ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト Football pictogram.svg
Gio 2012.jpg
2012年のファン・ブロンクホルスト
名前
本名 ジョヴァンニ・クリスティアン・ファン・ブロンクホルスト
Giovanni Christian van Bronckhorst[1]
愛称 Gio(ジオ)
ラテン文字 Giovanni van Bronckhorst
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1975-02-05) 1975年2月5日(42歳)
出身地 ロッテルダム
身長 178cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 左足
ユース
1981-1982 オランダの旗 LMOロッテルダム
1982-1993 オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1998 オランダの旗 フェイエノールト 103 (22)
1993-1994 オランダの旗 RKC (loan) 12 (2)
1998-2001 スコットランドの旗 レンジャーズ 73 (13)
2001-2004 イングランドの旗 アーセナル 42 (2)
2003-2004 スペインの旗 バルセロナ (loan) 34 (1)
2004-2007 スペインの旗 バルセロナ 71 (4)
2007-2010 オランダの旗 フェイエノールト 88 (8)
代表歴
1996-2010 オランダの旗 オランダ 106 (6)
監督歴
2010-2011 オランダの旗 オランダ U-21 (アシスタントコーチ)
2011-2015 オランダの旗 フェイエノールト (アシスタントコーチ)
2015- オランダの旗 フェイエノールト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストGiovanni Christiaan van Bronckhorst, 1975年2月5日 - )は、オランダ南ホラント州ロッテルダム出身の元サッカー選手。現サッカー指導者。2008年より2010年までオランダ代表キャプテンを務めた。ポジションはDF(左サイドバック)、MF(センターハーフ)。母親からインドネシアモルッカ諸島の民族の血を引く。現フェイエノールト監督。

概要[編集]

フェイエノールトの下部組織で育ち、1994年にトップチームデビューした。1998年に移籍したスコットランドのレンジャーズFCではスコティッシュ・プレミアリーグ優勝2度、スコティッシュ・カップ優勝2度など数々のタイトルを獲得し、2001年にイングランドのアーセナルFCに移籍した。2003年からはスペインのFCバルセロナでプレーし、2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝するなどキャリア最高の活躍を見せた。2007年に古巣フェイエノールトに戻り、2010年までプレーした。

1996年にオランダ代表デビューし、3度のFIFAワールドカップ (1998, 2006, 2010) と3度のUEFA欧州選手権 (2000, 2004, 2008) に出場した。2010 FIFAワールドカップではキャプテンを務め、大会終了後に選手生活に終わりを告げた。

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

フェイエノールトでのファン・ブロンクホルスト

初期の経歴[編集]

父親はインドネシア系オランダ人であり、母親はインドネシアのモルッカ諸島出身である[2]。6歳の時に地元ロッテルダムのLinker Maas Oeverというクラブでサッカーを始め、その翌年にはフェイエノールトの下部組織に入団した[2]。1990年、15歳の時にプロ契約を結び[2]、トップチームでは居場所を見つけるのに苦しんだが、1991年にはユースリーグで全国優勝を果たした[3]

1993年にはRKCヴァールヴァイクにレンタル移籍してエールディヴィジデビューした。1994年夏にフェイエノールトに復帰したが、脇役の一人にすぎず、1994-95シーズンは10試合の出場にとどまった[3]。1995-96シーズンには飛躍的な成長を遂げてほとんどの試合に出場し、憧れの存在であったFWレジ・ブリンカー (Regi Blinker) やFWヘンリク・ラーションと一緒にプレーした[3]。フェイエノールト在籍時にはPSVアヤックスの2クラブがリーグ優勝を独占し、フェイエノールトは2強の牙城を崩せなかった。ラーションなどの主力選手がチームを離れ、ファン・ブロンクホルストも新天地を求めた[4]

レンジャーズFC[編集]

