上田英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 英雄(うえだ ひでお、1910年3月12日[1] - 1993年10月19日[1][2])は、日本の内科医医学博士東京大学病院長。5代目横綱審議委員会委員長。

経歴[編集]

1910年東京市浅草区に生まれる[1][2]1934年東京帝国大学医学部[1][2]1950年東京慈恵医大教授[1]1958年東京大学教授[1]1967年同大学病院長[1]1970年東京女子医大教授[1]1972年から1984年まで中央鉄道病院院長を務めた[1]。ほかに日本心臓財団名誉会長なども歴任した[1]

また、横綱双葉山の主治医でもあり[1][2]、それが縁で1966年に横綱審議委員となり[1][2]1990年から1993年まで委員長を務めた[1][2]。同年5月に体調不良を理由に同委員長辞任を申し出て、受理され[2]、10月19日に腎不全のため死去した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『現代物故者事典 1991~1993』93頁。
  2. ^ a b c d e f g h 相撲』1993年12月号 143頁。

参考文献[編集]

  • 相撲』1993年12月号 143頁。
  • 『現代物故者事典 1991~1993』日外アソシエーツ、1994年。
  • 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。