アーサー・バークレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・バークレー(Arthur Barclay、1854年7月31日 - 1938年7月10日)とは、西アフリカリベリア共和国の第14代大統領(任期1904年-1912年)。リベリア第18代大統領だったエドウィン・バークレーは甥。

1854年西インド諸島バルバドスの首都ブリッジタウンで父アンソニーと母サラとの間で12人いる子供の1人として生まれた。1865年バルバドスからリベリアへの入植者346人余りがいたが、彼も11歳の時、家族と共にリベリアのモンロビアに移住した。大学では国立リベリア大学で法律を学びカウンセラーや後に高裁判所で働いた。1874年20歳の若さで政界に入り、初代リベリア大統領J・J・ロバーツ大統領の個人秘書となるが、結局彼はホイッグ党の一般会計になった。1896年前大統領のウィリアム・D・コールマンの辞任により、大統領となったギャレットソン・W・ギブソン大統領の下で財務長官として勤め、内閣のメンバーにあった。1903年選挙で大統領となり、1904年にも再選した。入植者の貢献とリベリア原住部族の政策(先住諸民族に軍を送って鎮圧などの弾圧)の役割を行っていた。1920年彼は国際連盟のメンバーとなる。1938年自宅で84歳で死去。

先代:
ギャレットソン・W・ギブソン
リベリアの大統領
1904年 - 1912年
次代:
ダニエル・E・ハワード