上矢津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上矢 津(かみや しん、1942年 − )は、日本の版画家、画家、現代美術家

プロフィール[編集]

東京に生まれる。都立工芸高校卒業後、写真専門学校に通う。画家である叔父の小野木学の思想概念に影響を受ける。

1970年、シルクスクリーンプリントによる版画作品を発表し始める。以後、シルクスクリーンフロッタージュ、重ね刷り、コラージュ、吹き付け、カラーコピーなど先駆的に制作。代表作として、全30点「シリーズ博物詩」がある。

1980年代、版画技法から離れ平面のみならず立体も制作。直線から曲線へ、情緒と概念、固有と共有など概念(コンセプチャルアート)の試行錯誤を重ねる。1990年頃、自然を傍らにすることによって、自然循環の”円”そのものを考えるようになる。現象の図像(サーキュラーシンボル)を制作し、近年も記号絵画の存在を表現し続ける。1993年〜1996年にかけて東京芸術大学・美術学部版画研究室非常勤講師。

2011年4月より、短歌集コスモスにてエッセイを連載「アトリエの周波体」。

かみやしん名義による児童文学の挿絵も多い。

受賞歴[編集]

  • 1970年 第5回ジャパン・アートフェスティバル <優秀賞> 
  • 1972年 第8回東京国際版画ビエンナーレ <神奈川県立鎌倉近代美術館賞>
  • 1973年 第10回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ <ザクレブ科学芸術アカデミア賞>
  • 1973年 第1回世界版画コンペティション <スペシャルエディションパーチェス賞>
  • 1974年 第4回ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ <ヨークシャーTV賞>
  • 1974年 第5回クラコウ国際版画ビエンナーレ <メダル賞>
  • 1980年 第5回国際版画ビエンナーレ <ビエンナーレ賞>

個展[編集]

  • 1970年 芸術生活画廊
  • 1971年 プリントアートギャラリー
  • 1973年 ギャラリーワタリ(現ワタリウム美術館
  • 1976年 ギャルリーヴィヴァン
  • 1980年 ギャルリーヴィヴァン
  • 1980年 スペース31
  • 1983年 かねこ・アートギャラリー
  • 1986年 スィングバイソゴウ
  • 1986年 モリスギャラリー
  • 1989年 モリスギャラリー
  • 1996年 ギャルリーヴィヴァン
  • 1998年 andギャラリー
  • 1999年 川越ギャラリー
  • 2000年 ギャラリーゴトウ

所蔵[編集]

外部リンク[編集]