植村敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植村 敏夫(うえむら としお、1908年3月28日 - 1995年5月5日[1])は、日本のドイツ文学者。

宮崎県宮崎市郊外に生まれる。1932年東京帝国大学独文科卒。NHK勤務。満州国建国大学助教授。戦後、NHK嘱託。文化放送教養部長、1966年「ゲーテと音楽」で日本大学文学博士、日本大学法学部教授。1979年定年退任。1995年5月5日、肺炎のため死去[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.87

参考[編集]

  • 「音楽とゲーテ」著者紹介文