建国大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
建国大学校舎

建国大学(けんこくだいがく)は、かつて存在した「満州国」の首都・新京長春)にあった国務院直轄の国立大学。略称は建大。1938年5月に開学、1945年8月満州国崩壊に伴い閉学した。この間に学生を9期生までを受け入れ、約1,400名が在籍した。

板垣征四郎[1]石原莞爾の「アジア大学」構想に端を発し辻政信により素案が作成されるも後に石原と対立する平泉澄ら創立委員が創立委員長の東条英機[2]の「建国大学創設要綱案」を修正した案で決定された[3][4]。式典には満洲国皇帝溥儀が出席することもあった。

跡地には現在長春大学がある。

概要[編集]

建国大学の学生

前期(旧制大学の予科に相当、修業年限3年)後期(学部に相当、同3年、政治学科・経済学科・文教学科)と研究院が置かれ、官費により学費は無料であった。また、全寮制で日本系・満州(中国)系・朝鮮系・蒙古(モンゴル)系・ロシア系の学生が寝食を共にし寮を「塾」と称した。

形式上は国務総理大臣が建大総長(学長)を兼任したが、建大の実質的な責任者は副総長であった。民族協和の実践を目指したが満州国と同様の矛盾を抱えていた。

例として校門には満洲国旗を掲揚していたが、制定された法律により日本国国旗を同時に掲揚せねばならなかった。他にも配給された食料である高粱と米は、中国人に高粱、朝鮮人に高粱と米、日本人に米が配給されるなど、枚挙に暇が無い(これらは学生らによって批判が噴出し、互いに混合し高粱米として食すこととなった)。

とはいえ学問については比較的自由で内地では禁書扱いであったマルクス毛沢東など共産主義に関する書物も「共産主義に対抗するには共産主義を学ばくてはならない」という作田荘一副総長の考え[5]により図書館に配架された[6]。戦争が激化すると治安維持法が改正され、反満抗日活動を行った中国人学生は検挙され、また日本人学生は学徒出陣で兵員徴収された。

同期が減っていく中、荒涼とした建大の敷地に日本人学生が植林をはじめ、終戦直後、残っていた学生らによって大学の蔵書が整理され目録が作製され、中国の図書館に寄附されている。日本人だけでなく、これら運動には満州人、中国人が参加した。

建大出身者には満州国崩壊後にシベリア抑留に遭った者、文化大革命で迫害された者など悲劇的な運命をたどった者も少なくない。一方、朝鮮人では、元韓国国務総理姜英勳など後の大韓民国で大いに活躍した政治家は多い。また、建大出身者は塾で存分に議論をしたためか真に仲が良く、国籍問わず交遊があり、戦後もその交遊は一部で続いている。

沿革[編集]

  • 1937年4月17日 - 国務院会議、建国大学開学を正式決定。
    • 8月5日 - 建国大学令公布
  • 1938年5月2日 - 開学式・第1期生入学式
    • 9月1日 - 建国大学研究院令公布
  • 1939年1月 - 作田副総長着任
    • 4月11日 - 第2期生入学式
    • 10月12日 - 建国大学参議会制公布
  • 1940年5月10日 - 建国大学学則制定
    • 11月2日 - 図書館開館
  • 1941年6月28日 - 養正堂開場式
    • 11月14日 - 中国人学生大量検挙事件
  • 1942年2月27日 - 建国神廟神璽奉迎、養正堂に奉安。
    • 3月3日 - 中国人学生大量検挙事件
    • 6月6日 - 作田副総長辞任発表
    • 6月16日 - 尾高副総長着任
  • 1943年6月11日 - 第1期生卒業式。皇帝、国務総理(総長)出席。
    • 10月2日 - 学生徴兵猶予制度解消
    • 12月14日 - 中国人学生7名逮捕
  • 1944年6月19日 - 第2期生卒業式
  • 1945年8月10日 - 大学機能全面停止
    • 8月18日 - 協和奉公隊解散。尾高副総長決別式。
    • 8月20日 - 建国大学武装解除
    • 8月23日 - 建国大学解散式

歴代副総長[編集]

  • 初代:作田荘一 - 学者。京都帝国大学経済学部教授、建国大学創設準備委員を経て建大副総長に就任。中国人学生大量検挙の責任をとり1942年6月に建大副総長を辞任。
  • 第2代:尾高亀蔵 - 軍人。第19師団師団長、第3軍司令官を経て、建大副総長に就任。

教育・研究[編集]

