ヴラディミール・シュミツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴラディミール・シュミツェル Football pictogram.svg
Vladimir Smicer.jpg
名前
ラテン文字 Vladimír Šmicer
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 (1973-05-24) 1973年5月24日(47歳)
出身地 ジェチーン
身長 180cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (SH), FW (ST)
利き足 右足
代表歴
1993 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 1 (0)
1995-2005 チェコの旗 チェコ[1] 81 (27)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴラディミール・シュミツェル(Vladimír Šmicer, 1973年5月24日- )はチェコジェチーン出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

フランスのランスで頭角を現し、リーグ優勝を経験した。1999年にリヴァプールに加入し、レアル・マドリーへ移籍したスティーブ・マクマナマンに代わり、リヴァプールの7番を背負う。2001/02シーズンにはリヴァプールのFAカップリーグカップUEFAカップの三冠制覇に貢献した。また2004/05シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のACミラン戦では、負傷したハリー・キューウェルにかわって途中出場し、リヴァプールの2点目となるミドルシュートを決めて優勝に貢献した。[2] その試合がリヴァプールでのラストマッチになり、その後はボルドースラヴィア・プラハでそれぞれ2シーズンずつプレーした。

代表経歴[編集]

攻撃的なポジションならどこでもこなせるユーティリティープレーヤーだった。欧州選手権には3度出場し、3度の大会でゴールを決めた数少ない選手の一人である。EURO96ロシア戦で挙げた同点弾は[3]、チェコのグループリーグ突破を決めるゴールとなった。また、EURO2000では、チェコの大会唯一の勝利となるデンマーク戦の全2ゴールを決めた[3]。さらに、EURO2004でも屈指の好勝負となったオランダ戦で終了間際の勝ち越しゴールを挙げており[3]、レギュラーとしてもスーパーサブとしても大きな存在感を発揮してみせた。怪我により2006ドイツW杯は辞退せざるをえなかったが、[4] この大会でのチェコのグループリーグ敗退は、彼の不在も遠因のひとつといえる。2008年のEURO2008

2009年11月9日、体の限界を理由に現役引退を発表し、翌年に引退試合を開催した。[5]引退後はチェコ代表のスポーツマネージャーとなった。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]