大分リバイバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大分リバイバル(おおいたリバイバル)は、1889年明治22年)大晦日より新年にかけて大分教会で起きた、日本のプロテスタントの信仰復興運動のことである。

1889年(明治22年)12月31日、メソジストの宣教師W・R・ランバスら2人が大分教会(現・日本基督教団大分教会)に来て、除夜祈祷会に出席して祈っている時に、一同に激しい聖霊の体験があり、次々に罪を悔い改めた。

このリバイバルで釘宮辰生ら多くの青年が献身した。献身した青年たちは杵築佐伯鶴川別府などに伝道した。

しかし、その後に激しい迫害が起こった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年、208頁
  • 守部喜雅『日本宣教の夜明け』マナブックス、いのちのことば社、2009年