「建国大学令」によると、この大学の建学目的は「学問の蘊奥を究め、身を以て之を実践し、道義世界建設の先覚的指導者たるの人材を養成する」ことであった。この文言はこの大学の「学則」「学生募集要綱」等各種文書に多用されている。従って、「建国大学の学科科目では試験が一切無く、学生は成績順位を気にする必要はなかった。これは、学生は試験の有無に関わらず、各自厳重な自己管理によって学習すべきであり、知識の収集よりも実践が大事だと考える、大学の教育方針の表れであった」(宮沢恵理子「建国大学と民族協和」)建国大学は入学試験は厳格だったが、「在学中テスト一切なし」というのは、学校教育としては極めて特異なことで、「世にも不思議な大学」(楓元夫、「諸君」昭和58年10月号)の一面であった。

民族協和を目指すため、多民族国家としての問題点、課題を探る為の機関を設置した。石原莞爾の命により設立に関わった辻政信は、教官には日本人では平泉澄筧克彦、中国人から胡適周作人、朝鮮人から崔南善、その他にガンジーパール・バックトロツキーなど、様々な改革者・知識人を招聘しようとしており[7]、民族協和を模索しようとしていた。

主な教授・教育者・職員[編集]

主な出身者[編集]

  • 市川衛門 - 韓国大使館、中国大使館公使、日中長期貿易事務局長
  • 吉岡孝行 - 大蔵官僚、北海道開発庁次官、北海道東北開発公庫総裁
  • 遠藤文夫 - 自治省官房審議官
  • 林信太郎 - 通産官僚ジャスコ副会長
  • 高狄 - 中国・人民日報社長
  • 陳抗 - 中国・中日友好協会副会長、駐札幌初代総領事、マレーシア大使
  • 李孟競 - 中国・中日友好協会理事、駐日大使館開設時の書記官
  • 許宗茂 - 中国・外交部亜細亜局日本処副処長
  • 有馬侃 - 画家(日展評議員,審査員)
  • 蕭正文 - 中国・北京故宮博物院副院長
  • 谷学謙 - 中国・東北師範大学教授、日本文学研究家
  • 達喜尼瑪(ダシニマ) - モンゴル・ウランバートル博物館解説担当
  • 中川敬一郎 - 東京大学教授、経済学部部長
  • 野尻武敏 - 神戸大学経済学部教授
  • 上野英信- 記録文学作家
  • 姜英勲 - 韓国元総理
  • 閔機植 - 韓国軍参謀総長、国会議員
  • 洪椿植 - 韓国国会議員
  • 方煕 - 駐日韓国公使
  • 安光鎬 - 駐イタリア韓国大使
  • ツブイロフ - モスクワ大学教授
  • トルカチョフ - ソ連科学アカデミー東洋学研究所
  • 伊藤肇 - 評論
  • 矯遠峰 - 日漢大詞典主編
  • 松本武 - 名古屋高裁判事
  • 石井玄 - 大阪高裁判事
  • 門馬良夫 - 東京高裁判事
  • 木村博典 - 岡山地検検事正、東京法務局長
  • 岡田照志 - 宮崎地検検事正、和歌山地検検事正
  • 楓元夫 - 東京新聞(中日新聞東京本社)論説主幹
  • 小林金三 - 北海道新聞論説主幹
  • 松本博一 - 毎日新聞論説副主幹
  • 前川光男 - 日本経済新聞論説副主幹
  • 鴇巣劭 - テレビ朝日解説委員長、報道局長
  • 山中福治郎 - 東京新聞(中日新聞東京本社)編集局長
  • 榎本喬 - 中日新聞北陸本社編集局長、
  • 宮崎徹 - (財)日本経済研究所常務理事
  • 大塚宗元 - (社)日本燐寸工業会理事長
  • 相川公二 -首都高速道路協会理事長
  • 重松徳-琵琶湖汽船会長
  • 山下光一-武陽ガス(株)社長、東京都商工会連合会長
  • 安達三季生 - 法政大学法学部長・法学者

その他[編集]

