アルベルト・ゴリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴリス第二姓(母方の)はエチャルテです。
アルベルト・ゴリス Football pictogram.svg
Alberto Gorriz.jpg
名前
本名 Alberto Górriz Echarte
ラテン文字 Alberto Górriz
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1958-02-16) 1958年2月16日(59歳)
出身地 ギプスコア県イルン
身長 182cm
選手情報
ポジション DF
ユース
サン・マルシアル
レアル・ソシエダ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1979 サン・セバスティアン 43 (2)
1979-1993 レアル・ソシエダ 461 (14)
代表歴
1988-1990 スペインの旗 スペイン 12 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルベルト・ゴリススペイン語: Alberto Górriz, 1958年2月16日 - )は、スペインイルン出身のサッカー選手。ポジションは主にセンターバック

ヘディングの強さが武器であり、たびたびセットプレーから得点を挙げた。レアル・ソシエダ一筋であり、約600試合に出場して4個のタイトルを獲得した。スペイン代表としてはイタリアワールドカップに出場した。

経歴[編集]

バスク地方ギプスコア県イルンに生まれた。レアル・ソシエダの下部組織出身であり、1979年4月8日のラージョ・バジェカーノ戦でデビューした[1]。3シーズン目の1980-81シーズンにはプリメーラ・ディビシオンで優勝し、1981-82シーズンにはリーグ連覇を達成。1982年にはスーペルコパ・デ・エスパーニャで優勝し、1986-87シーズンにはコパ・デル・レイでも優勝している。やはりレアル・ソシエダ一筋だったアグスティン・ガハテ英語版とセンターバックのパートナーを組んでいる。1992-93シーズン終了後に引退した。プリメーラ・ディビシオンでは461試合に出場し、公式戦通算ではクラブ最多の599試合に出場している。ゴリスの引退と同時にエスタディオ・デ・アトーチャ英語版も閉場し、翌シーズンにはエスタディオ・アノエタに移転した。

すでに30歳を迎えていた1988年11月16日、セビリアで開催されたイタリアワールドカップ・予選アイルランド共和国戦でスペイン代表デビューした[2]イタリアワールドカップ本大会にも出場し、ベルギー戦ではミチェルが蹴ったフリーキックに頭で合わせて得点した[3]。スペイン代表としては12試合に出場している。

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 0–4: La Real, orejas, rabo y salida a hombros” (Spanish). ムンド・デポルティーボ (1979年4月9日). 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ Italia... ¡Allá vamos!” (Spanish). ムンド・デポルティーボ (1988年11月17日). 2014年6月2日閲覧。
  3. ^ ¡España, campeona de grupo!” (Spanish). ムンド・デポルティーボ (1990年6月22日). 2014年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]