重松信弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重松 信弘(しげまつ のぶひろ、1897年2月24日 - 1983年11月13日)は、日本国文学者愛媛大学名誉教授

人物[編集]

源氏物語の思想研究における第一人者。没後出版された『源氏物語のこころ』(1990年5月、佼成出版社)には、膨大な重松源氏のエッセンスが凝縮されている。宮城女子専門学校の教え子たちによる源氏物語を読む会は、晩年まで継続され、機関誌『藝文』第16号(1984年10月)は「重松信弘追悼号」を出した。

専門の源氏研究以外にも造詣が深く、国学国語学、仏教思想、近代評論に通じ、多くの弟子を育てた。国語学研究の白方勝、近代文学研究の半田美永らが『藝文』(第16号)に追悼文を寄せている。妻の重松みよの著した『藍と紫とえのころ草』は、学者として一生を終えた重松の生涯を細やかな筆致で描いている。皇學館大学で薫陶をうけた半田美永は、作家村上護(愛媛大の教え子)の紹介で講談社正岡子規編集の仕事に関与したが、その経緯は「子規研究」に連載され、その一部が『佐藤春夫研究』(2002年9月、双文社出版)に収録されている。

「文学のこころ」と「歴史的意義」を説くのが、研究の目的であり、基本であったという。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『源氏物語関係書解題』(東北大学図書館、1932年)
  • 『源氏物語研究史』(刀江書院、1937年)
  • 『国語学史概説』(武蔵野書院、1939年)
  • 『国学思想』(理想社、1943年)
  • 『日本思想史通論』(理想社、1944年)
  • 『国語学史綱要』(武蔵野書院、1949年)
  • 『改稿国語学史綱要』(武蔵野書院、1957年)
  • 『新攷源氏物語研究史』(風間書房、1961年)
  • 『源氏物語の構想と観賞』(風間書房、1962年)
  • 『源氏物語の仏教思想』(平楽寺書店、1967年)
  • 『源氏物語の思想』(風間書房、1971年)
  • 『近世国学の文学研究』(風間書房、1974年)
  • 『源氏物語の人間研究』(風間書房、1980年)
  • 『源氏物語の主題と構造』(風間書房、1981年)
  • 『紫式部と源氏物語』(風間書房、1983年)
  • 『源氏物語論集』(風間書房、1984年)
  • 『源氏物語のこころ』(佼成出版社、1990年)

参考文献[編集]

  • 重松信弘博士頌寿会編『源氏物語の探究』(風間書房、1974年)