尾上正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾上 正男(おのえ まさお、1905年1月4日 - 1999年5月16日)は、日本国際政治学者、法学者神戸大学名誉教授。

鹿児島県鹿児島市出身。京都帝国大学法学部卒業。満州哈爾浜学院建国大学で教授を務める。終戦直前に現地召集され、戦後に5年間シベリア抑留された[1]

1951年より神戸大学法学部教授、1968年定年退官、名誉教授。同年より神戸学院大学教授を務め、1974年から1980年までは学長も務めた[1]1989年退職。

1961年、「ソビエト外交史」で京都大学法学博士。1975年勲三等旭日中綬章受章。

ソ連研究者で反共主義者であった。[要出典]

著書[編集]

  • 満州国基本法大綱 郁文社 1940
  • ソヴィエトの外交政策 その理論と発展 創元社 1952
  • ソ連の世界政策 1953 (創元新書)
  • ソビエト外交史 有信堂 1959
  • 独ソ不可侵条約論 有信堂 1962
  • 共産主義理論と平和共存政策 民主主義研究会 1963
  • 国際関係論 有信堂 1970
  • ソビエト外交史 第3 スターリンの臨戦外交政策 有信堂 1970
  • 共産主義の虚像と実像 永田書房 1971
  • 現代ソ連外交論覚書 晃洋書房 1976
  • ソ連外交年表 上 晃洋書房 1981.5

共編著[編集]

  • アジアの革命 高坂正堯神谷不二共著 毎日新聞社 1966 (アジア問題叢書)
  • 政治学 晃洋書房 1972
  • 政治学概説 晃洋書房 1978.4

翻訳[編集]

  • 中国とソ連 ヘンリー・ウェイ 日本外政学会 1957
  • ソ連とアメリカ / ヘンリー・L.ロバーツ 日本外政学会 1957

記念論集[編集]

  • 現代外交の理論と歴史 尾上正男・武内辰治先生還暦記念論文集 関西外交史研究会編 有信堂 1971.11

脚注[編集]

  1. ^ a b 20世紀日本人名事典

参考文献[編集]

  • 尾上正男教授略歴(尾上正男教授退職記念号)「神戸学院法学」1989-4