1998年夏、U-16オランダ代表やU-18オランダ代表で指導を受けたディック・アドフォカート監督が新監督に就任したばかりのスコティッシュ・プレミアリーグレンジャーズに移籍した[4]。移籍金は550万ポンド。1997年にはライバルのセルティックにフェイエノールトからラーションが加入しており、ラーションの存在がスコットランド移籍の決定打になったと語っている[4]。フェイエノールト時代のチームメイトであるブリンカーやFWボビー・ペッタ (Bobby Petta) もまたセルティックに加入していた[4]UEFAカップシェルボーンFC戦で公式戦デビューし、その試合で派手なゴールを突き刺すと、レンジャーズは0-3の劣勢から5-3の大逆転勝利を収めた。移籍初年度の1998-99シーズンと1999-2000シーズンにリーグ戦を連覇し、さらにスコティッシュ・カップで2度、スコティッシュ・リーグカップで1度の優勝を飾っている。レンジャーズでは技術と判断力に優れたプレーメーカーとしてプレーし、計22得点(国内リーグで13点、国内カップで3点、国内リーグカップで1点、UEFAチャンピオンズリーグで3点)を挙げている。

アーセナルFC[編集]

2001年夏、プレミアリーグアーセナルに移籍した。移籍金は850万ポンド。アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は移籍したMFエマニュエル・プティの代役を探しており、センターハーフでMFパトリック・ヴィエラとコンビを組むことが期待された[5]。しかし、移籍してすぐに膝十字靭帯を負傷して長期離脱した。負傷から復帰すると彼の役割はますます減少し、ヴィエラやMFエドゥの控えという立場になった。FCバルセロナへのレンタル移籍の少し前にはMFジウベウト・シウヴァとの競争にも巻き込まれた。2001-02シーズンと2002-03シーズンにはFAカップで優勝したが、どちらの決勝にも出場していない。2001-02シーズンにはプレミアリーグで優勝した。アーセナルでの最後の出場機会は2003年夏のFAコミュニティ・シールドであり、この試合に途中出場したが、PK戦でキックをミスしている[6]。アーセナルでは2002年1月のレスター・シティFC[7]と2003年1月のチェルシー[8]の2試合でリーグ戦の得点を挙げている。

FCバルセロナ[編集]

2003年夏、完全移籍も視野に入れたレンタル移籍でリーガ・エスパニョーラFCバルセロナと契約合意した[9]。左サイドバックのポジションに順応すると、2003-04シーズン後半戦の巻き返しに貢献し、2004年5月にはFCバルセロナと3年契約を結んで完全移籍を果たした[10]。FCバルセロナからアーセナルには移籍金200万ユーロが支払われている。2004-05シーズンは4得点を挙げてキャリア最高といえる活躍を見せてリーグ優勝。2005-06シーズンもリーグタイトル防衛を果たし、UEFAチャンピオンズリーグではチーム唯一の全試合出場選手として優勝に貢献した。アーセナルではユニフォームの背面にブロンクホルスト(Bronckhorst)という文字が刻まれたが、FCバルセロナではジオ (Gio) が使われた。

フェイエノールト復帰[編集]

2007年8月21日、FCバルセロナとの契約満了に伴い、古巣のフェイエノールトに移籍した。ベルト・ファン・マルワイク監督は初年度の2007-08シーズンからファン・ブロンクホルストをキャプテンに指名した。キャプテンとしてチームをKNVBカップ優勝に導いた[11]

代表経歴[編集]

キャプテンを務めるファン・ブロンクホルスト

1996年にはアトランタオリンピックに向けたオランダ代表の一員としてヨーロッパ予選を戦ったが、本大会出場権は逃した[3]。同年8月、フース・ヒディンク監督によってオランダA代表に招集され、8月31日のブラジルとの親善試合に先発出場してデビューした[4]。1998年にはフランスで開催された1998 FIFAワールドカップの出場メンバーに選ばれたが、本大会では出場機会がなかった[4]。2000年のUEFA EURO 2000ではDFアーサー・ニューマンが左サイドバックのレギュラーを務めたため、ファン・ブロンクホルストの出場機会は限られた。

UEFA EURO 2004[編集]

2004年にはディック・アドフォカート監督によってUEFA EURO 2004の出場メンバーに選ばれ、準決勝に進出したが、準決勝でホスト国のポルトガルに敗れた。

2006 FIFAワールドカップ[編集]

2006 FIFAワールドカップ本大会グループリーグではレギュラーだったが、決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦でレッドカードを提示された。この試合では計4枚ものレッドカードが乱発され、FIFAワールドカップの1試合最多退場記録を更新している。退場後にはスタンドに上がり、同じく退場処分を受けたMFデコの隣で試合を観戦した。ポルトガル代表のデコとは敵同士だったが、FCバルセロナでチームメイトであった。

