アロンソ・エドワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロンソ・エドワード Portal:陸上競技
Alonso Edward 2012 Olympics.jpg
選手情報
ラテン文字 Alonso Reno Edward Henry
国籍 パナマの旗 パナマ
競技 トラック競技短距離走
種目 100m, 200m
生年月日 1989年12月8日(25歳)
生誕地 パナマの旗 パナマ県パナマ市
身長 183cm
体重 73kg
成績
オリンピック 200m 予選失格 (2012年
世界選手権 200m 2位 (2009年
地域大会決勝 南アメリカ選手権
100m 優勝 (2009年)
200m 優勝 (2009年)
4x400mR 3位 (2007年)
最高世界ランク 200m 3位 19秒81 (2009年)
自己ベスト
100m 10秒02 (2014年) パナマ記録
200m 19秒81 (2009年) 南米記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アロンソ・エドワードAlonso Reno Edward Henry1989年12月8日 ‐ )は、パナマの男子陸上競技選手。専門は短距離走で、200m南米記録保持者。2009年世界選手権男子200mの銀メダリスト、2014年ダイヤモンドリーグ男子200mのツアーチャンピオンである。

エドワードは2009年世界選手権の200m決勝で南米新記録を樹立して銀メダルを獲得した。エドワードの年齢はこの時19歳255日で、これは世界選手権同種目における最年少メダリスト記録であり、19歳で19秒81という記録はウサイン・ボルトの記録を更新する年齢別(19歳)の世界最高記録である[1]オリンピック世界選手権を通じてパナマ人のメダル獲得は、1948年ロンドンオリンピックの男子100mと200mで銅メダルに輝いたロイド・ラビーチ2007年世界選手権2008年北京オリンピックの男子走幅跳で金メダルに輝いたイルビング・サラディノに次いで史上3人目である[2]。パナマ人の父とジャマイカ人の母を持ち、弟のマテオ・エドワード英語版も陸上短距離走の選手である[2]

主な経歴[編集]

  • 2006年
    • 10月、南米ユース選手権英語版の100mと200mを大会新記録で優勝した[3]。4×100mリレーでは4走を務め、ジュニアパナマ新記録を樹立して2位に入った[4]
  • 2007年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2012年
  • 2014年
    • 3月、南米競技大会の100mを大会新記録で優勝した[14]
    • 4月、NTC/PURE Athletics Spring Invitationalの100mで10秒02(+1.0m/s)のパナマ新記録を樹立した。これはロブソン・ダ・シルバの南米記録10秒00に次いで南米歴代2位の記録。
    • 6月、ダイヤモンドリーグゴールデンガラ200mに出場すると、20秒19(+0.9)をマークしてダイヤモンドリーグ初勝利を挙げた。
    • 7月、ダイヤモンドリーグのアスレティッシマ200mで自身2度目の19秒台となる19秒84(+1.2m/s)をマークした。
    • 8月、今シーズンのダイヤモンドリーグ200mのポイント対象最終レースとなるヴェルトクラッセチューリッヒに出場。レース前のポイント状況は、ジャマイカのニッケル・アシュミードが14ポイントでトップに立ち、エドワードは11ポイントで2位だった。レースはエドワードが19秒95(-0.9)で制し、アシュミードは2位に入った。ポイント対象最終レースはポイントが2倍になるルールのため、エドワードは今回8ポイントを獲得して合計19ポイントとなり、アシュミードの18ポイントを上回りツアーチャンピオンに輝いた。
    • 9月、コンチネンタルカップ200mにアメリカ大陸代表として出場し、ジャマイカのラシード・ドワイヤーと同タイム着差ありの19秒98(+0.2)で優勝した。

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒02 (+1.0m/s) 2014年4月26日 アメリカ合衆国の旗 クレルモン パナマ記録、南米歴代2位
200m 19秒81 (-0.3m/s) 2009年8月20日 ドイツの旗 ベルリン 南米記録、19歳世界最高記録
4×100mリレー 40秒07 (4走) 2007年5月9日 ベネズエラの旗 カラカス パナマ記録
4×400mリレー 3分09秒67 (4走) 2007年6月9日 ブラジルの旗 サンパウロ パナマ記録
室内
200m 20秒70 2010年2月13日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル パナマ記録
400m 47秒40 2010年1月23日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル

