金原省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金原 省吾(きんばら せいご、1888年〈明治21年〉9月1日 - 1958年〈昭和33年〉8月2日)は、日本の美学者美術史学者昭和期歌人 帝国美術学校教授。旧姓は河西[1][2]

略歴[編集]

長野県諏訪郡湖東村(現茅野市湖東区)の河西家に生まれ、大町の金原家の養子となる。1910年長野師範学校卒業後に諏訪郡湖南小学校(現在の諏訪市湖南小学校)の訓導となるが上京し、正則英語学校を経て、1915年早稲田大学文学部哲学科卒業、さらに同大研究科で東洋美学、東洋美術史を研究。1921年日本美術学校教授、1929年帝国美術学校(現武蔵野美術大学)教授、1949年新潟大学教授。1956年「絵画における線の研究」で文学博士(早稲田大学)。島木赤彦に師事しアララギ派歌人としても活躍した[3]。1958年東京都武蔵野市の自宅で死去、従五位勲六等瑞宝章受勲。生前の蔵書は「金原文庫」として武蔵野美大図書館に所蔵されている。

著書[編集]

  • 『支那上代画論研究』岩波書店 1924
  • 『東洋画概論』古今書院 1924
  • 『絵画に於ける線の研究』古今書院 1927
  • 『唐代の繪畫』東亞研究會 東亞研究講座 1929
  • 『東洋画』春秋社 1929
  • 『東洋美論』春秋社 1929
  • 『宋代の絵画』東亜研究講座 東亜研究会 1930
  • 『東洋美学』古今書院 1932
  • 『構想の研究』古今書院 1933
  • 『国語科学講座 6 言語美学』明治書院 1933
  • 『東洋美術論叢』古今書院 1934
  • 『実践国語教育研究叢書 第2 解釈の研究 附録付』啓文社 1935
  • 『言語美学』古今書院 1936
  • 『国語形成学序説』晃文社 1936
  • 『表現の日本的特性』古今書院 1936
  • 『支那絵画史』古今書院 1938
  • 『春炉 随筆集』古今書院 1938
  • 『表現の問題』古今書院 1938
  • 『現代文章の日本的性格』厚生閣 1939
  • 『実践国語教育研究叢書 第9 国語表現』啓文社 1939
  • 『東洋美術文庫 第3巻 牧渓』アトリヱ社 1939
  • 『日本美育論』晃文社 造形教育體系 1939
  • 『日本美術論』河出書房 学生文庫 1939
  • 『綴方教育体系 第1巻 綴方表現学』晃文社 1939
  • 『東亜の象徴』古今書院 1940
  • 『支那美術史』東洋史講座 雄山閣 1940
  • 『日本芸術の課題』河出書房 1940
  • 『夏居 随筆集』古今書院 1941
  • 『東洋美術』河出書房 1941
  • 『日本的表現』教育美術振興会 1941
  • 『言語の成立』古今書院 1942
  • 『東洋芸術と大東亜教育』第一出版協会 大東亜教育叢書 1942
  • 『東洋美術論』講談社 1942
  • 『日本文化と伝統』同志同行社 1942
  • 『美術の記』青磁社 1942
  • 『美の構造』青磁社 1942
  • 『国語の風格』三省堂 1943
  • 『支那絵画論』東亜研究講座 東亜研究会 1943
  • 『日本芸術論』旺文社 日本思想戦大系 1943
  • 『美の表現について』青磁社 1943
  • 『傾きの美』晃文社 1947
  • 『美の体位 茶と花と句について』養徳社 1947
  • 『赤彦の人と芸術』伊東一夫共著 蓼科書房 1949
  • 『美術入門 用と好み』古今書院 形成選書 1951
  • 『日本の美術』牧書店 学校図書館文庫 1952
  • 『山草集 歌集』古今書院 1959
  • 『赤彦先生と金原省吾』金原よしを 1970
  • 『武蔵野美術大学大学史史料集』大学史史料委員会編 武蔵野美術大学 1999-2001

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『金原省吾』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『金原省吾』 - コトバンク
  3. ^ 20世紀日本人名事典

参考文献[編集]

『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年