UEFA EURO 2008[編集]

2007年3月28日、UEFA EURO 2008予選スロベニア戦 (1-0) で決勝点を挙げた[12]UEFA EURO 2008本大会のメンバーにも選ばれ、グループリーグのイタリア戦 (3-0) では、まず自陣ゴール前で相手のシュートをクリアした後に左サイドを駆け上がり、ディルク・カイトに上げたアーリークロスからMFヴェスレイ・スナイデルがボレーシュートを叩きこんだ。その後、自ら駄目押しの3点目を決め、強豪相手の快勝に大きく貢献した。大会開幕に先立ってキャプテンのエドウィン・ファン・デル・サールが大会後の代表引退の意思を表明しており、彼にとっては準々決勝のロシア戦 (1-3) が代表での最終戦となった。ファン・デル・サールの後継者にはファン・ブロンクホルストが選ばれた[13]

2010 FIFAワールドカップ[編集]

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではキャプテンを務め、2010 FIFAワールドカップ本大会のメンバーにも順当に選出された[14][15]。左サイドバックのレギュラーを務め、グループリーグ初戦のデンマーク戦で代表通算100試合出場を達成した。準決勝のウルグアイ戦 (3-2) では、41mの距離から強烈なロングミドルシュートでゴールを射抜き、このゴールは同大会最高のゴールのひとつに数えられている[16][17]。早くから大会後の現役引退を表明しており、決勝のスペイン戦がプロ選手としてのファイナルマッチとなった[18]。この試合にも先発出場したが、90分を終えて0-0で延長戦にもつれ込み、105分にDFエドソン・ブラーフハイトと交代した。116分に相手MFアンドレス・イニエスタの決勝点が決まって試合に敗れたが、準優勝という功績に誇りを持っていると語った[19]

指導者経歴[編集]

2011-12シーズンからはフェイエノールトでジャン・パウル・ファン・ハステルと共に監督 ロナルド・クーマンのアシスタントを務め、2012-13シーズンにはリザーブチームの監督も兼任、KNVBのコーチ・ライセンス取得コースを修了した。2014-15シーズンはフレット・ルッテンのアシスタントを務め、3月23日に翌シーズンから2年契約でフェイエノールトの監督に就任することが決定した[20][21]が、5月17日のエールディヴィジ最終節でフェイエノールトがPEC ズヴォレとのアウエーゲームに敗れ(0-3)、POという結果を受けてルッテンが解任されたことで、前倒しで監督に就任した[22]。 2015-16シーズンは監督としてKNBAカップ優勝に導いた。 2016-17シーズンはクラブに18年ぶりのリーグ優勝をもたらした。

人物[編集]

既婚者であり、妻との間にふたりの息子がいる。見た目とは裏腹に陽気な性格で、ベンチに座っている時は頻繁に周りのチームメイトへちょっかいを出している。親友のヘンリク・ラーションとは家族ぐるみの付き合いをしている。

所属クラブ[編集]

オランダの旗 RKCヴァールヴァイク (Loan) 1993-1994
スペインの旗 FCバルセロナ (Loan) 2003-2004

個人成績[編集]

シーズン クラブ リーグ カップ リーグカップ 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1993-94 RKCヴァールヴァイク 12 2 12 2
1994-95 フェイエノールト 10 1 10 1
1995-96 27 9 1 0 7 0 35 9
1996-97 34 4 1 1 6 0 41 5
1997-98 32 8 8 2 40 10
1998-99 レンジャーズ 35 7 5 1 4 0 9 2 53 10
1999-2000 27 4 5 2 1 0 12 0 45 6
2000-01 11 2 1 1 7 3 19 6
2001-02 アーセナル 21 1 2 0 3 0 7 0 33 1
2002-03 20 1 5 0 1 0 4 0 30 1
2003-04 0 0 0 0 0 0 0 0 1* 0
2003-04 (loan) バルセロナ 34 1 5 0 4 0 43 1
2004-05 29 4 1 0 8 0 38 4
2005-06 19 0 4 1 13 0 36 1
2006-07 23 0 6 1 1 0 6 0 36 1
2007-08 フェイエノールト 32 7 6 0 38 7
2008-09 27 1 5 0 1 0 5 1 38 2
2009-10 29 0 4 2 33 2
オランダ 203 32 16 3 2 0 26 3 247 38
スコットランド 73 13 10 3 6 1 28 5 117 22
イングランド 41 2 7 0 4 0 11 0 64 2
スペイン 105 5 16 2 1 0 31 0 153 7
通算 422 52 49 8 13 1 96 8 581 69

