川添象郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川添 象郎(かわぞえ しょうろう、1941年1月27日 - )は、日本音楽プロデューサー。別名・川添象多郎。V3株式会社代表取締役。

人物[編集]

父は東京飯倉(現:港区麻布台)にあるイタリアンレストラン「キャンティ[1]を創業した川添浩史(本名・紫郎、旧姓・後藤。川添家の養子となる)、生母はピアニスト原智恵子(浩史と離婚後、チェロ奏者ガスパール・カサドと再婚)。

祖父は鈴木経勲と共に日本で初めて南洋群島を探検した後藤猛太郎日活の前身・日本活動フィルムの初代社長)。明治の元勲後藤象二郎は曽祖父に当たる。

女優・加賀まりことは幼馴染。女優・風吹ジュンは元妻。風吹との間に1男1女。4番目の妻は 林真理子の小説『アッコちゃんの時代』の「アッコ」のモデルとなった小出明子。荻野目慶子との不倫で離婚。また、川添本人もなかにし礼の実名小説『世界は俺が回してる』に主人公・渡辺正文の親友として登場している。

経歴[編集]

慶應義塾幼稚舎を経て慶應義塾高等学校に学んだが、カトリックの信仰を持つ実母・原智恵子の意向でラ・サール高等学校に転校。ラ・サール在学中、1959年4月26日に母とガスパール・カサドの婚約が発表され、父により東京に呼び戻されて和光高等学校に転校[2]。和光高校卒業後、すぐにマグナム・フォト写真家ルネ・ブリデニス・ストック英語版等の来日時にアシスタントとして就く。

1959年、舞台芸術研究のために渡米し、ラスベガスで働く。1960年にはニューヨークに移り、フラメンコギタリストとして過ごす。またオフブロードウェイの前衛ポエトリーダンス『六人を乗せた馬車』(『フィネガンズ・ウェイク』の翻案)に参加し、作曲家の伊藤貞司英語版とともに楽器演奏を担当する[3]。この作品で脚色と舞台監督を務めた振付師ジャン・アードマン英語版がオフブロードウェイの作品に与えられるオビー賞の特別引用賞を1963年に受賞した[4]。この作品はその後も[5]アメリカおよびヨーロッパ各地の舞台演劇祭などで上演され、1964年には、当時前衛芸術の拠点であった草月会館にて日本公演を行った。さらにこの時期にスペインに渡り、帰国後、フラメンコの舞踏団を結成した[6]

このような経験を基に、芝高輪光輪閣代表として国際文化交流事業を行っていた父・川添浩史の活動に参加し、1961年シアトル万国博において「文楽」の初のアメリカ公演のステージマネージャーやミュージカル『ヘアー』来日公演のプロデューサーを務める。1970年2月[7]、『ヘアー』の打ち上げで出演者と大麻パーティを開いて逮捕され、これにより『ヘアー』日本上演は途中で打ち切りとなる[8]。この事件では執行猶予つきの有罪判決を受けた。執行猶予期間中にも大麻取締法違反で逮捕(2回目)され、懲役8ヶ月の実刑判決を受け、前橋刑務所で服役した[7]

その後、音楽プロデューサーとして、村井邦彦と共にアルファレコード1977年に立ち上げ、荒井由実(松任谷由実)やYMOといった社会現象を巻き起こすようなビッグアーティスト達を世に送り、数多くのヒット曲を生み出した。

ファッション関連ではイヴ・サンローランの日本代表やピエール・カルダンのライセンス開発を手掛け、同時にその他の様々な分野でアーティストのマネージメントやプロモーション活動を行う。 特に日本人アーティストの海外への紹介には積極的で、YMOの世界公演を実現し、絵画芸術の分野では画家・今井俊満の海外プロモーション等の活動を行っている。

バブル景気期の1980年代半ばには、外国人エグゼクティブを相手にした家具リース業などにも手を染めていた[9]。空間プロデューサーとしても活動していた。1992年、川添が空間プロデュースをした後楽園のビアガーデンのオープンパーティーに尾崎豊青山学院高等部時代に知り合った友人たちと参加し、一緒に二次会で芝浦の「Oバー」に行った。尾崎はその翌日に死去している[10]1981年風吹ジュンと結婚するも1992年に自身の不倫が原因[7]で離婚。川添にとっては3度目の離婚であった[7]1982年11月に大麻取締法違反で逮捕(3回目)。さらに自宅から覚醒剤を染み込ませた米ドル札が発見されたため、覚せい剤取締法違反で再逮捕された[7]。その後、「地上げの帝王」こと早坂太吉(最上興産社長)の愛人だった小出明子と再婚し男児をもうける。その後も荻野目慶子との不倫を報じられ、まもなく妻と別居[7]

