グラニト・ジャカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラニト・ジャカ Football pictogram.svg
Granit Xhaka 2018.jpg
アーセナルFCでのジャカ (2018年)
名前
ラテン文字 Granit Xhaka
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
アルバニアの旗 アルバニア
コソボの旗 コソボ
生年月日 (1992-09-27) 1992年9月27日(29歳)
出身地 バーゼル[1]
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション MF / DF
背番号 34
利き足 左足
ユース
2000-2002 スイスの旗 FCコンコルディア・バーゼル
2002-2010 スイスの旗 FCバーゼル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2012 スイスの旗 FCバーゼル 44 (2)
2012-2016 ドイツの旗 ボルシアMG 108 (6)
2016- イングランドの旗 アーセナルFC 161 (9)
代表歴2
2008-2010  スイス U-17 14 (0)
2009-2010  スイス U-18 14 (3)
2010-2011  スイス U-19 10 (3)
2010-2011  スイス U-21 5 (0)
2011- スイスの旗 スイス 97 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月23日現在。
2. 2021年6月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

グラニト・ジャカGranit Xhaka , 1992年9月27日 - )は、スイスバーゼル出身[1]サッカー選手プレミアリーグアーセナルFC所属。スイス代表。ポジションはMFDF

両親はコソボより移民してきたアルバニア人である。バーゼル時代のチームメイトでアルバニア代表タウラント・ジャカは実兄。

経歴[編集]

2000年にスイスのFCコンコルディア・バーゼルのユースチームでキャリアをスタートさせた。2002年、兄タウラントと共にFCバーゼルに移籍した。2010年にトップチーム昇格し、UEFAチャンピオンズリーグ予選のデブレツェニVSC戦でプロデビュー。同時にプロ初ゴールも記録した。2011年5月15日、FCトゥーン戦で初得点を挙げた。

2012年5月18日、ドイツ・ブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハに5年契約で移籍[2]

2016年5月、アーセナルFCへ5年契約での加入が決定[3]。背番号は29番である。9月17日のハル・シティAFC戦でロングシュートを決め、アーセナルでの初ゴールを記録した[4]アーセン・ヴェンゲル監督の下では主力として活躍するも、細かいミスが散見され、失点に直結するミスも多かったため批判を浴びた[要出典]

2018-19シーズンにウナイ・エメリが監督に就任すると2枚のボランチの一角として出場機会を得た。

2019-20シーズンはローラン・コシールニーの退団に伴いアーセナルの暫定的なキャプテンになった。2019年9月27日、選手間の投票により今季すでに6回ゲームキャプテンを務めたジャカを正式にキャプテンに任命したことをエメリ監督が明かした[5]。10月27日のクリスタル・パレスFC戦で交代時にサポーターからブーイングを浴びると耳に手を当てて挑発しキャプテンマークを叩きつけてユニフォームを脱ぎサポーターに向かって暴言を吐きながらスタジアム内に引き上げてしまった。10月31日、この行動は以前からSNS上でジャカ本人のみならず妊娠中の妻や子供に対してまでサポーターから心無い罵詈雑言が浴びせられていたことへのフラストレーションが引き金となったことをジャカはSNSで説明し謝罪した[6]。11月5日、この行動を問題視したエメリはジャカからキャプテンの座を剥奪してピエール=エメリク・オーバメヤンを新キャプテンとすることを明かした[7]退団の噂が絶えなかったが、この年の終わりに就任したミケル・アルテタ監督の説得によりクラブに留まることを決意。ダニ・セバージョスとともに中盤の一角を担い、クラブの14回目のFAカップ優勝に大いに貢献した。[要出典]

2020-21シーズン、2020年12月13日のプレミアリーグバーンリーFC戦で相手選手との交錯から小競り合いに発展し相手選手の喉元を押してしまい、前節のニコラ・ペペに引き続きレッドカードを受け退場した[8]

