パープル・シャドウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パープルシャドウズから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

パープル・シャドウズ(Purple Shadows)は、1968年結成のグループ・サウンズバンドである。

メンバー[編集]

GS時代[編集]

現在(2008年12月時点)[編集]

概要[編集]

1968年の結成当時、グループ・サウンズ人気は既に下降線をたどり始めていたが、他のグループ・サウンズとは異なるムード歌謡的な曲調の「小さなスナック」の大ヒットを飛ばす。だがその後はヒット曲に恵まれなかった。その後メンバーの脱退・加入を繰り返し、1980年代には「今井久&パープル・シャドウズ」名義で活動した。

ハワイアン的なムード歌謡風の曲調が特徴。今井のギターをフィーチャーしたインスト・アルバムも発売された。

岡村はその後RVC→BMGビクターでプロデューサー・ディレクターとして活動し、レイジー西城秀樹角松敏生などを担当した。

それから10年後の1979年ロス・インディオス&シルヴィアカバー・シングルとして発売、翌1980年に掛けて大ヒットとなった「別れても好きな人」は、パープル・シャドウズが本家であった。元はシャッフルのリズムだったが、ロス・インディオス&シルヴィアのカバー・バージョンは、一部歌詞の地名を変更(青山原宿狸穴高輪など)落ち着いたムード歌謡曲調にアレンジし直されている。


2007年2月17日、2008年2月22日、2009年2月27日、(BS2グループサウンズ大全集 綿引則史&今井久、2012年1月24日NHK歌謡コンサート(NHK総合)に出演し、「小さなスナック」を披露。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 小さなスナック(1968.3.25) -オリコン週間チャート2位、総売上47.0万枚
  2. ラブ・サイン(1968.8.25)
    • 作詞:牧ミエコ/作曲:今井久/編曲:今井久、林一
  3. さみしがりや(1968.11.25)
  4. 土曜日の午後(1969.4.25)
    • 作詞:牧ミエコ/作曲:今井久/編曲:今井久
  5. 別れても好きな人(1969.11.5)
  6. さよならはこわくない(1971.4)
ほか

アルバム[編集]

  • 『小さなスナック/パープル・シャドゥズ・アルバム』(1969年1月)
  • 『まごころ/ロマンチック・ギター・サウンド』(1969年11月)
  • 『パーブルシャドウズ・ファースト』

出演[編集]

映画[編集]

  • 『小さなスナック』(1968年、松竹)

CM[編集]

  • 三菱電機 温風暖房機 クリーンヒーター(綿引則史の単独出演・「元パープルシャドウズ」のクレジットあり・1984年)

関連項目[編集]