江頭恒治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江頭 恒治(えがしら つねはる、1900年 - 1978年10月5日[1])は、日本経済学者滋賀大学名誉教授。

経歴[編集]

佐賀県生まれ。1927年京都帝国大学経済学部[2]日本経済史研究所員、満州建国大学教授[3]。戦後、彦根経済専門学校教授、合併で滋賀大学教授。1961年、定年退官、名誉教授。

1947年、「日本荘園経済史論」により、京都帝国大学から経済学博士の学位を授与される[4]1966年、『近江商人中井家の研究』で日本学士院賞[5]日経・経済図書文化賞を受賞。

著書[編集]

  • 高野山領荘園の研究 日本荘園の研究第一輯 有斐閣 1938 (日本経済史研究所研究叢書)
  • 日本荘園経済史論 日本荘園の研究 第2輯 有斐閣 1942 (日本経済史研究所研究叢書)
  • 経済史原論 時潮社 1953
  • 近江商人 弘文堂 1959 (アテネ新書)
  • 近江商人中井家の研究 雄山閣 1965
  • 江州商人 至文堂 1965 (日本歴史新書)
  • 日本国民経済史 ミネルヴァ書房 1970

翻訳[編集]

  • 経済史原論 ミッチャーリッヒ 上田藤十郎共訳 叢文閣 1936

参考[編集]

  • 江頭恒治博士略歴・著作目録(江頭恒治博士還暦記念論文集)「彦根論叢」1960-10

脚注[編集]