ジョエル・フェルトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョエル・フェルトマン Football pictogram.svg
Dnepr-Ajax (3).jpg
名前
ラテン文字 Joël Veltman
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1992-01-15) 1992年1月15日(25歳)
出身地 フェルセン
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 アヤックス
ポジション DF (CB)
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- オランダの旗 アヤックス 121 (8)
代表歴2
2013- オランダの旗 オランダ 16 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月31日現在。
2. 2017年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョエル・フェルトマンJoël Veltman, 1992年1月15日 - )は、オランダ北ホラント州フェルセン出身のサッカー選手エールディヴィジアヤックス所属。オランダ代表。ポジションはディフェンダー

ヨエル・フェルトマンと表記されることもある。

選手歴[編集]

地元フェルセンに籍を置くクラブVV IJmuidenでキャリアをスタート。2001年アヤックス・アムステルダムのユースへ移籍。順調にユースで実力を伸ばし、2012年8月19日NEC戦でミチェル・ダイクスと交替出場でリーグ戦デビューを果たす。1年目は公式戦10試合に出場。アヤックスがエールディヴィジ3連覇を果たしたこの年のシーズンオフに新しくクラブと2017年までとなる4年契約を結んだ。

2013年8月5日、このシーズンから新制度で始まったオランダ2部のエールステ・ディヴィジヨング・アヤックスの選手として出場。この試合の終盤で怪我を負い、2か月もの間戦線離脱してしまうが、復帰した直後となる2013年10月22日UEFAチャンピオンズリーグのアウェイでのセルティック戦で先発し、欧州戦デビュー。この試合は1-2で敗れたが、リターンマッチとなった2013年11月6日のホームでの試合では好調なパフォーマンスを見せ、勝利に貢献した。

2017年2月12日のエールディヴィジ スパルタとのホームゲームで後半にイヴァン・カレーロとの1対1の際、近くでチームメイトのベルトランド・トラオレが倒れていたことで手で相手の動きを制する動作でプレーを止めると相手に思わせ、視線が逸れた隙にドリブルで抜き去ってクロスを上げるプレーをしたことで即座に議論となった。オランダだけでなく多くの国のメディアにも取り上げられて「フットボールの歴史上最も反スポーツな行為」と非難を浴びた[1]。フェルトマンは試合後のインタビューで「抜け目無さ」とコメントしていたが、試合翌日にTwitterのアカウントで「反スポーツな行為でありすべきではなかった」と謝罪した[2]。ベルギーのGeert de Vliegerは「かつてアヤックスはお手本だったが、フェルトマンと彼の監督がこれを『抜け目無さ』と思っているなら、このクラブの非常に悲しい現状を表している」と批判した[3]

代表歴[編集]

U-17、U-19、U-21と年代別のオランダ代表を経験している。

2013年11月8日、オランダ代表のルイ・ファン・ハール監督によって初招集され、同年11月19日コロンビア戦で先発し、デビューとなった。2017年6月4日のコートジボワールとの親善試合で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

クラブ
アヤックス・アムステルダム

脚注[編集]

外部リンク[編集]