1997年12月には自社の元社員に手錠をはめ、縄で縛るなどして社長室内に20時間監禁し、「お前のせいで4800万円損したんだ。3000万円に負けてやるから、きっちり払え」「この野郎、殺してやろうか。俺たちはセメントだって用意してるんだぞ」「わからねえなら、指詰めさせてやろうか」などと脅し、顔面をエアガンで撃った他、全身を木刀で殴打して全治2ヶ月の重傷を負わせた監禁暴行の容疑で全国指名手配され[7]、逮捕後、1998年3月に懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を受けている[11][12]。この執行猶予期間中、1999年7月下旬、東京都千代田区の路上で、覚醒剤数グラムを車内に所持していたところを職務質問で発見されて覚せい剤取締法違反(使用・所持)現行犯で逮捕(覚醒剤2回目)。起訴され、1999年10月、懲役1年6月の実刑判決を言い渡された[11]。2007年に整体師の女性と再婚。

その後も、再びプロデュース業に復帰し、川添がプロデューサーを務めた2008年リリースの青山テルマ feat.SoulJaそばにいるね」 は、日本で最も売れたダウンロードシングルとして、ギネス・ワールド・レコーズに認定された。

2013年6月下旬に東京都港区内のコンビニ店で万引をしたとして、窃盗で逮捕された際に、言動に不自然な点があったため、尿検査を実施した所、覚せい剤の陽性反応が出たため覚せい剤取締法違反で再逮捕された。(覚せい剤3回目)[13]

保釈中、2013年10月、9月15日に都内港区のホテルで乾燥大麻1.7グラムを所持していたとして大麻取締法違反容疑で逮捕された(大麻4回目)[14]。なお、ブログで“大麻はタバコに比べて身体的依存性[15]もなく害が低い”という趣旨の発言をしている[16]。覚せい剤取締法違反ならびに大麻取締法違反の罪で起訴され、2014年1月8日、東京地裁で懲役2年(求刑懲役3年)の実刑判決が言い渡された[17]

主なプロデュース実績[編集]

音楽・レコードプロデュース[編集]

YMO
荒井由実
カシオペア
桐ヶ谷仁
  • MY LOVE FOR YOU』(1979年、村井邦彦と共同でエグゼクティブ・プロデューサー)
深町純
  • On The Move』(1978年 プロデューサー)
  • 『深町純& The New York All Stars Live』(1978年 プロデューサー)
  • 『Quark』(1980年 プロデューサー)
タモリ
尾崎豊
  • 誕生』 (1990年 コンセプト・クリエイション)
ミッキー・カーティス
  • デビュー40周年記念アルバム『From the moon for the trees / Just the rock'n' roll』 (1994年、エグゼクティブプロデューサー)
佐藤博
  • 『CREAMY AQUA』(2007年、佐藤博との共同プロデュース)
SoulJa
IHL
  • 『ロマンチスタ』(2007年、プロデューサー)
青山テルマ
スライ&ロビー
  • 『Hurry Home』(2008年、プロデューサー)
ふくい舞
  • いくたびの櫻』(2011年、プロデューサー)
  • 『いくたびの櫻 (Special Edition)』(2011年、プロデューサー)

他にガロ小坂忠吉田美奈子ブレッド&バタースネークマンショーサーカス雪村いづみ朝比奈マリアいしだあゆみ伊東ゆかりダニエル・ビダルルネ・シマールN.Y.オールスターズ(フュージョン)セルジオ・メンデスピア・ザドラ日野皓正リタ・クーリッジジョージ・ウィンストンなど多数。

ファッション[編集]

イベント・プロデュース[編集]

