原安三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1955年

原 安三郎(はら やすさぶろう、1884年3月10日 - 1982年10月21日)は日本実業家日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(現・セコム損害保険)初代会長、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。徳島県徳島市生まれ。生家は江戸時代蜂須賀家家臣。徳島市名誉市民。

経歴[編集]

エピソード[編集]

1887年、3歳の時に関節炎を発症し、右腕と左脚に障害が残った。
  • そのため中学校で体操が履修できないことを理由に退学処分を受けるが、たまたま視察に訪れた文部大臣に直訴し再入学が許可された。また早稲田大学卒業後は、前述の山本条太郎の紹介で三井物産に入社の話が進むも障害を理由に断られている。
自らが社長まで勤めた日本化薬は、太平洋戦争中も軍用火薬を製造せず産業用に徹していたため、戦後の公職追放を免れた。そのため、実業界の中心的存在として多くの財政要職を歴任し、幾多の経営不振の会社再建に手腕を発揮することとなり「会社更生の名医」と賞賛された。

1956年財界のトップとして「売上税」導入を主導した。第025回国会大蔵委員会第7号参議院にて、「私は直接税を相当減らすときは、間接税の中で売上税をやれるのではないかと思ったのですが、これは二十七人のうちの一人、二十七分の一の考えですが、昨年はそういう考えを持っておりました。しかし実際面に当ってみると、あつものにこりてなますを吹く以上のいやがられ方なんです。」と言い、前日にあった売上税設置反対に関する陳情書(大阪市西区西長堀北通三丁目十番地 全日本木材市場連盟理事 長久我俊一)(第三六八号)を性懲りもなく反対したが、臨時税調の 立場から、結局は「私たちの方は、勤労関係には相当注意を払っておりますが、今お話のようなこまかく割り切った勤労性所得というものについての末梢までの調査は、資料を集めて研究をしておりません。それをする必要があるとすれば、全員の意見によって決定したいと思っております。」 との事で、消費税である一般売上税は、勤労者の可処分所得が相当下がる事も熟知しており、導入を見送る事になった。当時は、老齢年金もなく、皆保険制度もなく健康保険もなく実に福祉国家の 概念と程遠い感覚の事業者が政府の臨調として猛威を振るっていた事が、恐ろしいともいえる。 自身が、身障者であるにも拘らず斯ういった感覚が残っているのは皇国史観の教育の弊害であったろう。 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/025/0284/02511300284007c.html

1963年にはじまった「小さな親切運動」の提唱者のひとりである。
近年、原によって蒐集・秘蔵されてきた歌川広重葛飾北斎浮世絵コレクションが発見され話題となった。これらは風景版画の代表作のほかに稀少な肉筆画を含まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 略年表 早稲田の歴史 早稲田大学”. 早稲田大学. 2018年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]