ラルフ・ラングニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラルフ・ラングニック Football pictogram.svg
Ralf rangnick foto-ingo-stoeldt2.jpg
名前
愛称 プロフェッソア(教授)[1]
ラテン文字 Ralf Rangnick
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1958-06-29) 1958年6月29日(59歳)
出身地 バックナング
身長 181cm
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラルフ・ラングニックRalf Rangnick,1958年6月29日 - )は、ドイツ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

VfBシュトゥットガルトに在籍するも、プロにはなれなかった。アマチュアのクラブでプレーし、選手兼監督を務めることもあった。1996-97シーズンにはSSVウルム1846を2部に昇格させ、VfBシュトゥットガルトの監督に抜擢された。1999-2000シーズンのドイツ・カップ準優勝、UEFAカップベスト16など結果を残した。2001年にハノーファー96の監督に就任すると1部昇格を果たした。2004-05シーズン途中に就任したシャルケ04では就任1年目からリーグ戦2位の成績を残した。しかし、当時のゼネラル・マネージャー、ルディ・アサウアーとの確執が囁かれ、2005-06シーズン終了時の退任を決断していたが[2]、辞任する前の2005年12月12日に解任された。2006年夏、ディートマー・ホップオーナーの招きでドリッテリーガ(3部)にいたTSG1899ホッフェンハイムの監督に就任し、わずか2年でブンデスリーガ(1部)に昇格させた。その後も、チームに躍進に貢献するも、2011年1月2日、クラブがラングニックの承認なしに、主力選手のルイス・グスタヴォバイエルン・ミュンヘンへ売却したことを理由に、首脳陣と衝突し、ホッフェンハイムの監督を辞任すると発表した[3]。2011年3月17日、ブンデスリーガでの成績不振により解任されたフェリックス・マガトに代わってシャルケ04の監督に再就任することが発表されたが、[4]同年9月22日にバーンアウト(燃え尽き症候群)に陥り[5]、健康上の理由で辞任した[6]

2012年7月、飲料水レッドブルなどの販売を手掛けるRed Bull GmbHが運営する2つのクラブ、レッドブル・ザルツブルクRBライプツィヒを束ねるスポーツディレクターに就任し、指南役として両クラブのために戦術書を作って配り、「タレントに投資してさらに高く売る」という独自の移籍戦略を推し進めた。その戦術の中に「ボール奪取から8秒以内にシュートに持ち込まなければならない」という「8秒ルール」がある[7]。この「ラングニック学校」ともいうべきクラブからロガー・シュミットアレクサンダー・ツォルニガーペーター・ツァイドラーという監督を輩出した。

2015-2016シーズンを前にレッドブル・ザルツブルクの仕事を後人に託し、2015年当時ドイツ2部にあったRBライプツィヒのスポーツディレクターとしての仕事に専念しようとしたが、前オフシーズンの監督人事においてトーマス・トゥヘルボルシア・ドルトムントに奪われ、さらにホッフェンハイムマルクス・ギズドル監督の引き抜きも叶わず新監督招聘に失敗したため、自らスポーツディレクターとの兼任で監督業に復帰、RBライプツィヒの監督に就任した[8]。監督として迎えた2015-2016シーズンは序盤から首位争いを繰り広げ、最終的にSCフライブルクに優勝こそ譲ったものの、2016年5月8日の第33節、カールスルーエSC戦に勝利し、自動昇格となる2位を確定させ、創設8年目にして悲願のブンデスリーガ昇格に導いた[9]。シーズン終了後にインゴルシュタット監督のラルフ・ハーゼンヒュットルの招聘に成功したことから退任、スポーツディレクター職に専念することになった。

所属クラブ[編集]

指導クラブ[編集]

タイトル[編集]

いずれも指導者として
  • ウルム
レギオナルリーガ南部地区 優勝 (1) : 1996-1997
  • シュトゥットガルト
UEFAインタートトカップ 優勝 (1) : 2000
  • ハノーファー
2. ブンデスリーガ 優勝 (1) : 2001-2002
  • シャルケ
ドイツ・ブンデスリーガ 2位 : 2004-2005
DFBポカール 優勝 (1) : 2010-2011
DFLスーパーカップ 優勝 (1) : 2011
DFBリーガポカール 優勝 (1) :2005
  • ホッフェンハイム
2. ブンデスリーガ 2位 : 2007-08
レギオナルリーガ南部地区 2位 : 2006-07
North Baden Cup 準優勝 : 2007
  • レッドブル・ザルツブルク
オーストリア・ブンデスリーガ 優勝 (2) : 2013-2014、2014-2015
オーストリア・カップ 優勝 (2) : 2013-14、2014-2015
  • RBライプツィヒ
2. ブンデスリーガ 2位 : 2015-16

指導者成績[編集]

2016年6月30日時点
クラブ 就任 退任 記録
試合 勝率
VfBシュトゥットガルトII 1985年7月1日 1987年6月30日 70 28 16 26 040.00
SSVロイトリンゲン 1995年7月1日 1996年12月31日 51 26 12 13 050.98
SSVウルム1846 1997年1月1日 1999年3月16日 75 36 18 21 048.00
VfBシュトゥットガルト 1999年5月3日 2001年2月23日 86 36 16 34 041.86
ハノーファー96 2001年7月1日 2004年3月7日 98 44 22 32 044.90
シャルケ04 2004年9月28日 2005年12月12日 65 36 15 14 055.38
TSG1899ホッフェンハイム 2006年7月1日 2011年1月2日 166 79 43 44 047.59
シャルケ04 2011年3月21日 2011年9月22日 23 10 3 10 043.48
RBライプツィヒ 2015年5月29日 2016年6月30日 30 19 5 6 063.33
合計 664 314 150 200 47.29

脚注[編集]

  1. ^ 内田所属のシャルケ04、マガト前監督の後任にラングニック氏”. スポーツナビ (2011年3月18日). 2011年3月23日閲覧。
  2. ^ ラングニック監督、今季限りで退任”. UEFA.com (2005年12月9日). 2011年3月23日閲覧。
  3. ^ ホッフェンハイムのラングニック監督が辞任”. サッカーキング (2011年1月3日). 2011年3月23日閲覧。
  4. ^ シャルケ新監督はラングニック”. Goal.com (2011年3月18日). 2011年3月23日閲覧。
  5. ^ 元独代表GKエンケの死から5年…サッカー選手とうつ病の関係”. Soccer King (2014年11月11日). 2015年7月30日閲覧。
  6. ^ 内田所属のシャルケ、ラングニック監督が電撃辞任”. Soccer King (2011年9月22日). 2011年9月22日閲覧。
  7. ^ 新記録続きの攻撃力。ザルツブルクを見逃すな。~「オーストリア史上最強」は本物か~”. Number (2014年4月15日). 2015年7月30日閲覧。
  8. ^ ドイツ2部で戦術革命が始まった!?ラングニック、衝撃の“4-2-2-2”。”. Number (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  9. ^ フライブルクに続きRBライプツィヒが昇格。創設8年目で1部へ”. Goal.com (2016年5月9日). 2016年5月11日閲覧。