ウィリアム・タブマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアム・ヴァカナラット・シャドラク・タブマン
William Vacanarat Sharach Tubman
William Tubman 1943.jpg

リベリアの旗 リベリア共和国
第19代大統領
任期 1944年1月3日1971年7月23日

出生 1895年11月29日
リベリアの旗 リベリアハーパー
死去 (1971-07-23) 1971年7月23日(75歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
政党 ホイッグ党

ウィリアム・ヴァカナラット・シャドラク・タブマン(William Vacanarat Sharach Tubman、1895年11月29日 - 1971年7月23日)は、西アフリカにあるリベリア共和国政治家。同国の大統領を27年間務め、外資の導入よる経済開発やアメリコ・ライベリアンと先住部族との社会的格差や差別廃止に力を入れるなど貢献したが独裁的な大統領でもあった。

来歴[編集]

1895年にリベリア・メリーランド郡ハーパーで生まれた。アメリコ・ライベリアンである。弁護士だったタブマンは、1923年ホイッグの議会で当選し、政治家となった。1931年に議員を辞任しているが、1934年に再び当選。1937年最高裁判所で准裁判官になるため再び辞任している。

1944年リベリアの大統領に就任[1]。アメリコ・ライベリアンと先住部族との経済的、政治的、社会的な大きな格差を緩和するため、国家の統一を図ろうとしていたが、選挙権はアメリカン・ライベリアンの男性にしかなく、実質はアメリコ・ライベリアン基盤のホイッグ党一党独裁のままであった。また第二次世界大戦に対してはタブマンは連合国側に付き、ドイツ日本イタリア枢軸国に宣戦布告した。その後、アメリカの影響と援助を受けながらも、他方面での外交にも力を入れようとした。タブマン大統領は国の経済などが未開発だったため、経済開発などをして発展させるため、1948年便宜置籍船制度を導入する。これにより、アメリカ企業を中心に国内の鉄鉱石天然ゴム木材などの開発のため、30以上の外国企業が参入し、リベリアの経済発展に貢献する。1951年にはアメリコ・ライベリアンの女性と、先住部族の土地所有者に大統領選挙権を拡大し、さらに、1957年には先住部族の差別の撤廃に力を入れた。1952年の大統領選では先住部族クル族出身のディドフー・トェ(Welleh Didwho Twe)を破り、再び大統領となる。ツウエーは選挙手続きに疑惑があるとして、国際連合に提訴したが、タブマンはツウエーを弾圧し、ツウエーは国外亡命した。後に国交を樹立することになるが[2]、タブマンの在任中はソ連との接触はあったものの外交関係を結ぶことはなかった[3]。しかし、1971年イギリスロンドンの病院で入院していたが手術中に死亡した。タブマンの副大統領だったウィリアム・トルバートがタブマンの後を引き継いだ。

リベリア国民民主党に所属する政治家ウィンストン・タブマン英語版は彼の孫である。

脚注[編集]

  1. ^ 1943年に一時期、大統領に就任している。
  2. ^ Elwood D. Dunn; Amos J. Beyan; Carl Patrick Burrowes (20 December 2000). Historical Dictionary of Liberia. Scarecrow Press. p. 308. ISBN 978-1-4616-5931-0.
  3. ^ George Klay Kieh (1992). Dependency and the foreign policy of a small power: the Liberian case. Mellen Research University Press. p. 152. ISBN 978-0-7734-9813-6.


公職
先代:
エドウィン・バークレー
リベリアの旗 リベリア共和国大統領
第19代:1944 - 1971
次代:
ウィリアム・トルバート