主な戦積[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 中央アメリカジュニア
&ユース選手権
英語版
(U-20)
グアテマラシティ 100m 2位 11秒05 (-0.7)
200m 3位 22秒07 (+0.7)
2006 南アメリカユース選手権英語版 カラカス 100m 優勝 10秒60 (0.0) 大会記録
4x100mR 2位 41秒96 (4走) ジュニアパナマ記録
200m 優勝 21秒18 (0.0) 大会記録
1000mMR 6位 2分03秒41 (4走)
2007 アルバ競技大会英語版 カラカス 100m 優勝 10秒25 (+2.3) 予選で10秒32のジュニアパナマ記録
4x100mR 2位 40秒07 (4走)
200m 2位 20秒62 (+2.0) パナマ記録
2007 中央アメリカジュニア
&ユース選手権(U-20)
サンサルバドル 100m 優勝 10秒59 (-2.9)
200m 優勝 21秒08 (-1.2) 大会記録
4x100mR 4位 44秒16 (2走)
4x400mR 優勝 3分23秒01 (2走)
2007 南アメリカ選手権英語版 サンパウロ 4x100mR 5位 40秒13
4x400mR 3位 3分09秒67 (4走) パナマ記録
2007 南アメリカジュニア選手権英語版 サンパウロ 100m 優勝 10秒28 (0.0) ジュニア南米記録、大会記録
2007 パンアメリカンジュニア選手権英語版 サンパウロ 100m 予選 DNF 途中棄権
2008 世界ジュニア選手権 ブィドゴシュチュ 100m 予選 10秒91 (+0.2)
2009 南アメリカ選手権 リマ 100m 優勝 10秒29 (+0.6)
200m 優勝 20秒45 (0.0)
2009 世界選手権 ベルリン 200m 2位 19秒81 (-0.3) 南米記録
2010 中央アメリカ競技大会英語版 パナマ 100m 優勝 10秒24 (-0.2) 大会記録
200m 8位 47秒18 (+0.1)
2011 南アメリカ選手権 ブエノスアイレス 100m 決勝 DQ 失格
2011 世界選手権 テグ 200m 決勝 DNF 途中棄権
2012 中央アメリカ選手権英語版 マナグア 200m 優勝 21秒23 (+0.3)
2012 オリンピック ロンドン 200m 予選 DQ 失格(フライング)
2013 中央アメリカ競技大会 サンホセ 200m 優勝 20秒52 (+2.1)
4x100mR 決勝 DNF (2走) 途中棄権
2013 世界選手権 モスクワ 200m 準決勝 20秒67 (-0.3)
2014 南アメリカ競技大会 サンティアゴ 100m 優勝 10秒23 (+1.1) 大会記録
4x100mR 決勝 DNS 棄権
2014 IAAFコンチネンタルカップ マラケシュ 200m 優勝 19秒98 (+0.2) 2着と同タイム着差あり
2014 IAAFダイヤモンドリーグ 200m 年間1位 19ポイント

脚注[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
ブラジルの旗 クラウディネイ・ダ・シルバ
200m南アメリカ記録保持者
2009年8月20日 -
次代:
未定
先代:
ジャマイカの旗 ウサイン・ボルト
200m年齢別(19歳)世界最高記録保持者
2009年8月20日 -
次代:
未定
先代:
アメリカ合衆国の旗 ウォーレス・スピアモン
世界選手権200m
最年少メダリスト記録保持者(男子)

2009年8月20日 -
次代:
未定
功績
1人目:
イルビング・サラディノ
2007年大阪
世界選手権パナマ人メダリスト
2009年ベルリン
3人目:
未定
スポーツのタイトル
前年
ジャマイカの旗 ウォーレン・ウィアー英語版
ダイヤモンドリーグ200m年間王者
2014年
次年:
未定