エマヌエル・ポガテッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エマヌエル・ポガテッツ Football pictogram.svg
FIFA WC-qualification 2014 - Austria vs. Germany 2012-09-11 - Emanuel Pogatetz 04.JPG
名前
ラテン文字 Emanuel POGATETZ
基本情報
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
生年月日 (1983-01-06) 1983年1月6日(33歳)
出身地 シュタイアーマルク州の旗 シュタイアーマルク州グラーツ
身長 189cm
体重 90kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン
ポジション DF (CB, LSB)
背番号 3
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 オーストリアの旗 ケルンテン 33 (0)
2001-2002 ドイツの旗 レヴァークーゼンII 26 (0)
2002-2005 ドイツの旗 レヴァークーゼン 0 (0)
2002-2003 スイスの旗 アーラウ (loan) 21 (3)
2003-2004 オーストリアの旗 グラーツァー (loan) 53 (2)
2005 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 11 (0)
2005-2010 イングランドの旗 ミドルズブラ 123 (4)
2010-2012 ドイツの旗 ハノーファー 57 (1)
2012-2013 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 8 (0)
2013 イングランドの旗 ウェストハム (loan) 6 (0)
2013-2014 ドイツの旗 ニュルンベルク 23 (1)
2014-2015 アメリカ合衆国の旗 コロンバス・クルー 21 (0)
2016- ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン 0 (0)
代表歴2
オーストリアの旗 オーストリア U-16 22 (1)
オーストリアの旗 オーストリア U-18 5 (2)
オーストリアの旗 オーストリア U-19 3 (1)
オーストリアの旗 オーストリア U-21 11 (1)
2002- オーストリアの旗 オーストリア 61 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月9日現在。
2. 2014年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エマヌエル・ポガテッツEmanuel Pogatetz, 1983年1月6日 - )はオーストリアグラーツ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはディフェンダーブンデスリーガ1.FCウニオン・ベルリンに所属する。

来歴[編集]

クラブ[編集]

オーストリア・ブンデスリーガに属するSKシュトゥルム・グラーツの育成部門出身。しかしトップチームでは活躍できず、17歳でオーストリア2部のFCケルンテンへ移籍。同クラブで急成長を果たし、2001年に21歳の若さでドイツ・ブンデスリーガの強豪・バイエル・レヴァークーゼンに移籍。UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02で準優勝したチームのメンバーでもある。

しかし、レヴァークーゼンでは思ったような活躍は出来ず、スイス・スーパーリーグFCアーラウオーストリア・ブンデスリーガグラーツァーAKロシア・プレミアリーグFCスパルタク・モスクワにレンタルされる。レンタル先ではしっかりとレギュラーとして活躍し、オーストリア・ブンデスリーガ優勝、ロシア・プレミアリーグ準優勝などに貢献した。

2005年7月1日イングランドミドルズブラFCへ守備陣の新リーダーとして5年契約で移籍。センターバックや左サイドバックでプレーし、瞬く間にレギュラーに定着していった。ただし怪我が多く、移籍初年度の2005-06シーズンは怪我で棒に振った。2008年には2007-08シーズンのクラブ最優秀選手に選ばれた。2008-09シーズンも引き続きディフェンスリーダーとして奮闘するも、チームは後半戦に失速。2部降格が決まってしまった。

2010年6月2日ハノーファー96に移籍し、5年ぶりのドイツ復帰。移籍後はディフェンスリーダーとして2年連続でリーグ最多失点を喫していたDFラインの再建に尽力。チームは見事4位に入り、UEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得した。2011-12シーズンも引き続き主軸としてプレーし、ヨーロッパリーグではベスト8に入った。リーグ戦でも7位となり2年連続でヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2012年6月20日に250万ユーロでVfLヴォルフスブルクに移籍。当初はナウドと共にセンターバックのレギュラーだったが、10月25日フェリックス・マガト監督が解任されると、それ以降はシモン・ケアーにレギュラーを奪われていった。

2013年1月28日ウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍し、3年半ぶりにプレミアリーグに復帰[1]

2013年7月3日1.FCニュルンベルクへ移籍[2]

2014年9月8日メジャーリーグサッカーコロンバス・クルーに加入した[3]

2016年1月5日1.FCウニオン・ベルリンに移籍した。

代表[編集]

2006年ヨーゼフ・ヒッケルスベルガー代表監督をメディアを通して痛烈に批判。この批判によって、実力的には申し分なくても長期間に渡って代表チームに招集されていなかった。当時、チェルシーFCを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督がメディアを通してポガテッツを代表に招集しないヒッケルスベルガー監督の判断を「ポガテッツのような毎週プレミアリーグで素晴らしい活躍を見せ、幾度と無く週間ベストイレブンに選ばれている国際レベルのセンターバックを自国の代表に招集しないなんて、よほどオーストリアはワールドクラスのセンターバックに恵まれているんだろうね!」と皮肉っている。2007年になるとヒッケルスベルガー代表監督はポガテッツを再招集することを公言。2008年2月6日ドイツ戦で1年半ぶりの代表復帰を果たした。

所属クラブ[編集]

スイスの旗 FCアーラウ 2002-2003(レンタル移籍
オーストリアの旗 グラーツァーAK 2003-2005(〃)
ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 2005(〃)
イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC 2013(レンタル移籍)

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヴォルフスブルクDFがウェスト・ハムへGoal.com 2013年1月29日
  2. ^ Emanuel Pogatetz: "I'm full of drive" 1.FC Nürnberg 2013年7月3日
  3. ^ Gregg Berhalter confirms Crew to sign Emanuel Pogatetz コロンバス・クルー公式サイト 2014年9月8日