1965年
ニューヨーク オフブロードウェイの演劇、日本上演
1966年
エルフラメンコ舞踏団結成プロデュース、演出及びフラメンコギタリストとして、全日本30ヶ所を公演
1968-1969年
2年間にわたり東京ヒルトンホテル・シアターレストラン専属プロデュース
1969年
ミュージカル「ヘアー」日本上演。東京公演のあと、大阪で行なう予定であったが、中止となり、解散した。
1970年
東パキスタン・チャリティーコンサートをプロデュース
1971-1975年
数々のコンサートプロデュース及び演出を行う
1977年
パリの世界初のメンバー側ディスコティック(キャステル)プロデュース。
1990年
国鉄汐留貨物駅跡にて期間限定ビアレストラン(サントリー・ジアス)総合プロデュース(225日間に於いて客動員数20万人を達成)
1991年
後楽園ビッグエッグシティ内にて期間限定ビアレストラン(キリンラガー・フィエスタ)総合プロデュース及びショウ演出(203日間に於いて客動員数18万人を達成)
1992年
後楽園ビッグエッグシティ内にて期間限定ビアレストラン(キリンラガー・エスパーニャ)総合プロデュース及びショウ演出(160日間に於いて客動員15万人を達成) フジテレビジョンの要請により明治神宮絵画館にて(ラ・フィエスタ・ミレミリア)会場プロデュース及び総合オペレーション
1993年
国立代々木競技場にてLIVE UFO '93(キリンラガー・スポーツバー)に於いて全長200mのカウンターバーなどを総合プロデュース
新宿歌舞伎町にてビアレストラン(COCOLO CO)総合プロデュース、オープニングレセプションの際のプロデュース及び演出
1994年:第12回アジア競技大会広島1994 の本木雅弘パフォーマンス音楽制作
ミッキー・カーティス デビュー40周年記念イベント総合プロデュース 及びコンサート演出 (中野サンプラザ)
1995年
東京タワーにてキリンラガービール開き'95のイベント総合プロデュース、東京タワー初のグリーンのライトアップ(3日間の客動員数、1万5千人)
北海道札幌市真駒内滝野霊園にてお盆中のイベント(御霊前)総合プロデリュース

店舗プランニング[編集]

  • 新宿エル・フラメンコ(東京・新宿)
  • キャステル(東京・六本木)
  • レストラン・チャイナドール(東京・青山)
  • 西麻布キャンティ(東京・西麻布)
  • メトロポール(東京・六本木)
  • SEKITEI PLAZA(名古屋)
  • イタリアンレストラン パークサイド(京都)
  • 焼肉処 風々(京都)
  • K ラウンジ(東京・赤坂)
  • キャフェ メロス(東京・池袋)
  • 立科芙蓉カントリー倶楽部 クラブハウス(長野)
  • メイフラワー・ゴルフクラブ クラブバー(栃木・矢板)
  • レストラン OZAWA(東京・白金台) 他

TV番組プロデュース[編集]

  • サウンド・イン・S(TBS)
  • ピエール・カルダン・ドキュメンタリー(TBS)
  • YMO・ロサンジェルス・コンサートライブ(衛星中継・フジTV)
  • 「そこが知りたい」ドキュメンタリー(TBS) 他

マネージメント&コーディネーション[編集]

著作[編集]

  • 「回想録・象の記憶」(2006年、「団塊パンチ vol.1」掲載)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 六本木野獣会」のたまり場になった事で知られる
  2. ^ 石川康子『原智恵子 伝説のピアニスト』p.225-232
  3. ^ Lortel Archives--The Internet Off-Broadway Database
  4. ^ "OBIES winners 1963" Village Voice
  5. ^ Jean Erdman – The Coach With The Six Insides - Original Cast Album
  6. ^ 村井邦彦インタビュー
  7. ^ a b c d e f g 『週刊文春』1998年1月29日「拷問の果てに『指詰めたろか』 風吹ジュンの元夫 川添象郎が20時間監禁した男」
  8. ^ 石川康子『原智恵子 伝説のピアニスト』p.280
  9. ^ “外人向けリース 川添象郎さん とうきょう 人・仕事”. 朝日新聞(東京朝刊): p. 21. (1984年10月22日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。
  10. ^ 久喜のイタリアンレストラン - 増田タクシー スタッフブログ
  11. ^ a b 川添容疑者また逮捕!万引で覚せい剤 デイリースポーツ2013年7月9日
  12. ^ 【ご報告と謝罪】 SHORO KAWAZOE conversation 象のブログ2013年7月8日(グーグルキャッシュ。元記事を含めた2012年11月から本項目を批判する2013年9月の最新エントリまで、13ヶ月分全て削除されている。ブログ記事一覧
  13. ^ 「麻薬だけはやめられず……」覚せい剤逮捕“超大物”音楽プロデューサー川添象郎の転落人生 日刊サイゾー2013年07月11日
  14. ^ 音楽プロデューサーを逮捕 大麻所持の疑い 共同通信2013年10月8日
  15. ^ 本人の主張に基づく
  16. ^ 「沢尻エリカちゃん」は中毒ではない !! SHORO KAWAZOE conversation 象のブログ2012年5月27日
  17. ^ 2014/01/08 音楽Pに懲役2年の実刑判決

関連項目[編集]

外部リンク[編集]