジル 6 (0)
2. 2010年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・エドゥアルド・マルケス(Carlos Eduardo Marques、1987年7月18日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーアトレチコ・ミネイロ所属。

経歴[編集]

2007年にグレミオでプロデビュー。グレミオのユース時代はルーカス・レイヴァとチームメイトだった。2007年のリベルタドーレスでは決勝でボカ・ジュニアーズに負けたものの健闘を見せ、レギュラーだったエドゥアルドはヨーロッパから注目される。

2007年8月、ブンデスリーガ2部に昇格を果たしたTSG1899ホッフェンハイムに2部の最高額となる800万ユーロの移籍金で移籍。2007-08シーズンにはホッフェンハイムの1部昇格に貢献した。2008-09シーズンは、25試合の出場ながら8得点した。

2008年5月のケルン戦で、ロダー・アンタルに報復行為を行い、3試合の出場停止処分。2009年1月のハンブルガーSVとの親善試合でも乱闘騒ぎを起こし、3試合の出場停止処分。2009年4月11日のボーフム戦で、フィリップ・ベーニッヒに肘打ちを食らわせ、退場となり、5試合の出場停止処分、とマネージャーのヤン・シンデルマイサーが怒りのコメントを残すほど、精神面に大きく課題を残す。

2016年4月20日、アトレチコ・ミネイロへ移籍[1]

所属クラブ[編集]

ブラジルの旗 CRフラメンゴ 2013.1-2014 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

グレミオ

脚注[編集]

  1. ^ Fechado: Atlético-MG confirma a contratação do meia Carlos Eduardo”. GloboEsporte.com (2016年4月20日). 2016年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]