リーベンゼラ・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リーベンゼラ・ミッションドイツ語: Liebenzeller Mission)またはドイツ語風にリーベンツェラ・ミッションと呼ばれているのは、ドイツ国教会の世俗化に対する自由教会運動から生まれた群で、敬虔主義に根ざしている。南ドイツバート・リーベンツェルBad Liebenzell)に本部がある。日本にはリーベンゼラ・キリスト教会連合がある。

概要[編集]

ドイツ国教会の世俗化に対する自由教会運動から生まれた群である。南ドイツのバート・リーベンツェルBad Liebenzell)という町にミッションの本部が設置されて、リーベンゼラ・ミッションと名づけられた。チャイナ・インランド・ミッション(現在のOMFインターナショナル)のドイツ支部の1つでもあった。戦前には中国南洋諸島でも伝道活動を行った。

リーベンゼラ・キリスト教会連合[編集]

リーベンゼラ・ミッションの日本での活動は1927年に始まり、現在はリーベンゼラ・キリスト教会連合として、日本のプロテスタント福音派の団体であり、現在は日本福音キリスト教会連合を構成している団体の1つである。

日本での歴史[編集]

日本の本部[編集]

脚注[編集]