中冨正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中冨 正義(なかとみ まさよし、1905年10月23日 - 2011年11月23日)は日本実業家久光製薬の社長、会長を務めた。

略歴[編集]

佐賀県鳥栖市出身。中冨三郎(久光三郎)の子で、明治薬学専門学校(現・明治薬科大学)卒業。

1929年、家業である久光兄弟合名会社に入社。1951年、株式会社化と同時に父の跡を継ぎ社長に就任。

1965年に社名を現在の「久光製薬」に改称。社長として消炎鎮痛剤サロンパスを開発、販売を開始し、同社の看板商品に押し上げた。1981年から1997年まで会長を務めた。

2011年11月23日、心不全のため死去[1][2]。満106歳没。

人物[編集]

社業以外でも、ホノルルマラソンを77歳から91歳まで連続15回完走するなど、その健脚で知られた。

また、1988年には私財を投じて中冨健康科学振興財団を設立し、健康増進に関する科学研究に対して助成を行った[3]

出典[編集]

  • 「百四十五年史」、久光製薬株式会社・百四十五年史編纂委員会、久光製薬発行(1994年)

脚注[編集]

  1. ^ “久光製薬前会長 中冨正義氏が死去”. 西日本新聞. (2011年11月25日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/274930 2011年11月25日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “91歳までマラソン…サロンパスの元会長死去”. 読売新聞. (2011年11月25日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111125-OYT1T00655.htm 2011年11月25日閲覧。 
  3. ^ 財団の概要”. 中冨健康科学振興財団. 2011年11月25日閲覧。

関連項目[編集]