タイトル[編集]

ファン・ブロンクホルスト(中央手前)、ハイティンハ、ブラールズ、コクー

選手時代[編集]

レンジャーズFC

アーセナルFC

FCバルセロナ

フェイエノールト

代表[編集]

オランダ代表

個人[編集]

  • Knight of the Order of Orange-Nassau : 2010

主導者として[編集]

  • フェイエノールト
エールディヴィジ : 2016-17
KNVBカップ : 2015-16

個人成績[編集]

代表での年別出場試合数[編集]

[23]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1996 3 0
1997 4 1
1998 1 0
1999 6 0
2000 7 1
2001 4 0
2002 1 0
2003 6 1
2004 13 0
2005 9 0
2006 9 0
2007 10 1
2008 14 1
2009 9 0
2010 10 1
通算 105 6

代表での得点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Giovanni van Bronckhorst”. Football Database. http://www.footballdatabase.com/index.php?page=player&Id=660 2009年8月16日閲覧。 
  2. ^ a b c Autobiography entry: The Early Years 1975-1990 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト公式サイト
  3. ^ a b c d Autobiography entry: Making it at Feyenoord 1990-1996 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト公式サイト
  4. ^ a b c d e f Autobiography entry:Playing for Holland 1996-1998 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト公式サイト
  5. ^ “Gio could be key to Arsenal glory”. BBC Sport. (2001年8月13日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/a/arsenal/1484947.stm 2009年3月9日閲覧。 
  6. ^ “Man Utd win Community Shield”. BBC Sport. (2003年8月10日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/3125653.stm 2010年8月11日閲覧。 
  7. ^ “Arsenal maintain title push”. BBC Sport. (2002年1月23日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/1768414.stm 2009年8月18日閲覧。 
  8. ^ “Arsenal edge past Chelsea”. BBC Sport. (2003年1月1日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/eng_prem/2606695.stm 2009年8月18日閲覧。 
  9. ^ Hodges, Andy (2003年8月27日). “Barcelona complete van Bronckhorst loan deal”. London: The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/football/premier-league/barcelona-complete-van-bronckhorst-loan-deal-537205.html 2010年2月3日閲覧。 
  10. ^ “Bronckhorst completes Barca switch”. CNN. (2004年5月25日). http://edition.cnn.com/2004/SPORT/football/05/25/spain.bronkhorst/index.html 2010年2月3日閲覧。 
  11. ^ Feyenoord 2-0 Roda JC”. 2017年6月2日閲覧。
  12. ^ Gespeelde wedstrijden”. KNVB. 2007年5月16日閲覧。
  13. ^ Van Bronckhorst named Dutch captain”. FIFA (2010年8月20日). 2010年7月12日閲覧。
  14. ^ van Marwijk trims Dutch squad to 27”. AFP (2010年5月15日). 2010年5月18日閲覧。
  15. ^ “Holland coach Bert van Marwijk finalises World Cup squad”. Press Association. The Guardian. (2010年5月27日). http://www.guardian.co.uk/football/2010/may/27/holland-world-cup-23-man-squad 2010年5月27日閲覧。 
  16. ^ Top ten WC goals”. Sky Sports (2010年7月12日). 2010年7月12日閲覧。
  17. ^ Goal of the Tournament”. FIFA (2010年7月12日). 2010年7月12日閲覧。
  18. ^ Gio wants fairytale ending”. Sky Sports (2010年7月10日). 2010年7月13日閲覧。
  19. ^ Gio proud in defeat”. Sky Sports (2010年7月12日). 2010年7月13日閲覧。
  20. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/van-bronckhorst-nieuwe-hoofdtrainer-feyenoord
  21. ^ ファン・ブロンクホルスト氏、来季からフェイエノールトの監督に”. Goal (2015年3月24日). 2015年3月24日閲覧。
  22. ^ http://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/fred-rutten-weg-bij-feyenoord
  23. ^ http://www.rsssf.com/miscellaneous/vbronckhorst-intl.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]