2020-21シーズン終了後、ASローマの新監督ジョゼ・モウリーニョが獲得を熱望していると複数のメディアで報道されASローマへの移籍報道が過熱した[9][10][11]。その渦中でEURO2020に参加中であったジャカはローマ行きを匂わす発言をいくつかした。フランス戦前の会見では「アーセナルは私がどうしたいか知っている。ここ(ローマ)はとても美しい」と発言[12]。また、フランス戦の後のインタビューにおいてイタリア語でインタビューを行うことについて尋ねられると「まだです。新しい言語を学ぶことは常に興味深い」と答えた[13]。しかし、移籍は中々決まらず休暇明け後プレシーズン中にアーセナルに合流しそのまま2021-22シーズン開幕後もアーセナルの試合に出場した。8月23日、公式発表前でありながら公式インタビューにおいてアーセナルと契約延長したことを明かした[14]。移籍市場閉幕後、ローマのGMであるチアゴ・ピントは噂通りローマがジャカ獲得に動いており本人も来たがっていたがアーセナルが移籍を許可しなかったことを明かし獲得失敗を後悔していると発言した[15]。同年8月28日、プレミアリーグのマンチェスター・シティFC戦においてジョアン・カンセロに対して両足での足裏タックルを行いレッドカードによる一発退場処分となった[16]。9月26日、退場による出場停止処分後、初の試合となるノース・ロンドン・ダービーにおいて接触により転倒したルーカス・モウラがジャカの右足の上に落下し右膝の内側側副靱帯を損傷する重傷を負った[17]。当初は2022年1月初旬にフルトレーニング復帰を予定としていたが[18]大幅に回復状況が早まり、12月6日のプレミアリーグのエヴァートンFC戦で先発フル出場し実戦復帰した[19]。2022年1月9日、FA杯ノッティンガム・フォレスト戦前の新型コロナ検査で9月に続き自身2度目の陽性判定となった[20]。同年1月13日、カラバオ杯リヴァプール戦においてロングボールを受けようとペナルティエリア前まで抜け出したディオゴ・ジョッタに並走する形でカバーに入るもクリアしようとした足がボールには当たらずにジョッタの腹部を蹴り上げて倒してしまい前半24分に21-22シーズン2度目となる一発退場処分となった[21]

代表歴[編集]

スイス代表でのジャカ(2018年)

スイス代表として世代別代表に選出され、2009 FIFA U-17ワールドカップでは優勝に貢献。UEFA U-21欧州選手権2011にも出場した。

2011年6月4日、イングランド戦でスイス代表デビューを果たした。同年11月15日のルクセンブルクとの親善試合で代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。

2014 FIFAワールドカップグループリーグF、フランス戦でゴールを決めた。

UEFA EURO 2016では、初戦で兄のタウラント擁するアルバニアとぶつかり、EURO史上初となる兄弟同士での試合が実現。試合はスイスの勝利に終わり、グラニトはMOMに選出された[22]

2018 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグ第2節のセルビア戦でゴールを挙げたが、その際アルバニア国旗の「双頭の鷲」をイメージさせるパフォーマンスが政治的メッセージにあたるとされ、同じパフォーマンスをしたシャチリと共にFIFAから罰金処分を下された[23]

2020年9月、それまでキャプテンだったリヒトシュタイナーが現役引退したためジャカがスイス代表の新キャプテンに就任した[24]。2021年5月31日、EURO2020に向けたスイス代表メンバーに招集された[25]。EURO2020では、グループステージ3戦及びラウンド16のフランス代表戦の4試合にキャプテンとして先発フル出場しスイス代表史上初のEUROベスト8進出に大きく貢献した。特に、優勝候補筆頭であったフランス[26]相手に3-3のスコアでPK戦の末に大金星を上げた試合[27]では、ビハインドのまま後半ロスタイムに突入し敗退間近のなか値千金の同点弾をアシストする大活躍をしてその試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された[28][29]。フランス戦で2枚目のイエローカードを受け規定により次戦のスペイン代表戦を出場停止となった[30]。ジャカを欠いたスペイン代表戦でスイス代表はPK戦の末にベスト8で敗退した[31]

2021年9月1日、代表合流後に新型コロナウイルス検査で陽性反応を示し親善試合のギリシャ代表戦を欠場した[32]。スイスサッカー協会は、代表選手にワクチン接種を推奨していたがジャカはワクチン非接種であったことを明かした[33]

プレースタイル[編集]

広い視野を生かしたパスでチームにリズムを与え、攻撃を中盤から支えるミッドフィールダー[34]。フィジカルの強さを生かしたタックルも持ち味の一つであるが、早い時間帯でイエローカードを貰うことも少なくない[3]

エピソード[編集]

2021年9月の代表戦前に新型コロナウイルス陽性者になったがワクチン非接種であったことが判明したジャカに対して直前の移籍市場で獲得を熱望していたと報道されていたモウリーニョがSNS上でワクチン接種を促すメッセージを送りこれに対して感謝のメッセージを返した[35]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2019/06/15現在
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バーゼル 2010–11 スーパーリーグ 19 1 2 0 0 0 5 1 0 0 26 2
2011–12 23 0 4 0 0 0 8 0 0 0 35 0
通算 42 1 6 0 0 0 13 1 0 0 61 2
ボルシアMG 2012–13 ブンデスリーガ 22 1 2 0 0 0 9 0 0 0 33 1
2013–14 28 0 1 0 0 0 0 0 0 0 29 0
2014–15 30 2 3 0 0 0 9 3 0 0 42 5
2015–16 28 3 3 0 0 0 5 0 0 0 36 3
通算 108 6 9 0 0 0 23 3 0 0 140 9
アーセナル 2016–17 プレミアリーグ 32 2 5 0 2 1 7 1 0 0 46 4
2017–18 38 1 0 0 3 1 6 1 1 0 48 3
2018–19 29 4 1 0 1 0 9 0 0 0 40 4
2019-20 31 1 6 0 0 0 4 0 0 0 41 1
2020-21 31 1 2 0 1 0 10 0 1 0 45 1
通算 161 9 14 0 7 2 36 2 2 0 220 13
総通算 311 16 29 0 7 2 72 6 2 0 421 24

