ダビド・オスピナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオスピナ第二姓(母方の)はラミレスです。
ダビド・オスピナ Football pictogram.svg
David Ospina, 2015-05-31.JPG
アーセナルでFA杯優勝時のダビド・オスピナ (2015年)
名前
本名 ダビド・オスピナ・ラミレス
David Ospina Ramírez
ラテン文字 David OSPINA
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1988-08-31) 1988年8月31日(29歳)
出身地 メデジン
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナルFC
ポジション GK
背番号 13
利き足 右足
ユース
コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル 97 (0)
2008-2014 フランスの旗 ニース 189 (0)
2014- イングランドの旗 アーセナル 22 (0)
代表歴2
2006-2007 コロンビアの旗 コロンビア U-20 12 (0)
2007- コロンビアの旗 コロンビア 71 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月30日現在。
2. 2016年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダビド・オスピナDavid Ospina1988年8月31日 - )は、コロンビアアンティオキア県メデジン出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグアーセナルFCに所属し、コロンビア代表にも選出されている。ポジションはゴールキーパー。妹はハメス・ロドリゲスの妻である。

経歴[編集]

クラブ[編集]

母国コロンビアのアトレティコ・ナシオナルでキャリアをスタートし、3年間プレーした後、オリンピック・リヨンに移籍したウーゴ・ロリスの後釜として2008年夏にOGCニースに移籍。当初はリオネル・レティジの控えであったが、すぐに定位置を奪取。ロリスの穴を感じさせないプレーを披露した。2014年3月7日に行われたマルセイユ戦から怪我のためか右足が使えず、長い間全てのキックを左足で行っていた。

2014年ワールドカップでの活躍から評価を高め、アーセナルへ移籍した[1][2]

代表[編集]

2005 FIFAワールドユース選手権にメンバー入りし同年にフル代表デビューを果たした。コパ・アメリカ2011では代表合宿初日に負傷しメンバーから外れた。

2014 FIFAワールドカップ・南米予選では当初から正ゴールキーパーとして出場し、特に2013年6月に行われたアルゼンチン代表との一戦では活躍を見せた。オスピナはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ[3]、試合終了後には自軍の監督であるホセ・ペケルマンのみならず、対戦相手のアレハンドロ・サベージャ監督からも称えられた[4][5]。予選終了時には予選出場各国のゴールキーパーのうち最少失点を記録した。

タイトル[編集]

アトレティコ・ナシオナル
アーセナルFC

脚注[編集]

  1. ^ “ダビド・オスピナ”. Qoly Football web magazine × サッカー選手名鑑サイト コリサカ (仮). http://qoly.jp/player/profile/6933-880831 
  2. ^ アーセナル、オスピナ獲得を発表
  3. ^ David Ospina, el jugador del partido en el Monumental” (es). カラコル・ラジオ (2013年6月7日). 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月7日閲覧。
  4. ^ Pekerman destaca a Ospina” (es). FIFA.com (2013年6月8日). 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月7日閲覧。
  5. ^ Sabella: "Merecimos la victoria"” (es). FIFA.com (2013年6月8日). 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]