フランク・フレデリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランク・フレデリクス Portal:陸上競技
Osaka07 Opening Frankie Fredericks.jpg
選手情報
フルネーム フランキー・フレデリクス
国籍 ナミビアの旗 ナミビア
種目 短距離走
生年月日 (1967-10-02) 1967年10月2日(51歳)
生誕地 Flag of South Africa (1928–1994).svg 南西アフリカ ウイントフック
身長 180cm
体重 72kg
自己ベスト 100m : 9秒86(1996年)
200m : 19秒68(1996年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

フランク・フレデリクスFrank Fredericks, 1967年10月2日 - )は、ナミビアの元陸上競技者で、短距離(特に200m)が専門。競技中のポーカーフェイスぶりから、“ナミビアの鉄仮面”の異名をとる。夏季オリンピックに3度出場し、銀メダルを計4つ獲得した。1992年バルセロナオリンピックは、母国ナミビアの独立後初めてのオリンピック出場であった。開会式においては栄えある初めての旗手を務め、100mと200mで銀メダルを獲得した。

1993年世界陸上競技選手権大会では200mで優勝したものの、国際大会では2位を記録することが多く、“シルバーコレクター”と呼ばれることもあった。特に1996年アトランタオリンピック200mでは、当時の世界記録にあと0.02秒に迫る19秒68を記録するが、同走のマイケル・ジョンソンが19秒32という驚異的な記録をマークしたために、金メダルを逃している。また同じ大会の100mでも銀メダルを獲得したが、同走のドノバン・ベイリーが当時の世界新記録となる9秒84をマークして優勝している。このように世界記録更新という光のあたる表舞台に生じた影のような悲運な名スプリンターでもあった。

選手としての活躍もさることながら、彼の温厚な性格や、若手選手の育成のみならず恵まれない人々への援助を惜しまないことなどから、陸上競技関係者の間では人望が厚い。アメリカ合衆国ブリガムヤング大学への留学経験もある。2004年から国際オリンピック委員会の選手委員を務めており、同年に競技生活の引退を表明した。

成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1991 世界陸上競技選手権大会 東京(日本) 100m 5位 9秒95
200m 2位 20秒34
1992 バルセロナオリンピック バルセロナ(スペイン) 100m 2位 10秒02
200m 2位 20秒13
1993 世界室内陸上競技選手権大会 トロント(カナダ) 60m 2位 6秒51
200m DNS(sf) -
世界陸上競技選手権大会 シュトゥットガルト(ドイツ) 100m 6位 10秒03
200m 1位 19秒85
IAAFグランプリファイナル ロンドン(イギリス) 200m 1位 20秒34
1994 コモンウェルスゲームズ ビクトリア(カナダ) 100m 3位 10秒06
200m 1位 19秒97
IAAFグランプリファイナル パリ(フランス) 100m 4位 10秒21
IAAF陸上ワールドカップ ロンドン(イギリス) 200m 2位 20秒55
1995 世界陸上競技選手権大会 イェーテボリ(スウェーデン) 100m 4位 10秒07
200m 2位 20秒12
IAAFグランプリファイナル モンテカルロ(モナコ) 200m 2位 20秒21
1996 アトランタオリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 100m 2位 9秒89
200m 2位 19秒68
1997 世界陸上競技選手権大会 アテネ(ギリシャ) 100m 4位 9秒95
200m 2位 20秒23
IAAFグランプリファイナル 福岡(日本) 200m 1位 19秒81
1998 IAAFグランプリファイナル モスクワ(ロシア) 100m 1位 10秒11
IAAF陸上ワールドカップ ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国) 200m 1位 19秒97
4x100mR 3位 38秒29
コモンウェルスゲームズ クアラルンプール(マレーシア) 100m 2位 9秒96
1999 世界室内陸上競技選手権大会 前橋(日本) 200m 1位 20秒10
世界陸上競技選手権大会 セビリア(スペイン) 100m DNS(sf) -
200m DNS -
IAAFグランプリファイナル ミュンヘン(ドイツ) 200m 5位 20秒26
2002 コモンウェルスゲームズ マンチェスター(イギリス) 200m 1位 20秒06
IAAF陸上ワールドカップ マドリード(スペイン) 200m 2位 20秒20
4x100mR 3位 38秒63
2003 世界陸上競技選手権大会 パリ(フランス) 200m 7位 20秒47
2004 世界室内陸上競技選手権大会 ブダペスト(ハンガリー) 200m DNS(sf) -
アテネオリンピック アテネ(ギリシャ) 100m 4位(qf) 10秒17
200m 4位 20秒14
IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 200m 2位 20秒31

記録[編集]

屋外

  • 100m 9秒86  (1996年7月3日)
  • 200m 19秒68 (1996年8月1日、世界歴代10位)

室内

  • 60m  6秒51  (1993年3月12日)
  • 100m 10秒05 (1996年2月12日、世界最高記録)
  • 200m 19秒92 (1996年2月18日、世界記録)

なお、屋外200mで19秒台を24回記録しており、これはウサイン・ボルトに次ぐ史上2位の記録である。また、屋外100mでも9秒台を27回記録している(史上6位)。

外部リンク[編集]