代表[編集]


スイス代表国際Aマッチ
出場得点
2011 6 1
2012 9 2
2013 8 1
2014 10 1
2015 6 1
2016 11 0
2017 9 2
2018 13 2
2019 10 2
2020 7 0
2021 9 0
通算 98 12

代表での得点[編集]

# 開催日 会場 対戦国 スコア 結果 大会
1. 2011年11月15日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク市  ルクセンブルク 0-1 0-1 親善試合
2. 2012年8月15日 クロアチアの旗 スプリト  クロアチア 0-1 2–4
3. 2012年9月7日 スロベニアの旗 リュブリャナ  スロベニア 0-1 0-2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
4. 2013年10月15日 スイスの旗 ベルン 1–0 1-0
5. 2014年6月20日 ブラジルの旗 サルヴァドール  フランス 2-5 2-5 2014 FIFAワールドカップ
6. 2015年3月27日 スイスの旗 ルツェルン  エストニア 2-0 3-0 UEFA EURO 2016予選
7. 2017年6月9日 フェロー諸島の旗 トースハウン  フェロー諸島 0-1 0-2 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 2017年10月7日 スイスの旗 バーゼル  ハンガリー 1-0 5-2
9. 2018年3月27日 スイスの旗 ルツェルン  パナマ 2-0 6-0 親善試合
10. 2018年6月22日 ロシアの旗 カリーニングラード  セルビア 1–1 2–1 2018 FIFAワールドカップ・グループE
11. 2019年3月26日 スイスの旗 バーゼル  デンマーク 2–0 3–3 UEFA EURO 2020予選
12. 2019年11月18日 ジブラルタルの旗 ジブラルタル  ジブラルタル 6–1 6–1


タイトル[編集]

クラブ[編集]

バーゼル
アーセナル

代表[編集]

