高田保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかた たもつ [1]
高田 保
Tamotsu Takada 01.jpg
生誕 (1895-03-28) 1895年3月28日 [1]
茨城県新治郡土浦町 [1]
死没

1952年2月20日(1952-02-20)(56歳)

[1]
神奈川県中郡大磯町 [2]
墓地 大磯町 [2]
出身校 早稲田大学 (英文科、 1917年) [1]
茨城県土浦市にある高田保像

高田 保(たかだ たもつ、1895年3月28日 - 1952年2月20日)は、茨城県出身の劇作家随筆家。母方の従兄に近世文学研究者の山口剛がいる。

略歴[編集]

茨城県新治郡土浦町(現在の土浦市)の旧家に生まれる。旧制土浦中学校(現在の茨城県立土浦第一高等学校)を経て1917年早稲田大学英文科を卒業。早稲田大学時代に宇野浩二と知り合う。

また、大学時代に創立者・大隈重信の夫人の銅像を建てるかの問題で「銅像事件」と呼ばれる騒動がおきるが、その時代を描いた尾崎士郎の小説『人生劇場・青春編』に、高田をモデルとした「吹岡早雄」という人物が登場している。

映画雑誌の記者を経て、浅草オペラの代表格「金龍館」の文芸部に入る。1922年、『案山子』で帝国劇場の戯曲懸賞に入選。このとき他の入選者に永井龍男川口松太郎がいた。

1929年に新築地劇団に加わってプロレタリア演劇にも関わるが、1930年に検挙を受けて転向。

1933年には、大宅壮一木村毅とともに『東京日日新聞』に、学芸部長の阿部真之助の招きで入社。軽妙な雑文を書いた。だが、1938年には退社し、新国劇の脚色家・演出家となり活躍する。

戦後は1948年から『東京日日新聞』に随筆『ブラリひょうたん』を連載。軽妙な文体ながら、「単独講和」「天皇制」「再軍備」などの政府の方針に反対する論を展開。「昭和斎藤緑雨」と称えられた。

『とばした紙鳶』『トスナキアの娘』『トルとドス』などの小説もある。

肺結核により、かつて島崎藤村が住んでいた神奈川県中郡大磯町の自宅で死去。享年56。戒名は清閑院文誉秀保居士[3]

著書[編集]

  • 人魂黄表紙 戯曲集 原始社 1927 
  • 宣伝 塩川書房 1930 (プロレタリア前衛小説戯曲新選集)
  • 舗道雑記帳 時潮社 1933 
  • 有閑雑記帳 改造社 1934 
  • 其日以後 汎洋社 1943 
  • 風話 和敬書店 1948
  • 二つの椅子 対談集 朝日新聞社, 1950
  • ブラリひょうたん 1-3 創元社 1950-51 のち角川文庫 
  • 河童ひようろん 要書房 1951
  • 青春虚実 創元社 1951
  • いろは歌留多 文藝春秋新社 1952
  • 我輩も猫である 要書房 1952
  • 人情馬鹿 創元社 1952
  • 高田保著作集 全5巻 創元社 1952-53
  • ブラリひようたん日記 要書房 1953
翻訳

参考文献[編集]

  • 夏堀正元「風来の人 小説・高田保」文藝春秋社 1971年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 20世紀日本人名事典”. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 大磯町. “高田公園 ~高田保の墓碑~”. 2017年8月13日閲覧。
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)181頁

外部リンク[編集]