  • 旧制旅順高校の愛唱歌『北帰行』の原歌詞には「建大、一高、旅高」の語が登場する。作者の宇田博(東京放送常務)[8]は建大前期を退学後、旅高に入学したが退学処分となり、一高を卒業した。
  • 安彦良和の漫画『虹色のトロツキー』(※フィクション)では、建大に編入した一人の青年が主人公として描かれている。
  • 建大前期(予科)修了者、又は後期(本科)卒業者は、日本の司法試験(旧司法試験)において第一次試験が免除された[9]。また、2005年度までの公認会計士試験・不動産鑑定士試験においても第一次試験が免除された[10]
  • 政治学科第一期生の岩渕克郎は、1941年(昭和16年)、65万坪(約200,000平方m)のキャンパスを10年計画で校内全域を緑化する「造園計画」を作成した。1942年(昭和17年)春、「建国大学植樹班」が発足し、クラブ活動として校内緑化作業が推進された。その結果、同年の建国大学5周年記念事業の一環として「校内立地造園委員会」が設置され、正式な大学の事業に発展した(鈴木登志正「歓喜嶺遥か!満州建国大学植樹班物語」、東西文化研究会『東西文化研究』第1号~第4号、1999年)。詳細は岩渕の項目を参照。
  • 2010年6月最後の同窓会が開催された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯治万蔵編『建国大学年表』2頁
  2. ^ 満洲国史編纂刊行会編『満洲国史 総論』593頁、謙光社、1973年
  3. ^ 湯治万蔵編『建国大学年表』19~20頁
  4. ^ 志々田文明『建国大学の教育と石原莞爾』早稲田大学人間科学研究第6巻第1号114頁、1993年
  5. ^ 志々田文明『建国大学の教育と石原莞爾』早稲田大学人間科学研究第6巻第1号119頁、1993年
  6. ^ 建国大学同窓会編『歓喜嶺 遙か』上巻76頁
  7. ^ 平泉、筧は建大創設準備委員、崔は建大教授を実際に務めた。山根幸夫は、胡適、周作人、ガンジー、パール・バック、トロツキーについて、教官としてではなく「研究の素材」として招聘しようとしていたとする。
  8. ^ 父の宇田一は奉天農業大学学長で建大教授を兼任していた。
  9. ^ 司法試験法第四条第一項第四号の規定により司法試験第一次試験を免除される者に関する規則
  10. ^ 公認会計士試験第一次試験を免除する者を定める公告

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  • 宮沢恵理子『建国大学と民族協和』風間書房、1997年。ISBN 4759910158
  • 志々田文明『武道の教育力―満洲国・建国大学における武道教育―』日本図書センター、2005年。 ISBN 4820593161
  • 志々田文明 早稲田大学人間科学研究による論文 建国大学の教育と石原莞爾 (PDF)
  • 建国大学同窓会刊『建国大学年表』(湯治万蔵編)1981年11月刊、B5版、570頁。昭和11年の建大創設構想に基く初動から昭和20年の閉学に至るまでの経過が日付を追って詳細に記録されている。非売品。
  • 建国大学同窓会編『歓喜嶺 遥か』(文集)1991年6月刊、B5版、(上)401頁、(下)427頁。教員、学生の執筆260編。非売品。
  • 建国大学同窓会刊『写真集 建国大学』1986年9月刊、上製A4版、146頁。非売品。
  • 藤森孝一、鈴木昭冶郎編『建国大学年表要覧・教職員録』(合本)2007年6月。B5版、115頁。非売品。
  • 河田 宏 『満洲建国大学物語 時代を引き受けようとした若者たち』原書房、2002年。ISBN 4562035269
  • 小林金三 『白塔 満洲国建国大学』新人物往来社、2002年。ISBN 4404029691
  • 小野寺永幸『歓喜嶺遥か、北帰行-満州建国大学と旅順高校の異材』(北の杜編集工房、2004年)
  • 鈴木登志正『歓喜嶺遥か!満州建国大学植樹班物語-東西文化研究、第1号~第4号』(東西文化研究会、1999年)
  • 田村紀雄 『建国大学時代の井口一郎』(東京経済大学 人文自然科学論集 第127号)
  • 田村紀雄 『井口一郎と建国大学の同僚たち 王道楽土か日本脱出か』(東京経済大学 コミユニケーシヨン科学 31)
  • 山根幸夫 『建国大学の研究-日本帝国主義の一断面』汲古書院、2003年。ISBN 4762925489
  • 山田昌治 『興亡の嵐』かんき出版 1980年7月。建大生による建大崩壊のドキユメント。
  • 建国大学同窓会編『建国大学同窓会 日本での歩み』2007年刊、B5版、346頁、非売品。同窓会活動の総てを詳しく記録。特に海外同窓との交流が多々記され、この大学が志した「民族協和」の成果が実録として淡々と報告されている。
  • 建国大学同窓会刊『回想 建国大学』中国同窓文集。2006年刊、B5版、416頁。原本は中国・長春市で発行された『回憶 偽満建国大学』(A4版、514頁)。建国大学に在学した中国学生が執筆した61編を日本人同窓生が翻訳したもの。
  • 建国大学同窓会刊『歓喜嶺』I、II。韓国同窓の文集。原本は、在韓同窓会が1986年、1988年に発行した在韓同窓生の同名の韓国語の文集。日本語に翻訳して2004年に刊行。