U-17スイス代表

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ジャカ兄弟の出身地についてはコソボ・メトヒヤ自治州
    ジラン郡ジラニ出身という説もあるが、グラニト・ジャカ自身が"Im Internet in der Wikipedia steht, dass ich in Gjilan geboren sei, doch das ist ein Fehler, von dem ich nicht weiss, wie er entstand."(インターネットやウィキペディアだと私がジラニ出身との記述があるけれど間違ってるよ。なぜ生じたのかは知らないけど)とインタビューで否定している。英語版を始め、ドイツ語版、アルバニア語版などはこの発言に従って出身地をバーゼルとしている。
  2. ^ ボルシアMG、スイス代表MF獲得を発表 - Goal.com 2012年5月19日
  3. ^ a b グラニト・ジャカとは? - UEFA.com 2016年5月23日
  4. ^ Hull City 1-4 Arsenal”. BBC Sport (2016年9月17日). 2016年9月17日閲覧。
  5. ^ “Emery - Why Xhaka has been named club captain”. (2019年9月27日). https://www.arsenal.com/news/emery-why-xhaka-has-been-named-club-captain 2019年12月26日閲覧。 
  6. ^ “ジャカがSNSで悲痛な告白…心無いメッセージが問題行動の要因”. (2019年11月1日). https://news.livedoor.com/article/detail/17317958/ 2019年12月27日閲覧。 
  7. ^ “Aubameyang confirmed as club captain”. (2019年11月5日). https://www.arsenal.com/news/aubameyang-confirmed-club-captain 2019年12月27日閲覧。 
  8. ^ “Arsenal 0-1 Burnley: Aubameyang own goal, Xhaka sent off. - BBC Sport”. (2020年12月13日). https://www.bbc.com/sport/football/55204250 2020年12月22日閲覧。 
  9. ^ “Arsenal transfer news: Roma in talks to sign Granit Xhaka, according to Sky in Italy”. (2021年5月28日). https://www.skysports.com/football/news/11861/12318482/arsenal-transfer-news-roma-in-talks-to-sign-granit-xhaka-according-to-sky-in-italy 2021年8月25日閲覧。 
  10. ^ “Granit Xhaka Agrees Five Year Deal With Roma”. (2021年6月10日). https://independent.ng/granit-xhaka-agrees-five-year-deal-with-roma/ 2021年8月25日閲覧。 
  11. ^ “From Arsenal villain to Switzerland hero: Reborn Xhaka showing why Mourinho wants him as Roma's leader”. (2021年6月30日). https://www.goal.com/en/news/arsenal-villain-switzerland-hero-xhaka-showing-mourinho-roma/9uqemjbslm42170484lm8pgjc 2021年8月25日閲覧。 
  12. ^ “ジャカ、やはりローマ行きで決まりか…フランス戦前に移籍匂わす発言”. (2021年6月28日). https://news.yahoo.co.jp/articles/4b7de620b8fac96387aefe655c4487b8f7fdbcf0 2021年8月25日閲覧。 
  13. ^ “'It is always interesting to learn a new language' - Xhaka drops another Arsenal exit hint after star showing for Switzerland”. (2021年6月29日). https://www.goal.com/en-kw/news/it-is-always-interesting-to-learn-a-new-language-xhaka-drops/8q6bz9kxdscw1sz48zjehtont 2021年8月25日閲覧。 
  14. ^ “Xhaka - We have to believe in each other”. (2021年8月23日). https://www.arsenal.com/news/xhaka-we-have-believe-each-other 2021年8月25日閲覧。 
  15. ^ “「ジャカはローマに来たがっていた」ローマSDがアーセナルに阻止された移籍を後悔”. (2021年9月3日). https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/roma-granit-xhaka-202109022330/1ustlkf3jqiqs19f7img60hce4 2021年9月5日閲覧。 
  16. ^ “Man City v Arsenal, 2021/22”. (2021年8月28日). https://www.premierleague.com/match/66366 2021年9月2日閲覧。 
  17. ^ “Team news: An update on Granit Xhaka”. (2021年9月29日). https://www.arsenal.com/news/team-news-update-granit-xhaka 2021年10月1日閲覧。 
  18. ^ “Team news: The latest on Granit Xhaka”. (2021年10月18日). https://www.arsenal.com/news/team-news-latest-granit-xhaka 2021年12月8日閲覧。 
  19. ^ “Everton 2-1 Arsenal: Demarai Gray stoppage-time goal earns victory for Rafael Benitez's men”. (2021年12月6日). https://www.bbc.com/sport/football/59455893 2021年12月8日閲覧。 
  20. ^ “Arsenal: Xhaka and Balogun test positive for Covid-19 as Smith Rowe and Tomiyasu injured for Nottingham Forest”. (2022年1月9日). https://www.standard.co.uk/sport/football/arsenal-covid-xhaka-balogun-smith-rowe-tomiyasu-injuries-b975729.html 2022年1月14日閲覧。 
  21. ^ “Liverpool 0-0 Arsenal: Hosts frustrated by 10-man Gunners in their Carabao Cup semi-final first leg”. (2022年1月13日). https://www.bbc.com/sport/football/59889970 2022年1月14日閲覧。 
  22. ^ スイス、10人のアルバニアを下す - UEFA.com 2016年7月16日
  23. ^ “大惨事”回避…スイスのシャキリら3選手は罰金処分のみ”. ゲキサカ (2018年6月26日). 2018年6月27日閲覧。
  24. ^ Granit Xhaka: Arsenal midfielder appointed Switzerland captain” (2020年9月3日). 2020年9月7日閲覧。
  25. ^ Das Kader des Schweizer Nationalteams für die UEFA EURO ist bekannt” (2021年5月31日). 2021年6月3日閲覧。
  26. ^ 優勝チームや得点王、勝ち抜け予想…EURO2020の様々なオッズを紹介” (2021年6月10日). 2021年7月9日閲覧。
  27. ^ France 3-3 Switzerland (4-5 pens): Swiss win on penalties after Euro 2020 classic” (2021年6月28日). 2021年7月9日閲覧。
  28. ^ Every EURO 2020 Star of the Match” (2021年7月8日). 2021年7月9日閲覧。
  29. ^ スイスを歴史的勝利へと導いた主将のジャカ「本当に誇りに思っているよ」” (2021年6月29日). 2021年7月9日閲覧。
  30. ^ 「僕らは今、夢を見ている」ジャイキリ立役者のスイス主将MFジャカ、準々決勝は出場できず” (2021年6月29日). 2021年7月9日閲覧。
  31. ^ Switzerland 1-1 Spain: Spain beat Switzerland on penalties to reach Euros semis” (2021年7月2日). 2021年7月9日閲覧。
  32. ^ Männer-A-Nationalteam: Granit Xhaka positiv auf Covid getestet” (2021年9月1日). 2021年9月2日閲覧。
  33. ^ Granit Xhaka decided against vaccine before positive Covid test, says Swiss FA” (2021年9月2日). 2021年9月5日閲覧。
  34. ^ 「若き司令塔」ジャカはアーセナルのスタイルに適合できるか? - サッカーダイジェストWeb 2016年07月20日
  35. ^ コロナ陽性のジャカ、モウリーニョとのやり取りに英紙注目 「ワクチン接種を促した」” (2021年9月4日). 2021年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]